181111ヤビツ002.JPG

前日ほどではないが季節外れの暖かさの日曜。

まずはこの鳥居から。

181111ヤビツ004.JPG

1か月ぶりのヤビツ。

今回は昼に出発。

そして紅葉の写真を撮りながらのHC。

蓑毛上の瀬戸橋付近(標高350m)は

前の台風の塩害でイマイチで

紅葉する前にかれたり落ちてしまった木も多い。

181111ヤビツ005.JPG

先ほどの地点の少し上。

それでもところどころこのように

綺麗に黄色くなった木も見受けられる。

181028どん兵衛御坂001.jpg

久しぶりに熊チョイ企画に参加!

28日御坂桃源郷公園から南アルプスを望む。

北岳や間ノ岳は冠雪している。

快晴予報だが実際は少し雲が多い。

181028どん兵衛御坂002.jpg

今回のメンバーは埼北のトライアスリートと

ピークスのレジェンド様。

いきなりハイエースのスーパートランスポート仕様で現れた。

これで6名と6台が乗れる。

181028どん兵衛御坂004.jpg

桃源郷公園を9時過ぎに出発して

御坂道を上ってそしてどん兵衛峠へ。

峠序盤は15%を超す激坂系の上り。

18102000.jpg

日程もスケジュールも毎年一定しない箱根HC。

今年は最遅ではと思われる10/21開催。

箱根は雨降ると待機なんかできないほど寒いのではと懸念したが

前日も含め全くの心配もない快晴。

今年は追加料金の当日受付が

選手駐車場がターンパイク湯河原線ということもあり

10:30スタートにもかかわらず6:30受付終了という鬼日程。

前日でも受付可能ですよというので諦めて前日に

これまた離れている小田原ヒルトン(根府川の山の上)で

受付を済ませた。

去年は前日受付のときにプレ大会のようなイベントを

やっていたけど今年は何もなし。

もはや会場から離れたヒルトンで受付する意味が分からない。

18102001.jpg

そして日曜日のレース当日。

昨日以上に雲一つない快晴。

しかも意外に暑い。

早川まで輪行してターンパイク料金所のスタートへ。

181006しまなみ海道妻クリング241.jpg

無事しまなみ海道を走り終わって

最終日は飛行機の時間(14:35)まで

松山市内ポタリング。

まずは道後温泉駅へ。

181006しまなみ海道妻クリング245.jpg

まずやることは

坊ちゃん列車に乗る。

181006しまなみ海道妻クリング250.jpg

すぐ後ろを市内電車が迫る!

実は坊っちゃん列車の機関車はSLの形を模倣した

ディーゼル機関車でドラスト音もスピーカーから流れているのだが

結構人気が高いようだ。

181006しまなみ海道妻クリング099.jpg

朝9時前にお世話になった宿を出る。

昨日と違って今日は少し涼しい。

朝方雨が降ったらしく道路は少し濡れている。

181006しまなみ海道妻クリング100.jpg

あと残すは大島だけなのでまずは伯方島一周から

10/7はしまなみの各島でいろいろ秋祭りが行われており

ここ伯方島でも、間もなく餅まきが行われるそうで。

181006しまなみ海道妻クリング101.jpg

そして相変わらず整備中の船のすぐわきを通ったり

181006しまなみ海道妻クリング007.jpg

待ちに待ったしまなみ海道妻クリング。

台風25号の動きが心配だが

日本海から朝鮮半島にそれぎみで

初日に多少雨が降りはするものの

風も含めて大丈夫だろうということで決行。

行はサンライズ出雲なのだが大森での沿線火災の影響で

40分遅れで横浜に到着。

181006しまなみ海道妻クリング012.jpg

東京から乗ったYYチームと合流。

今回宿も別で完全別行動なので次はどこで会えるのか?

ちなみにサンライズはスカ線経由で運転されたので

武蔵小杉を通るサンライズに乗れたとは強運か?

181006しまなみ海道妻クリング008.jpg

ちなみに取った部屋はシングル。

このようにベット横にかろうじて輪行袋が置ける。

180929夕張サイクリング0005.jpg

引退した747エアフォースを見つつ小雨まじりの羽田を出発。

180929夕張サイクリング0008.jpg

千歳は快晴、しかも思ったより暑い。

180929夕張サイクリング0010.jpg

持ち歩きに不便なOS500は

新千歳空港駅のコインロッカーに置いていく。

180929夕張サイクリング0014.jpg

少し時間がある南千歳で少し鉄分補給タイムした後で

東胆振地震の影響で追分方面の各駅が運休中なので

追分まで特例で乗れる特急で。

一本前の各駅の大体の特急おおぞら3号。

180923妻有サイクリング002.jpg

まずは稲刈りの本格化した南魚沼の穀倉地帯を走る。

180923妻有サイクリング003.jpg

魚沼スカイラインへ向けて大沢峠旧道を上る。

ところどころ13%とかの斜度の坂が現れるが

まあ車も来るはずはなく走りやすい道。

上国の大沢ゲレンデを九十九折で標高700mの大沢峠へ。

トンネルまでの新道も含めてトータル

6.5キロで480mの上り。

180923妻有サイクリング005.jpg

魚沼スカイライン大沢展望台からの

標高720mは今行程のチマコッピ。

180909佐原潮来妻クリング001.jpg

5月のときと同様馬喰町まで輪行して

自走で両国橋を渡って両国駅へ。

180909佐原潮来妻クリング003.jpg

両国駅旧急行ホームからくB.B.BASEへ乗り込む。

前回は結構盛況だった印象だが

今回99名定員のところわずか5名の乗車。

少し地味かなと思う佐原行きなことを差し引いても

少しさびしい。みんな存続のために乗ってあげてください。

180909佐原潮来妻クリング041.jpg

両国駅8:12発

このB.B.BASE、運転台などは209系のときと特に

何か変わったところはないようだ。

180908クリスタル自転車002.jpg

9月どの運転を持って185系での運用が終了するはまかいじ。

折角なので最後の乗車も兼ねて山梨方面へ。

180908クリスタル自転車009.jpg

そして9:41塩山で下車。

この日は関東地方では天気が良いものの

山梨県地方は何やら不安定な天気予報。

ここも今にも雨が降り出しそうな空模様。

180908クリスタル自転車010.jpg

そろそろ見ごろを迎え始めたコスモスの中を

焼山峠へ向かって標高差1000mを登るのだが

途中からいよいよ雨が降ってきた。

どちらにせよ登りなので速度も遅く

汗もかくのでそんなに気にならないのでどんどん登ることにする。


180828.jpg


自転車ツーリング記録(保存版)再編集アップしました。

18082501.jpg

今年もいよいよやってきた乗鞍。

今回はV2-R投入とリア30Tで!

18082502.jpg

前日25日朝5時に家を出て渋滞にはまることなく

9時前には乗鞍観光センターに到着。

今回は高所順応も兼ねて乗鞍岳へ登ろうと

9時のバスに乗り込む。
観光センター前は小雨だが

畳平は大荒れだそうだ。

18082503.jpg

畳平について合羽を着て鶴ヶ池のお花畑方面へ。

もうここですでに傘はさすことができない風。

視界もこんな感じ。

18082001.jpg

名古屋で所用を済ませJRで武豊へ。

本当は名鉄のほうが速いのだがここは

電化なった武豊線に乗りたくてJRで。

ちなみにそこそこの乗車率だったがほとんどは半田で降りてしまって

武豊まで行く客はほとんどいなかった。

11:30過ぎに出発。

自販で水を買おうと思ったらすべて売り切れ。

18082002.jpg

1時間ほどで知多半島最南端でもある師崎に到着。

今日は気温は30度以下ではあるのだが

湿度がかなり高く体感はかなり蒸し暑い。

ちなみに知多半島(師崎)は

名鉄フェリー廃止後初めてで4年ぶり。

18082004.jpg

師崎フェリーターミナル横にあるこの怪しい店で

軽く昼食ということにする。

18081901.jpg

久々に最高気温が30度行かなそうな週末。

1か月ぶりのヤビツへ。

まずは善波峠。富士山も綺麗に見えている。

18081902.jpg

旧デイリーから

#07 38分51秒 HR155 220W

鳥居5:00

蓑毛9:30

浅間神社20:15

菜の花台25:30

林道入り口 32:00

途中からイマイチ登り切れていないが

18081801.jpg

やっとと言うか急に涼しくなったので妻クリングを

まずは湘南大橋、湘南平の上に乗った富士山をバックに。

18081802.jpg

太平洋自転車道、と言っても2キロほどしかない。

これが終わると国道1号に入るが

真っ平らなここまでと異なり

アップダウンが続きペースが落ちる。

18081803.jpg

3時間弱で無事小田原に到着。

お目当てはここ。

18081804.jpg

唐揚げ(半身揚げ)で反省会。

180804001.jpg

早朝からまさかの線路内立ち入りがあり

予定の新宿7:00発Sあずさ1号には乗れずに

後続の7:18発臨時あずさ51号で松本へ向かう。

180804002.jpg

Sあずさより臨時あずさが遅いのもあり

松本出発は予定よりも40分遅れで。

松本も気温は朝から高いものの

山から吹いてくる風は涼しく思ったより走りやすい。

180804004.jpg

新島々の駅で輪行袋や帰りの服などの荷物を

コインロッカーに入れる。

003.jpg

2018北海道キャンプツーリング1日目(7/20)

今回はミヤタのランドナーを買ってしまったヤスさんとの二人旅です。

女満別空港-美幌峠-屈斜路湖-弟子屈-多和平

走行距離 103km

獲得標高 900m

025.jpg

2018北海道キャンプツーリング2日目(7/21)

多和平-裏摩周-神の子池-養老牛温泉-開陽台-標津

走行距離 121km

獲得標高 1100m

047.jpg

2018北海道キャンプツーリング3日目(7/22)

標津-羅臼-知床峠-ウトロ-斜里

走行距離 120km

獲得標高 1250m

065.jpg

2018北海道キャンプツーリング4日目(7/23)

釧路-昆布盛-厚岸-霧多布

走行距離 113km

獲得標高 1000m

077.jpg

2018北海道キャンプツーリング最終日(7/24)

 

霧多布-落石

走行距離 62km

獲得標高 550m

全行程 519km 今行程獲得標高 4800m

180714019.jpg

今年の海の日3連休は異常な暑さ。

なのであまり距離を長くしたくないので

仏岩まで車で送ってもらってスタート。

ずんずん下って水上のSL広場。

D51745塗装されていて少し綺麗になっていた。

でも9:30時点で水上ですでに30度越え。

180714020.jpg

藤原ダムを通らないショートカット峠越え。

やはりこのあたりだとまだ猛暑まっただ中。

無理せずゆっくりぎみで上る。

180714021.jpg

奈良俣ダム。

この辺に来るようやく気温も30度以下になって

まともに走れる気温になった。

180714001.jpg

海の日3連休初日。

朝10時でこの気温

180714002.jpg

ただ上るだけになった表ヤビツ。

藤棚(旧デイリー)から48分、出力も170w位しか出ない。

180714003.jpg

ただ何故かヤビツ峠から裏にかけては7月中はとにかく涼しい。

これは札掛まで下りたところの気温だが

下が35度ほどなのに100mで0.6℃の法則以上に涼しい。

18070801.jpg

ハワイの疲れを引きづりダレダレで

この鳥居から丹沢山中スタート。

05070802.jpg

そして表ヤビツ#05

蓑毛から30分36秒 HR149のLSDペース 平均210W

180701ハワイオワフ自転車086.jpg

7/4朝帰国になるのでいよいよ今日が最後のサイクリング。

当初予定していたパリハイウエイは初日に走ってしまったので

まあ無理だと思っていた西端(アイーナポイント)へ行くことに。

西に向かうニミッツハイウエイは追い風もあって

がらがらの4車線道路を40キロ近いスピードで飛ばす。

何かい感覚で非常に楽しい。

180701ハワイオワフ自転車087.jpg

ただそんな走りはずっとできないので

ハイウエイ横のサイクリングロードに移って

普通に走る。

180701ハワイオワフ自転車091.jpg

ガーミンのコース作成機能でコースを作ると

途中からハイウエイを外れて真珠湾のほうへ向かってしまうので

その通りに走ってみたら

こんな気持ちの良サイクリングロードが続いていた。

ただ観光案内書などにあるとおり

サイクリングロードはところどころ治安が怪しい場所が散在している。

でも地元のロードとかも走っていて

明るく挨拶されるので

休憩する場所を選べば無問題だと思われる。

180701ハワイオワフ自転車063.jpg

アロハ!

なんだかんだで出発が9時前になってしまったがなんとか。

ダイアモンドヘッドストリートを緩く登る。

時差ボケも問題なし、自転車も快調!

天気も良し!

180701ハワイオワフ自転車064.jpg

ワイキキとは反対方向から見たダイアモンドヘッドは新鮮。
常夏の島でも朝のうちは半袖では肌寒いくらい。

180701ハワイオワフ自転車065.jpg

今日は昨日の帰りとは道を変えて

ココクレーターの海側を通る。

60m位の上りで以外にきついが

サミットからの展望台の

ワイキキ方面の眺望は素晴らしい。

180701ハワイオワフ自転車059.jpg

所用でハワイへ。

現地時間の朝、全日空B787はオアフ島上空へ。

左端はオアフ西端のカイーナポイント。

3日の夜以外は自由に行動してよいという話だったので

180701ハワイオワフ自転車004.jpg

ワイキキの街にある

bikeadelicという店で

TREKのドマーネを借りる。

3日間で大体200ドルくらい。

ガーミンのパワーメーターペダルとGPSメーターえお

持って行って交換してもらって完了。

ちなみにこれは自転車置き場。

180701ハワイオワフ自転車006.jpg

現地でお昼位にレンタルの手続きが終わって

早速走り出す。

予定通りタンタラスの丘へ行く。

途中で水が尽きて(自販などは全くない)しまったので

水分補給しなくても良いようなゆっくりペースで登る。

ダイアモンドヘッドとホノルルの待ちが一望でき

初日からとても良い気分。

ちなみにレンタルバイクは

TREKのドマーネSLで

カーボンホイールを履いていた。

タイヤはチューブレスでゃなく普通のチューブ入りで

ボントレーガーの28Cという太めの物。

コンポはシマノアルテグラで

文句ないスペック。

18062401.jpg

南関東は雨が降っているようだが

ここ南魚沼は快晴。少し暑い。

石打の駅を9:30に出発。

塩沢まで平らな田圃の中の道を走る。

18062402.jpg

塩沢から栃窪峠への上り。

塩沢スキー場の中を

6キロ高低差450mの上り。

18062403.jpg

栃窪峠から魚沼スカイラインへ。

土曜は午前で雨あがったので午後から

18061601.jpg

善波峠旧道のアジサイは真っ盛り。

18061602.jpg

ヤビツは非常に寒く8度しかなかった。

寒くてイマイチだったのでちんたら登ったら42分(旧コンビニ)かかった。

18061702.jpg

日曜日は妻クリングめしやっちゃんへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

最近のコメント

アイテム

  • 181111ヤビツ011.jpg
  • 181111ヤビツ012.jpg
  • 181111ヤビツ010.jpg
  • 181111ヤビツ009.jpg
  • 181111ヤビツ008.jpg
  • 181111ヤビツ008.JPG
  • 181111ヤビツ007.JPG
  • 181111ヤビツ006.JPG
  • 181111ヤビツ005.JPG
  • 181111ヤビツ004.JPG