190515ヤビツ012.jpg

最近月例化してる平日午後ロマンスカーでヤビツ。

新宿13時発のはこね29号。

本厚木で後続の快速急行に乗り換えて

秦野に14:00過ぎに着く。

新宿から快速急行に乗っても時間は変わらないが

そこは単なる趣味で。

190515ヤビツ017.jpg

そし表ヤビツを上り峠へ。

写真にも写っているがティンバック2が重たく

腰が痛くなるが。

しかもこの時期にしてはかなり湿度が高く

上っているとかなり汗をかいて決して快適ではない。

前回は桜満開のヤビツだったが

1か月弱ですっかり新緑のヤビツになった。

190504妻有サイクリング001.jpg

やっと快晴になった5/4。

とりあえず芝原トンネルの先まで送ってもらい

湯沢まで旧道を下ってゆく。

190504妻有サイクリング003.jpg

さすがに大型連休だけあって

湯沢イナモト旅館は団体客で大賑わい。

190504妻有サイクリング008.jpg

そしてヤスさんと待ち合わせ場所の石打駅へ。

過去の賑わいを物語るかのような

長いホームに広い構内から石打丸山スキー場を望む。

190504妻有サイクリング013.jpg

やや霞がちだがまあ眺望は上々。

残雪豊かな巻機山から越後3山を見上げながら

快適に田植え前の南魚沼田園地帯を北上。

190504妻有サイクリング015.jpg

4/30と同様栃窪峠を上る。

190430栃窪峠十二峠011.jpg

令和最初は三国峠に車を置いて

猿ヶ京まで下って三国峠をHC1本。

途中でパンクしたので見たらパナレーサーが寿命。

このパナのレースシリーズはかなり良いのだが

いきなり寿命が尽きるのが難点。

チューブ交換しても意味ないので

頂上まであと2キロほど後輪に負担掛けないようにずっと

往年のビランク並みのダンシングで。

190430栃窪峠十二峠015.jpg

そしてすぐに車に自転車を積み

前橋のタキザワまで

閉店間際に間に合った。

新発売のRACE D EVO4をチョイス。

走行距離 21km

獲得標高 430m

190430栃窪峠十二峠001.jpg

苗場から南関東にかけては広く雨だった4/30。

湯沢から北は午後早くには雨が上がったようなので

石打の駅に車を止めさせてもらい

午後から軽く平成最後のサイクリング。

まだ田植えも始まっていない南魚沼の田んぼから

残雪の巻機山や越後三山を望む。

薄曇りながら時々日射しも。

190430栃窪峠十二峠006.jpg

そして塩沢から26日に開通したばかりの

塩沢十日町線を上って栃窪峠へ。

魚沼スカイラインは八箇峠とここまでは開通しているが

十二峠方面は5月中旬以降の開通予定。

190430栃窪峠十二峠008.jpg

栃窪峠から十日町方面へ下り

その後国道117号を南下して

国道353の十二峠経由で石打に戻る。

向かい風強く少し大変だった。

走行距離 52km

獲得標高 1000m

190420ヤビツ裏和田自転車001.jpg

天気予報では暖かくまた南寄りの風のはずだったが

山は肌寒く、また何故か北風で

北上する今日のコースではずっと向かい風。

190420ヤビツ裏和田自転車002.jpg

蓑毛から表ヤビツへ。

桜のピークは峠サミット付近へ移ってきている。

林道入り口の桜。

190420ヤビツ裏和田自転車003.jpg

そしてヤビツ峠。

蓑毛から30分かかっての到着。

木曜のハマイチと昨日の夕方乗った疲労が

抜けていない割にはまあ気持ち良くは登れた。

190418浜名湖一周001.jpg

名古屋に午前中だけ所用があり

丹沢と富士山を見ながら新幹線で。

さすがにスマホだとローリングシャッター現象がひどい。

190418浜名湖一周003.jpg

名古屋から浜名湖までの輪行だが

今回は豊橋まで新幹線を使わずに名鉄特急で。

190418浜名湖一周010.jpg

もちろミュー切符特別車の一番前をキープ。

間もなく豊橋。

JRに乗り換える

190414赤城ツーリング001.jpg

三国トンネルの反対側まで車で送ってもらって

まずは三国峠を下る。

猿ヶ京は今梅が満開。

季節的に東京より1ヵ月くらい遅れている感じ。

190414赤城ツーリング002.jpg

そしてまだ真っ白な三国山脈を見上げながら

仏岩への上り。

昨日の平標への登山の後の割には

意外に足は回る。

190423裏ヤビツ001.jpg

金曜だが午後からロマンスカーで

本厚木へ

190423裏ヤビツ004.jpg

本厚木から飯山温泉経由で。

東京では終わりかけの桜だが

この辺では結構良い感じの咲き具合。

190423裏ヤビツ005.jpg

煤ヶ谷から土山峠を上って宮ケ瀬湖へ。

湖は過去にないくらいに水位が低い。
土山峠付近は水がちょろちょろ流れている程度。

旧道も普通に崖上になっている。

190406伊豆ツーリング0004.jpg

本来は熊チョイ企画で冬に行くのだが

何と積雪などにより2回にわたって中止。

今回やっと行けた。

ただ当の熊チョイおやじは来れず今回はヤスさんと。

熱海まで輪行してまずは国道135を旧道を縫いながら南下。

錦が浦の桜と熱海市街。

190406伊豆ツーリング0005.jpg

網代の海中桟道を見つつ旧道を。

190406伊豆ツーリング0002.jpg

宇佐美峠にかかる2本の長大トンネルのうち

最初の御石ヶ沢トンネルは旧道が自然に帰っており

やむなくトンネルを通る。

トンネル手前から宇佐美峠の難所と桜を望む。

190322ヤビツ001.jpg

20度を超えるのではないかという

3月とは思えない暖かさ。

190322ヤビツ002.jpg

午前中降っていた雨の乾くのを待って

13時過ぎに出発。

ただ天気は全くさえず

すぐそばの大山も見えない。

190322ヤビツ003.jpg

満開の寒桜を見ながら浅間山林道へ

190314箱根1号線ツーリング018.jpg

午後半休取って午後ロマ。

当初は海老名で乗り換えて秦野で降りてヤビツ行くつもりだったが

席が(1号車1D)湯本までずっと空席だったので急遽延長で箱根湯本へ。

190314箱根1号線ツーリング023.jpg

湯本ですぐに自転車を組み立てて

15時過ぎ出発。

今回は1号線上ってみる。

冬のこの時間でも車は多く少し走りにくい。

自転車の服装ではないので汗をかくと下りが寒すぎると思うので

汗をあまりかかない程度のスピードで登る。

塔ノ沢、大平台と登り

ここが箱根登山鉄道最急カーブ。R=30だそうで

残念ながら電車はちょうど合間で・・・。

190314箱根1号線ツーリング026.jpg

宮ノ下で御殿場方面の道と分かれると

車通りはぐっと少なくなり走りやすくなる。

小涌園の蓬莱園ではそろそろ梅が見ごろを迎えている。

ここ箱根では季節が下界より半月から1か月遅い。

190306伊良湖ツーリング009.jpg

名古屋に出張ついでにサイクリング。

雨が心配であるが

降られても良い装備を持っていくことにする。

190306伊良湖ツーリング011.jpg

名古屋から知多半島の河和まで名鉄特急で50分弱。

転換クロスシート2扉の5700系も

河和特急ぐらいにしか見られなくなってきた。

190306伊良湖ツーリング013.jpg

河和の駅から歩いて5分強で

名鉄観光船の河和港。

駅から無料バスも出ているが

乗るほどの距離でもない。

190306伊良湖ツーリング018.jpg

知多半島-渥美半島間は

2014年9月までは師崎-伊良湖に

名鉄フェリーがあったが廃止になったが

今でも河和-伊良湖間のこの高速船(師崎からだと乗り換え)で

渡ることができる。

自転車は輪行する必要があるが

師崎まで行かずに河和から出てるので便利は便利。

昨日の積雪も大したことなく

昼前には道路も乾いてドライになったので

三浦を一周することにした。

190210三浦サイクリング001.jpg

文庫近くでいきなりのパンク。

とがった石が刺さっていて

場所も特定できているので

チューブ交換せずにイージーパッチを使って

すぐに復旧。

190210三浦サイクリング002.jpg

横須賀ヴェルニー公園で

戦艦陸奥の主砲砲身と後ろはDDHひゅうが

190210三浦サイクリング003.jpg

折角なので浦賀の渡しに乗ることにする。

190105房総林道ツーリング002.jpg

また房総の未舗装林道を走りたいという

ヤスさんのリクエストに応えて

新春ランドナーツーリングは房総へ。

まずは久里浜のフェリーふ頭まで自走。

横須賀で戦艦むつの主砲砲身と

護衛艦おおすみ。

190105房総林道ツーリング001.jpg

今日の朝は冷え込んでいて

このように平地なのにガーミンもマイナスの気温を表示。

190105房総林道ツーリング004.jpg

そして東京湾フェリーしらはま丸。

今日の東京湾はうねりが入っていて

多少船は揺れる。

この船は16万トンの原油タンカー。

181230三浦001.jpg

昨日に引き続き寒い年末。

多少雲はかかっているが

鎌倉から富士山も伊豆半島も大島も一望。

181230三浦004.jpg

鎌倉逗子と通って

衣笠へ抜けて久里浜、三浦海岸と通り

三浦南端、毘沙門の橋へ。

この風車軍は現在解体工事中。

181229ヤビツ001.jpg

年末寒波の吹き荒れた29日。

昼間なのにこの地点で5度を下回っている。

181229ヤビツ002.jpg

この林道もすっかりすすきが伸びて

一時開けていた視界もなくなった。

181222嵐山ツーリング008.jpg

くまちょい企画、ピナ松さんと久しぶりに走ろう企画!

嵐山~ときがわあたりを軽く・・・・・。

道の駅かわもとで待ち合わせ、まずは南下。

関越を絡めて走る。

181222嵐山ツーリング009.jpg

冬でもやっているかき氷!は臨時休業だった。

たとえやっていても絶対食べないと思うが。

181222嵐山ツーリング010.jpg

ジルべえがこよなく愛する街ときがわ町にはいり

この結構有名な豆腐屋で一休み。

181209三崎マグロツーリング001.jpg

数年ぶりにInner-Lowでの年末の三崎マグロツーリング

久里浜で横浜からの自走組合流後

9名でのツーリング。

Inner-Lowでこれだけ集まるのも久しぶり。

181209三崎マグロツーリング003.jpg

時間も少し余裕なので

毘沙門の橋へ直進せずに

旧道の坂を上り

一面の大根畑と海を満喫。

ただ今日は風も非常に冷たく

少し寒すぎる。

181209三崎マグロツーリング009jpg.jpg

三崎では直接バスで来る2人と遅れてきた1人が無事合流。

合計で12名。

美里町遺跡の森総合公園に集合して

今回のツーリングは9時前にスタート。

軽めということで15時には戻ってこれるはず。

181124北埼城峯004.jpg

関東南部では台風の塩害でイマイチな紅葉も

北埼ではそこそこいけている。

すでに晩秋、平野部から低山がピークの模様。

181124北埼城峯006.jpg

冬桜で有名な城峯公園へ。

標高約500mのここは

気温も5度くらいで非常に寒い。

181124北埼城峯009.jpg

今年は冬桜も少し花期が早いようで

すでに終盤戦でほぼ終わり掛け。

それでもこのようにぱらぱらと綺麗に咲いている。

181111ヤビツ002.JPG

前日ほどではないが季節外れの暖かさの日曜。

まずはこの鳥居から。

181111ヤビツ004.JPG

1か月ぶりのヤビツ。

今回は昼に出発。

そして紅葉の写真を撮りながらのHC。

蓑毛上の瀬戸橋付近(標高350m)は

前の台風の塩害でイマイチで

紅葉する前にかれたり落ちてしまった木も多い。

181111ヤビツ005.JPG

先ほどの地点の少し上。

それでもところどころこのように

綺麗に黄色くなった木も見受けられる。

181028どん兵衛御坂001.jpg

久しぶりに熊チョイ企画に参加!

28日御坂桃源郷公園から南アルプスを望む。

北岳や間ノ岳は冠雪している。

快晴予報だが実際は少し雲が多い。

181028どん兵衛御坂002.jpg

今回のメンバーは埼北のトライアスリートと

ピークスのレジェンド様。

いきなりハイエースのスーパートランスポート仕様で現れた。

これで6名と6台が乗れる。

181028どん兵衛御坂004.jpg

桃源郷公園を9時過ぎに出発して

御坂道を上ってそしてどん兵衛峠へ。

峠序盤は15%を超す激坂系の上り。

18102000.jpg

日程もスケジュールも毎年一定しない箱根HC。

今年は最遅ではと思われる10/21開催。

箱根は雨降ると待機なんかできないほど寒いのではと懸念したが

前日も含め全くの心配もない快晴。

今年は追加料金の当日受付が

選手駐車場がターンパイク湯河原線ということもあり

10:30スタートにもかかわらず6:30受付終了という鬼日程。

前日でも受付可能ですよというので諦めて前日に

これまた離れている小田原ヒルトン(根府川の山の上)で

受付を済ませた。

去年は前日受付のときにプレ大会のようなイベントを

やっていたけど今年は何もなし。

もはや会場から離れたヒルトンで受付する意味が分からない。

18102001.jpg

そして日曜日のレース当日。

昨日以上に雲一つない快晴。

しかも意外に暑い。

早川まで輪行してターンパイク料金所のスタートへ。

181006しまなみ海道妻クリング241.jpg

無事しまなみ海道を走り終わって

最終日は飛行機の時間(14:35)まで

松山市内ポタリング。

まずは道後温泉駅へ。

181006しまなみ海道妻クリング245.jpg

まずやることは

坊ちゃん列車に乗る。

181006しまなみ海道妻クリング250.jpg

すぐ後ろを市内電車が迫る!

実は坊っちゃん列車の機関車はSLの形を模倣した

ディーゼル機関車でドラスト音もスピーカーから流れているのだが

結構人気が高いようだ。

181006しまなみ海道妻クリング099.jpg

朝9時前にお世話になった宿を出る。

昨日と違って今日は少し涼しい。

朝方雨が降ったらしく道路は少し濡れている。

181006しまなみ海道妻クリング100.jpg

あと残すは大島だけなのでまずは伯方島一周から

10/7はしまなみの各島でいろいろ秋祭りが行われており

ここ伯方島でも、間もなく餅まきが行われるそうで。

181006しまなみ海道妻クリング101.jpg

そして相変わらず整備中の船のすぐわきを通ったり

181006しまなみ海道妻クリング007.jpg

待ちに待ったしまなみ海道妻クリング。

台風25号の動きが心配だが

日本海から朝鮮半島にそれぎみで

初日に多少雨が降りはするものの

風も含めて大丈夫だろうということで決行。

行はサンライズ出雲なのだが大森での沿線火災の影響で

40分遅れで横浜に到着。

181006しまなみ海道妻クリング012.jpg

東京から乗ったYYチームと合流。

今回宿も別で完全別行動なので次はどこで会えるのか?

ちなみにサンライズはスカ線経由で運転されたので

武蔵小杉を通るサンライズに乗れたとは強運か?

181006しまなみ海道妻クリング008.jpg

ちなみに取った部屋はシングル。

このようにベット横にかろうじて輪行袋が置ける。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

最近のコメント

アイテム

  • 190515ヤビツ028.jpg
  • 190515ヤビツ027.jpg
  • 190515ヤビツ026.jpg
  • 190515ヤビツ022.jpg
  • 190515ヤビツ021.jpg
  • 190515ヤビツ020.jpg
  • 190515ヤビツ017.jpg
  • 190515ヤビツ012.jpg
  • 190504妻有サイクリング048.jpg
  • 190504妻有サイクリング049.jpg