2008年4月アーカイブ

長距離を走ってみたくて苗場まで行ってみた。


朝5時に家を出てつきみ野あたりでBBが緩んでいたことに気付く。
家に電話してとりあえず車で工具を持ってきてもらって
結局クランクを外してBBを締めるという
大工事になり約1時間の STOP。

その後、鎌倉街道、府中街道、甲州街道、小金井街道
志木街道と通り254へ出て川越で9時。
そこへメールが「苗場は朝から雨だよ。自転車じゃ無理ね」と
えっ、もう70kmも走って来たのに・・・・。
でその声を無視し北進を続けることに。

080426_1.jpg
 嵐山から先のアップダウンを快調にクリアしたところ
軽い追い風で38~40km/hをキープの快調なペース。
途中道がやけに混んでると思ったらトラックがひっくり返ってた。

藤岡市内でちょっと道を間違えたりしてちょっとロスしたが
その後関越側道に入りいつもスキーの行き帰りでよく使う
渋川のセブンイレブンに午後1時前に到着。
ここまでの走行距離165km。
昼食をとっていたら遂に心配していた雨が・・・。

もう引き返すわけには行かないので17号をさらに北進。
途中合羽を着たロードとすれ違う。
お互いに呆れつつ手を上げて挨拶。
完走ペースに切り替えたためか30km/h位しか出ない。
沼田に入ると雨がいよいよ本降りに。

080426_2.jpg

猿ヶ京下の相俣のローソンから霧に煙る赤谷湖。
気温もかなり低くテンション下降気味。
いよいよ最後の難関三国峠だ。

永井を過ぎ三坂大橋のあたりで雨音がやけに激しい。
ハンドルやフレームに白い粒が跳ね返ってる。
なんと「あられ」だ!後にミゾレに変わった。
気温情報板は3℃であることを示していた。

080426_3.jpg

15km/hしか出せない体になりつつも
ミゾレの三国峠に到着。
もうすぐ午後5時になる。冷えるのを嫌い間髪いれずに
苗場への最後のDHに入るのだった。

本日の走行距離 227.8km

080420_2.jpg
 本日は草津の裏だが結構人集まった。
あじゃさん、登攀隊長、ちあきさん、ヤビツからこばっち、計5人。

表ヤビツは登攀隊長の調子がイマイチで
それにあじゃさんと二人でついていってが
蓑毛で10分オーバー。
その後少しペースを上げるものの
結局39分台・・・本当にイマイチ。

その後峠でコンビニに携帯を忘れたことに気付き
裏方面は取りやめて表を下ったが
あじゃさんは落車するし、ちあきさんはパンクするし
自分はボトルのキャップをどこかに吹っ飛ばすし
散々なダウンヒルであった。

その後東名インターを越え七国峠、茅ヶ崎、境川経由で帰った。

080419_1.jpg
 今日は長谷にあるここ、肉屋のミヤダイに寄った。
佐助から長谷観音への抜け道の出口にあって
いつも人があふれているこの店の名物は「コロッケ」
注文してから揚げてくれる。

080419_2.jpg
 今回食べたのはこれ。
上がサツマイモの何たら?コロッケ。
下が肉じゃがコロッケ。
衣が分厚ってパリッとしていてやはり旨い。
あみこの感想は・・・

本日は八ヶ岳の裏のためajaさんと二人だけ。
せっかくだから雛鶴出撃と言うことで・・・。

伊勢原を抜け七沢からかなりのハイペース。
土山峠を越え宮ヶ瀬へ。

080412_1.jpg
 宮ヶ瀬から先はご覧の様に桜が満開!
牧馬峠を越えていよいよ雛鶴突入。

080412_2.jpg
 最初の峠を先ず一人抜きハイペースでクリア。
そこから登りのたびにアタック合戦。
こんな走りは疲れるだけで効率悪く
さっきの人に追いつかれその後再び千切ることはなかった。
アタック合戦は互角のまま饅頭屋に到着。
もうすでに脚は売り切れ状態。

080412_3.jpg
 雛鶴トンネルを越えあーあ大月に来ちゃったよ!
帰り道を地図で確認するが二人の口から出た言葉は
「遠いなぁ!」
結局相模湖までは向かい風の中先頭交代しつつ
そこから先はajaさんが調子よさそうななでお任せした。
しかしなんか異常に疲れた。
次回から長距離走るときは計画的にしようと誓った二人だった。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。