北海道の最近のブログ記事

170617020.jpg

二日目の朝。

この日の北海道地方は超快晴!

少し肌寒い。

170617021.jpg

昨日洞爺湖を回ったので今日は直接国道231で

留寿都方面へ上っていく。

170617022.jpg

サミットが行われたウィンザをバックに。

このウィンザの入り口が一応この坂のサミット。

坂といっても洞爺湖から200m以上登っている。

170617023.jpg

左側は見渡す限りのジャガイモ畑と羊蹄山。

まさに北海道といった解放感。

170617002.jpg

ヤスさんと羽田で待ち合わせして

6:50初のスカイマークで飛び立つ。

千歳には定刻通りの8:20に到着。

予報より北海道は雲が多い?

170617003.jpg

今回は往復とも千歳ということで

JRの空港駅のロッカーに不必要なものを置いていくのだが

シコンからタイオガの輪行袋の入れ替えに

四苦八苦しているヤスさん。

170617004.jpg

何とか用意が終わって二駅先の千歳駅。

9時少し過ぎには出発準備が整った。

160922北海道支笏湖009.jpg

朝宿泊場所の滝川からこの新十津川まで

3キロほどのサイクリング。

札沼線の行き止まりのこの駅は

1日1往復だけしか列車が走っていない。

160922北海道支笏湖014.jpg

新十津川町は結構栄えていてにぎやかな街なのだが

何故か駅の周りだけ寂れた雰囲気。

首都圏でもこのくらいの駅はいくらでもあるのだが

いかんせん道民はまったく鉄道に乗らない。

地元園児に見送られて9:40に列車は出発。

160922北海道支笏湖018.jpg

途中、石狩当別で乗り換えて

札幌には12:15に到着。

すぐに自転車を組み立てて出発。

160921北海道十勝岳温泉003.jpg

旭川空港でレンタカーを返却し

今日から単独の旅が始まる。

160921北海道十勝岳温泉042.jpg

カッパ道が嫁と一緒に家に帰ってしまったので

どこかで調達しなければならないなどで

あまりゆっくりもできないので

今回は国道でまっすぐ美瑛に向かう。

美瑛の駅のコインロッカーに荷物を預ける。

160921北海道十勝岳温泉006.jpg

美瑛から定番の富良野平原広域農道で上富良野に向かう。

4日前はレンタカーで通った。

160819北海道002.jpg

卯原内のこの珊瑚草の景勝地から出発。

160819北海道005.jpg

旧湧網線の跡地に作られたサイクリングロードは

当然アップダウンもほとんどなく

路線現役時代同様、風光明媚な景色の中を

進んでいく。

160819北海道008.jpg

このちょっとした丘を越えると

取湖沿岸からオホーツク海沿岸に出る。

160917北海道002.jpg

珍しく遅い夏休みが合わせられたので

北海道で妻クリングへ。

エアードゥの始発で旭川へ。

160917北海道019.jpg

1時間半少々で旭川空港へ。

心配された雨もすでに止んでいる。

160917北海道037.jpg

空港でレンタカーを借りて美瑛の丘を通って

富良野鳥沼公園に言って車を止める。

2日目の土曜は1日中雨予報なので

予定コースを少し短縮して金曜日に走って

土曜は1日中鉄分補給

最終日の日曜が北海道2日目のサイクリング。

1日目は函館から恵山へ

160626002.jpg

午前中は雨が残るものと思っていたら

朝起きたら雨は止んでいて路面もドライ。

すぐに朝食をとってチャックアウトして走り出す。

東室蘭の駅を渡る道路橋より。

少し東室蘭市街で道に迷って15分くらいロス。

160626003.jpg

道道919号通称地球岬観光道路は

往復1.5車線の狭い道路で激坂アップダウンを伴う

結構疲れる道路であるが景色が素晴らしくよい。

白鳥大橋と室蘭の工業地帯を見下ろす。

160626004.jpg

快晴ではないが視界も天気もまあまあ。

気温は少し肌寒いがまずまずのサイクリング日和。

160626005.jpg

な感じでいたるところに絶景や展望台がある。

160626006.jpg

ほどなく地球岬に到着。

160626028.jpg

が丸く見えるというこの岬の展望台。

魚眼でかなり誇張してみた。

1日目は恵山へ

DSC_0004 (1).jpg

北海道新幹線開業記念ということでもないが

今回は函館へ新幹線で。

DSC_0003 (1).jpg

午前中のはやぶさは瞬殺で何とかグランクラスだけとれた。

折角だから38000円も払って乗車する。

DSC_0013 (1).jpg

ここは自転車のブログなので

道中は別ブログで

ということで函館到着。

ところがなんと後輪のチューブのバルブの

根元がよくあるように避けて

パンクしている。

とりあえずチューブ交換して

予定より20分遅れで走り出す。

予備チューブが早くも完全に使えなくなるという

ちょっと心もとない事態に。

いきなりのトラブルで忘れていたが

C59イタリア150北海道初上陸

津軽半島ツーリングより

150927006.jpg

青森からはまなすで6:07に札幌着

すぐに6:20発の学園都市線に乗り換える。

150927008.jpg

6:48にあいの里公園に到着。

自転車を組み立ててすぐに出発。

スタートをここにしたのは

札幌市内の混雑を避けたかったため。

150927010.jpg

まずは石狩浜方面へ走って石狩河口橋。

2015夏北海道1日目UPしました。

十勝帯広空港-幸福駅跡-中札内-大樹-ナウマン国道-晩成温泉
-十勝川河口橋-浦幌
135.5km

150815北海道0218.jpg

2日目アップしました。

知床斜里-ウトロ 41.9km
プラス知床岬クルーズ

 

 

150815北海道0280.jpg

 3日目アップしました。

 

ウトロ-知床峠-羅臼-相泊-羅臼-標津

145.06km

150815北海道0388.jpg

4日目アップしました。

標津-中標津空港 25km +レンタカー

150815北海道0549.jpg

5日目アップしました。

女満別空港-網走-能取岬-サロマ湖-女満別空港
140km

2014夏北海道 2日目 その1(7/13)からの続き

140712北海道0186.jpg
洞爺湖へ降りる武四郎坂。
昔はこのパーキングから洞爺湖が見えていたのだが
見の前の木が育って全く見えなくなってしまった。

140712北海道0187.jpg
N山さん、洞爺湖に来ましたよ!
でも夕方の飛行機で帰る本人はもう札幌へ。
壮大な擦れ違いだった?

140712北海道0188.jpg
洞爺湖畔を半周する。

曇ってはいるが
時折薄日もさすまずまずの天気。

2014夏北海道 1日目 その2(7/12)からの続き

140712北海道0158.jpg
明けて13日は倶知安まで輪行。
ここは銭箱付近、予報は曇りだったが雲一つない快晴。

140712北海道0159.jpg
札幌小樽間は新鋭のロングシート車733系。
札幌近郊圏もロングシートの車両が多くなった。

140712北海道0169.jpg
かと思うと北海道電化創業期以来の形式の
711系もまだ健在。しかもこの車両未冷房車。
2014年度いっぱいで711系は運行終了となるのを記念して
このように一部の編成は
北海道電化開業時の塗装に復活している。

その1から続く

140712北海道0127.jpg
今回前後簡易的な泥除けを付けてみた。
前はゼファールのフレームにゴムバンド止めするもの。
後ろはサドルレールに挟み込むタイプを
マジックテープでサドルバックにつけてみた。
今回は結構雨はほとんど降られなかったが
路面がウェットな場面もあったので
結構この泥除けが役に立った。

今回の1泊の荷物は新千歳空港においてきたのを除き
このサドルバックだけですべて入った。
やや揺れるがダンシングをあまり降らないようにすれば
OKで十分許容範囲。
140712北海道0097.jpg
三富トンネルから富良野への下りの途中で
パラパラと降ってきた雨も
富良野の駅で休憩しているうちに止んだ。
いかにも富良野らしい線路の西側の真っ直ぐな
道を北上する。

140712北海道0098.jpg
中富良野森林公園で昼。
焼きおにぎり(2個入り)と芋三つ付の揚げ芋で
500円ほど、町営なのでここは安い。
ここのラベンダーは遅咲きなので
まだほんの少し早いかなと言ったところ。

NCM_0631.jpg

今年も朝一の千歳行JAL501便。
例によって40万の従価料金を支払う。
これで確実に手渡し荷物にしてくれる。


NCM_0632.jpg
機材は例のごとくB737-800.

NCM_0635.jpg
特徴的なウィングレット。

NCM_0637.jpg
定刻8:05新千歳に到着。
少し天気が心配だったがまずまず。

北海道キャンプツーリングアップしました。


NCM_1406.jpg
1日目へのリンク
旭川空港-美瑛-上富良野-麓郷-樹海峠-かなやま湖
115キロ


NCM_1491.jpg

2日目へのリンク

かなやま湖-狩勝峠-屈足湖-扇原展望台-然別湖北岸
100キロ

NCM_1587.jpg
3日目へのリンク
然別湖北岸-幌鹿峠-糠平温泉-足寄-上利別駅跡-ラワン蕗圃場-オンネトー
128キロ

NCM_1671.jpg
4日目へのリンク
オンネトー-阿寒湖国道旧道-弟子屈-池の湯林道-キンムトー-美幌峠-女満別空港
152キロ

その1からの続き


 NCM_0682.jpg
駅前の通りをまっすぐ下ると小樽運河の南部に出る。
ここは道道が整備されたときに
半分埋め立てて遊歩道になっているが
小樽運河といえばみんなここを思い浮かべる。

NCM_0683.jpg
 自転車で2,3分北上すると
道道は運河から離れて
運河はもともとの幅になる。
この辺のほうが昔の小樽運河の
雰囲気をよく残しているという話だが
訪れる人は少ない。

ただ先ほどの場所から歩いても5分くらい。
小樽運河といっても残っているところはごくわずかで小規模。
北海道3大がっかりと言えばそうかもしれない。

NCM_0684.jpg
 小樽市総合博物館前。
もと手宮の交通記念館。
C12やキシ80なんかが見えるが
入場はまたの機会で。

NCM_0718.jpg
 平成25年6月16日(日)
今年の北海道日帰りツーリングの企画は
まだ行ったことのない平成8年11月に国道229の
最後の開通区間を通ってみたいということで
積丹半島1周に決定!

NCM_0666.jpg
 新千歳空港行きの始発便に乗るべく
早朝の羽田空港へ。
日帰りなので車でP2パーキングへ。
4階が便利なのだが満車で3階へ。
ちなみに1日の料金は1500円。


 NCM_0667.jpg
手荷物の保証額は15万なのであるが
1万当たり10円の従価料金を払うと
保証額をあげられるうえに
手渡し品扱になって荷物の取り扱いが
ダントツに丁寧になる。

今回は100円払って25万で申請。
ただ羽田でも北海道でもこの制度を
荷物の受付がわかってないらしくいつも手間取るらしい。
今回も結構時間がかかった。

110615hikkaido_034.jpg
 あっという間に下って富良野。
標高700m位より下は
まったく雨は降っていなくて
路面も乾いていた。
斜線道路を気分良く南下。

110615hikkaido_037.jpg
 鳥沼より八幡ヶ丘へ登る。
悪路+ヘアピンコーナーの
道も直線的に上る付け替え道路が完成し
このようにきれいなパーキングまでできて
少し興ざめな感じになってしまったが
この景色はやはり健在。
富良野が一望!

110615hikkaido_011.jpg
 朝一番の便で旭川へ。
機材はMD-90.

110615hikkaido_015.jpg
 旭川空港には9:20に到着。
気温は13~15度くらいでやや寒い。

110615hikkaido_016.jpg
 速攻で自転車を組み立てて
荷物を全部コインロッカーに入れて
9:40すぐには出発!

日帰り

| コメント(2) | トラックバック(0)

060518_1.jpg

せっかく休み取ったのに晴れているのは
北海道と沖縄だけという状態。
と言うことで急遽渡道!
 朝6:30のJALで新千歳空港8:00到着。
早速自転車を組み立てて支笏湖方面へ出陣!
コースは千歳から支笏湖CRで支笏湖へ
そこから美笛峠を越え喜茂別へ
さらに中山峠を越えて定山渓へ抜けようと言うもの。


 060518_2.jpg

喜茂別付近からは牧場の
バックに雪をかぶった羊蹄山が。。。。

まぶしくって良く判らなかったのだが実は
写真は間違えて隣の山を撮ってしまった。
本物は右端に半分映ってる奴。。。


喜茂別から右折して中山峠へ登る。
飛行機のせいかくたびれてきて
最後のほうは15km/hを割り込むような
スロースピードになってしまった。

060518_3.jpg

中山峠と言えばこの揚げ芋!
揚げたじゃがが割り箸に3つ刺さっている。
自転車なければ全部食べきれない量!
280円也

本日の走行距離 189.01km
走行時間 6時間59分
平均時速 27km/h

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち北海道カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは東北です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。