甲州、信州の最近のブログ記事

170827002.jpg

いよいよ夏の最大イベントの日がやってきた。

今回は中央の渋滞が嫌なので

あずさで松本に行って

170827005.jpg

松本でレンタカーを借りてみた。

何故か越谷ナンバーだった。

170827006.jpg

でも何故か奈川渡ダムのずいぶん手前から大渋滞。

ダムまで30分かかった。

あとで聞いたところによると

乗鞍手前の2連ヘアピンの下の交互通行からの渋滞だそうだ。

17時までの申し込み間に合わないと困るので

170819松本乗鞍002.jpg

ふと思いつきで乗鞍試走へ

行きは季節列車のあずさ71号。

定期運用もずいぶん昔に無くなり

もう残りも数編成となった183/189系、

今回は初代GUあずさカラーに塗り替えられたM52編成。

170819松本乗鞍011.jpg

松本9時ちょっと前に出発。

本当はアルピコで新島々まで行きたいところだが

余り連絡もよくなく自転車で走ったほうが早い。

170819松本乗鞍013.jpg

新村駅の旧東急旧5000系。

比較的きれいに保存されている。

児童図書館か何かとしても活用しているようだ。

160828017.jpg

いよいよやってきた乗鞍の日。

前日15:30に会場入りして受付へ。

今年はなんと参加賞が未達だったので心配したが

参加賞を持っていない人用の窓口もあって

スムーズに受付終了。

ただ夕方になって雨が降ってきて

予報も悪く4年連続の短縮コースか?

という嫌な雰囲気に。

160828008.jpg

当日朝、会場にはぞくぞくと選手たちが集合。

スタートの鈴蘭高原はすっぽりとガスに包まれているが

雨はしばらく大丈夫そうである。

160828007.jpg

ぱっと雲が途切れて山頂が見えてきた。

今年は4年ぶりにフルコースが走れそうである。

ただ今年は大雪渓の雪が下から確認できない。

160730001.jpg

津南からスタートのつもりだったが

午後から雷雨が予想されるので

酷道部分のコースを短縮して

栄村横倉の鉄橋からスタート

160730002.jpg

すぐに奥志賀公園栄線(奥志賀林道)の看板がある。

奥志賀と秋山林道の間が

土砂崩れ通行止め中だが

今回は秋山林道へ入るので問題ない。

160730003.jpg

野沢毛無山へ向かって

道は緩やかに上っていく。

151012ヤビツ雛鶴002.jpg

富士山の初冠雪の翌日の朝。

善波峠(246)からはこんなにくっきりと。

立ち止まって写真を撮っている人もちらほら

 

151012ヤビツ雛鶴003.jpg

体育の日でしかもこの3連休で一番の天気のためか

今日は久しぶりにヤビツは自転車でいっぱい。

今日は先も長いのでそんなにペースを上げないで

 

と思ったが菜の花台過ぎで

2台に連続して抜かれてついペースが上がってしまった。

 

151012ヤビツ雛鶴004.jpg

結局 38分54秒 HR159 #17

鳥居5分10秒、蓑毛10分、浅間神社21分

菜の花台26分30秒、林道32分

 

平日サボルデリ第2弾?

150715001.jpg

閑職?の熊チョイおやじとサシ。

浅科の道の駅を8時少し過ぎにスタート。

美笹湖までいつもとは道を一本変えてみたが

こっちのほうが道もよくよい感じ。

150715002.jpg

美笹湖からいよいよ大河原峠へ

ここから1100mの上り。

ただ保冷ボトルを2本とも凍らせてきたのだが

全く溶けず峠までほとんど水が飲めないという・・・。

150715003.jpg

1時間ちょっとで超級、大河原峠2093m到着。

平野部は猛暑日が予想される中

ここは気温も20度以下で涼しいを通り越して

結構寒い。

久しぶりの熊チョイ企画。

150614001.jpg

本当はみなかみ水源地ツーリングの予定であったが

みなかみ方面は予報が悪いので

急遽小諸まで移動して北信超級三昧へ変更。

ただ移動時間もあって出発が少し遅くなったので

車坂峠(ASAMA2000)は無理であろうということで。

150614002.jpg

出発してすぐに熊チョイおやじがパンク。

人から瞬間修理材を取り上げて修理。あわあわに。

ただパンクのしかたが深刻だったらしく

今日1日空気ぬけトラブルに翻弄されることになる。

150614003.jpg

そして美鈴湖を超えて大河原峠へ向かう。

6,7%がずっと続く。

そひて後半10%の難所を超えて・・・・

前半から続く

NCM_1768.jpg
そして今回は時間の都合で
鴬宿峠方面はキャンセルして
(夏と違い日が短いから)
芦川渓谷をそのまま下って
市川大門郊外から県道藤田峠(仮称)へ。

NCM_1770.jpg
そして照坂峠経由で本栖道へ。
標高800mあたりのこのトンネルあたりで
紅葉はピークになった。

141103どん兵衛007.jpg
またまた熊チョイコラボツーリング。
8:30に御坂桃源郷公園を出発。
御坂道を標高差で400m上ったところが
どん兵衛峠への入り口。
振り返ると少し雪をかぶった南アルプスが。

141103どん兵衛010.jpg
御坂道から入ったすぐの区間が
この峠の一番の激坂区間。

ただ紅葉のトンネルで
気分は悪くない。

140907norikura0034.jpg
いよいよ年一回の祭典がやってきた。

去年は抽選で外れてしまって参加できなかったのだが
今年はJCA会員になって優先申込で・・・

ただ結構今年はくじ運悪いやつも当っているし
もしかしたら申込人数少なめ?

140907norikura0036.jpg


諏訪湖の花火大会と重なった6日土曜は
中央道は大渋滞で
圏央道から笹子トンネルまでずっとのろのろだった。

そhして15時過ぎにやっと着いた試合前日の会場。
大雪渓や乗鞍山頂が見えてるが
天気予報は今夜から明日にかけて雨。

無事に走れるのであろうか。

140907norikura0037.jpg
こんな怪しい人が・・・

その1から

14072702.jpg
翌日曜日、道志の朝は結構ひんやり。
朝ごはんを食べて出発。

14072703.jpg
いきなり山伏峠への登り。

14072601.jpg
チャレンジ・ザ・キャンプツーリング
近場で道志を狙う!

とりあえず伊勢原まで輪行。
9時半過ぎにスタート、すでに猛暑!

14072603.jpg
なんとか土山峠を上りきり
宮ヶ瀬湖湖畔。

14072604.jpg
そして宮ヶ瀬でちょっと休憩。

131012大峠022.jpg
 大峠(1560m)。
真木小金井林道のサミットの峠。
旧500円札の富士山で有名な
雁ヶ腹摺山の登山口にもなっているため
峠の駐車スペースは車がいっぱい。

-------------------------------------

131012大峠001.jpg
 時間の都合で大月まで輪行で。
臨時の新宿発のあずさ71号は
特急ホームからではなく
中央線快速ホームからの発車。
旧大宮車のN104編成。
6号車は旧とき編成だったクハ183-1527。
特急シンボルマークも残っている。

131012大峠003.jpg
 今回乗る1号車は
S61にあずさ増発のために
サハ481-103から改造されたクハ182-102。
顔は183系、車体は485系のハイブリット。
でもこちらも特急シンボルマークは残存。
ちなみに中間車はすべてグレードアップ車両。

130929丸山林道_039.jpg
 丸山林道は北岳を望みながら走れる唯一の林道?
この林道をマイナー林道と呼ぶには有名すぎるか?
また南アルプスらしい豪快な景色も魅力的。

-----------------------------------------

130929丸山林道_003.jpg
 道の駅しらねを出発して
最初に現れる難所はこのループ橋。

130929丸山林道_005.jpg
 このループだけで40mほど標高を稼ぐ。

130929丸山林道_007.jpg
 ループ橋の上からは町が一望できる。
さすがに遮るものがないので景色は良い。

130929丸山林道_008.jpg
 そしてここから櫛形林道が始まる。

130923富士吉田_038.jpg
 山梨マイナー林道第2弾!
今日は新倉西川林道と黒野田林道。
黒野田林道はこのように三つ峠山の中腹の
1000mラインを縫うように走る。
ダイナミックな景色がすごい!

----------------------------------

130923富士吉田_003.jpg
 最初の林道、新倉西川林道は
この下吉田の駅のすぐ裏から始まる。
この駅、あのJR九州のななつぼしのデザインで有名な
水戸岡鋭治氏のデザインだそうだ。
そしてブルートレインテラスと言って
スハネフ1420が保存されている(きれい!)
テールサインはもちろん富士だが
この車両は北陸で使用されてたもので
富士での使用実績はないそうだ。

130923富士吉田_006.jpg
 ここを左に曲がると林道のゲートがある。
HPによると前半部の市営林道は通行止めとなっていたが
ゲートが普通にオープンになっていて
特に何も規制はされていなかった。

130809クリスタル瑞牆山_0001.jpg


まずは9日午前中(金曜日サボルデリ)。
工事のため川上牧岡林道の塩平-焼山峠は
通行止めだということで
急遽コース短縮で標高1533mの焼山峠スタートにする。

130809クリスタル瑞牆山_0002.jpg
 焼山峠への登りがキャンセルとなったが
焼山峠からこの乙女高原までは
標高差でさらに130mほど登る。

130809クリスタル瑞牆山_0006.jpg
 乙女高原から黒平の分岐までは
標高差で500mほど下ることになる。
この区間はこのように金峰山をはじめ
奥秩父の山々の展望が素晴らしい。

130715ビーナスライン047.jpg
 今年のビーナスラインツーリングは
熊チョイおやじとサシで・・・。

130715ビーナスライン002.jpg


3連休最終日なので帰りの渋滞がいやなので
新幹線輪行で
朝一の「あさま501号」

130715ビーナスライン008.jpg
 待ち合わせは浅間山がよく見える
道の駅「ほっとぱーく明科」

9時半過ぎに出発。

130713大弛金峰_001.jpg
 金峰山登山前にどうせなら大弛峠まで
自転車で1本上がってしまおうということで
道の駅「まきおか」で自転車を下す。

130713大弛金峰_003.jpg
 今回は近回りの旧杣口林道経由で。
しばらくはブドウ畑の中の直線登りが続く。
この区間結構斜度が急で
暑いと結構つらい場所だが
今日はかなり涼しくて快調。

130623御坂_012.jpg
 亀の甲ひび割れ舗装のどん兵衛峠。


 130623御坂_001.jpg
御坂桃源郷公園を9時ごろスタート。
梅雨の間只中なのに奇跡的に晴れた!
今日は久しぶりに熊チョイおやじとサシ。
まずは御坂道を中腹まで登る。

130623御坂_002.jpg
 そして右折してどん兵衛峠方面へ。
写真ではわかりにくいが序盤は
かなり急な坂が続く。

0002864_2.jpg
 どん兵衛最初の急坂を上から(撮影:熊チョイおやじ)

130413雛鶴_003.jpg
 自走と時間は変わらないのだが
高尾まで輪行しそこでナカジ選手と合流し
待ち合わせ場所の夕焼け小焼けへ。

今日は7人、ニコン四天王勢ぞろいの日だった。
もちろん沖縄優勝者もその一人。

130413雛鶴_004.jpg
 そして最初の和田峠へ向かう。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち甲州、信州カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは房総です。

次のカテゴリは駿州、遠州です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。