180828.jpg


自転車ツーリング記録(保存版)を再編集アップしました。

今年の北海道ツーリングは

最初はANA稚内直行便で道北中心に計画していたのが

直前になってANA稚内直行便が7月いっぱい運休になり

大幅に計画を変更した。

結局札幌午前便は時期的にもう正規料金しか空いていなくって

夕方の札幌便で札幌前泊で

翌日朝丘珠利尻便で利尻に行くことにした。

まず前泊編

札幌市内ナイトポタ。走行距離10km

利尻礼文ツーリング札幌前泊編(7/23)

211.jpg

1日目(7/24)

丘珠から利尻へ そして利尻島1周。

本土島合計82km

利尻礼文ツーリング利尻へ、利尻島1周(7/24)

011.jpg

200719ヤビツ001.jpg

雨かと思ったら朝から晴れ間ものぞく様な天気だったので

昼過ぎに慌てて出発。

ただ丹沢方面は雲が厚く

ここから大山方面は全く見えない。

200719ヤビツ002.jpg

千人隠れ付近からガスが出始め

ヤビツ峠はすっぽり濃霧の中。

先週よりは頑張って登った。

200714サボルデリヤビツ001.jpg

毎月恒例の午後サボルデリでロマンスカーヤビツ。

定番の秦野に停まる数少ないロマンスカーのはこね19号

200714サボルデリヤビツ002.jpg

相変わらず車内はガラガラ。

200712ヤビツ003.jpg

梅雨の合間の晴れを使って丹沢方面へ。

とりあえず道路が乾くの待ってからの出発。

しかし平野部ではガーミンも32、3℃を示していて

当然湿度も高く山に入る前に完全にたれた。

登りに入っても異常に調子悪く

今日は本当は少し遠くまで行きたかったがあきらめた。

ただ大山方面は結構黒い雲。

200712ヤビツ004.jpg

浅間山林道(一般車通行可能部分)の砂防ダムのところで

路肩が完全に落っこちていて

一応全面通行止めになっています。

一応・・・軽トラとか山菜目当ての車とか普通に入っている。

一人で走ってばかりいるとつまらないので

たまにはみんなで走りましょうと隊長の指令。

と言うことで梅雨の合間を縫って

何故かインド料理屋の多い小川町まで

昼食がてらツーリングしましょうということに。

200705荒川都幾川サイクリング018.jpg

岩淵水門で集合して荒サイを北上。

荒サイは路上へのい水の染み出しがひどく

結構自転車は汚れる。

200705荒川都幾川サイクリング016.jpg

道満で二人合流。

今回はInner-Low5名、マリア3名の8名となった。

まあ食事もまあギリギリかなぁ。

200627ヤビツ001.jpg

完全自粛解除後初のヤビツ方面。

(先週は北海道ツーリング)

予報より天気は良くなくどんよりとした雲。

またかなり蒸し暑い。

200627ヤビツ002.jpg

と言っても今日は午後からの出発なので

峠を上るころには大分涼しくなり始めていた。

今までより多少ペースを戻しつつ

と言っても蓑毛から30分くらい。

とりあえず急いで下って日没前に帰宅。

走行距離 93km

獲得標高 1200m

200620北海道炭鉱ツーリング0232.jpg

そして二日目である。

普段はバイキング方式ではないのかと思うのだが

コロナ騒動もあって前日に洋和食どちらかを聞かれ

当日朝レストランで部屋番号を言うと朝食が出てきた。

洋食だがかなりのボリューム。

200620北海道炭鉱ツーリング0234.jpg

3月にオープンしたばかりだそうで記念に

美唄産の新米のサービス。

2号だが自転車だと少々重さがこたえる。

200620北海道炭鉱ツーリング0235.jpg

8:00少し前に出発。

今日向かったのはまずここ。

美唄鉄道の東明駅跡。


駅舎と

200620北海道炭鉱ツーリング0001.jpg

首都圏北海道移動自粛解除最初の週末。

解除を見込んで北海道往復分を予約しておいたので早速。

ニュースでは羽田空港の混雑ばかり放送されるが

第1ターミナル北ウイングでは主力のJALが

しばらく南ウイングだけの営業のため

ほぼスカイマークだけの仕様なのでこのように閑散としている。

200620北海道炭鉱ツーリング0011.jpg

スカイマーク千歳便自体も普段の7割くらいの乗車率で

すいているせいか早く飛び立って

千歳には20分くらい早着となった。

200620北海道炭鉱ツーリング0037.jpg

早く着きすぎたため南千歳で40分ぐらい待って

この春の新配置のキハ261のおおぞら3号で新夕張へ

200612ヤビツ001.jpg

ロマンスカーも1日に数本秦野に停まるやつがある。

午後1時発のはこね19号もその一つ。

200612ヤビツ002.jpg

車内は相変わらずがらがらだが

一時配布見合わせしていた

FREE版のロマンスカーるるぶが復活していた。

200607三浦妻クリング002.jpg

三崎のマグロやもだいぶ営業を始めたので

そろそろ始動開始ということで

久里浜まで輪行で行って

火力発電所の坂は旧道を通る。

200607三浦妻クリング005.jpg

そしていくつかの坂を上って毘沙門へ。

さらに下って三崎へ。

去年の今頃

| コメント(0) | トラックバック(0)

コロナで自粛自粛でつまらない日々・・・

この間の記事はもう少し世相が落ち着いたらにして

一旦去年の今頃は何をしていた?ということで

6/5、6で九州を走っていました。

190604志賀島ツーリング039.jpg

志賀島から海の中道。(2019/6/5)

190605長崎ツーリング016.jpg

西海橋(2019/6/6)

200312箱根ツーリング003.jpg

はこね31号の一番前の席が急遽キープできたので

箱根湯本まで行くことにする。

200312箱根ツーリング011.jpg

東京は快晴なのだが箱根はやや雲が多め。

箱根登山鉄道が台風災害で長期運休中のためか

湯本前の国道1号線は結構交通量が多い。

200312箱根ツーリング012.jpg
箱根登山鉄道のホームには

ベルニナ号が止まっていて

待合室として開放されていた。

当面動かないことの証か?

湯本はコロナ騒動でガラガラ。

観光客はそれなりにいるがすいているを通り越して寂しい。

200213三浦一周003.jpg

気温急上昇の13日午後サボルデリして三浦へ。

16号を南下してまずは横須賀。

おなじみ戦艦陸奥の主砲砲身と護衛艦おおすみ。

200213三浦一周004.jpg

横須賀を過ぎると明らかに風の温度が変わって

ポラールでは22度を表示。

2月中旬とは思えない気温。

200213三浦一周005.jpg

三浦海岸まで行くと

ところどころ満開の河津桜が

200211ヤビツ尺里曽我梅林001.jpg

朝方冷え込んだが天気は文句ない快晴!

例年になく雪の多い富士を常に正面に見つつ走る。

200211ヤビツ尺里曽我梅林002.jpg

伊勢原の大山参道もところどころ梅が満開。

大山と梅の一枚。

200211ヤビツ尺里曽我梅林003.jpg

鳥居と大山。

やっと少し暖かくなってきた。

200114ヤビツ自転車001.jpg

三連休の後の週初めだが

日程上今日が午後サボルデリ丹沢。

秦野に止まるロマンスカーで

200114ヤビツ自転車005.jpg

PCが入っている鞄持ったままだし

服も普通の服なので

汗びっしょりにならない程度のLSDくらいな感じで。

すっかり冬の装いになった千人隠れ付近。

ウラ寂しい冬の丹沢をのんびり上るのも悪くない。

191228ヤビツ自転車002.jpg

今年は週末ごとに冷え込む傾向。

晴れている分先週よりはましだが

今日も寒い。

191228ヤビツ自転車003.jpg

1本だけ取り残されたような紅葉の木。

今回全行程で唯一の紅葉。

191228ヤビツ自転車006.jpg

健康診断以来何故か力が入らない状態なので

今日は無理せず完全LSD状態で
蓑毛から35分ほどかかって峠到着。

道は完全ドライで写真に写っているように

峠付近、路肩には雪がの残っているが

溶けだしたりして道路に流れていることもない。

とりあえず今年は少し少なめのヤビツ詣ででした。

走行距離 93km

獲得標高 1300m

191222自転車三浦007.jpg

雨は夕方からの予報なので

三浦半島へ。

おなじみ横須賀の戦艦陸奥の主砲砲身と護衛艦のおおすみ

今日は異常に寒く、日中でもガーミンで常に6℃前後。

191222自転車三浦008.jpg

三浦海岸あたりで休憩しようと思っていたら

三浦海岸長沢のローソンはこんな状態。

この辺で唯一道路より海側にあるコンビニであったのが災いして?

191124ヤビツ自転車001.jpg

今年は週末になると台風が来る。

この期に及んでまもなく11月も終わりだというのに

季節外れの台風27号崩れの雨が

日曜の昼前にようやく上がって路面も乾いてきたのでGO!

この鳥居のあたりから雲行きが怪しいし

道路がまたウエットになってきた。

191124ヤビツ自転車003.jpg

大量に落ちて積もった杉の葉っぱと

台風19号のせいで荒れた路盤からの泥が混じって

道はぐちょぐちょ。

登りで泥羽が気になってスピード出せない。

191124ヤビツ自転車004.jpg

紅葉もだいぶ下がってきて

蓑毛あたりもだいぶ色付いてきた。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

最近のコメント

アイテム

  • 083.jpg
  • 071.jpg
  • 039.jpg
  • 211.jpg
  • 206.jpg
  • 121.jpg
  • 086.jpg
  • 067.jpg
  • 031.jpg
  • 011.jpg

最近のコメント