2012年7月アーカイブ

120729001.jpg
 持ち合わせはいつものこの公園。
酷暑が予想されるので
保冷ボトルを凍らせて持ってくる予定が・・

・・・

家に忘れてボトルがない!


熊チョイおやじにボトルを一つ借りれて何とか一安心。
助かりました。

120729002.jpg
 まずは御坂道を登り、スキー場の下から
どん兵衛峠への道へ入る。
いきなりの直登急坂。

今回、S級Nかじ選手も電車で急きょ参加。
熊チョイおやじも何故か調子よく
Nかじ選手とガンガン行ってしまった。

120726_001.jpg
 1年半前にマイナーチェンジして
制動力が増したという話のSWISSSTOP。

アルミリム、カーボンリム両用のシューは
ほとんど存在していなく
このフラッシュイエローは
アルミとカーボンのホイールを
ちょくちょく入れ替える使い方には
本当に便利。

120726_002.jpg
 はずした古いシュー。
SWISSSTOPの字が消えるくらいすり減っている。


 120726_003.jpg
新しいシューを付けたところ。
ブレーキの引きの調整が
アジャストボルトで調整できる範囲を
当然のようにはるかに超えていたので
ワイヤーをちょっと調整して完成。

120722oogawara_004.jpg
 今回はこのメンバー。
スーパー強豪ぞろい。

120722oogawara_005.jpg
 そして美鈴湖からすぐに
もうみんな見えなくなってしまった。
熊チョイオヤジも何故か調子が良く
どんどん行ってしまった。

でもどうせ落ちてくるからほっといて
一定のペースで登って行くことにする。

120722oogawara_007.jpg
 でもなんとNじま選手を追って、熊チョイオヤジは
頂上まで落ちてくることはなかった。
でもMずの選手以外はそんなにタイム差はなかった模様。

120722oogawara_009.jpg

でも2000mを超える峠付近は冷たい雨が降っていて
下りは以上に寒かった。7月下旬だぞ!

120716_002.jpg
 昨日のクールもかねてちょこっと。
鎌倉から逗子海岸へ。
渚橋から見ると海岸はなぜか真っ赤。
下り方面だけ異常に渋滞している。

120716_004.jpg
 そして葉山をぬけて立石側(海側)から
湘南国際村へ向かう。
こちら側から登る方が随分勾配が急な気がする。

120716_007.jpg
 こんなに暑いので当然といえば当然だが
海も空もすっかり真夏の景色になっている。

本日の走行距離 60キロ。

120715azami_004.jpg
 隊長とごうさんと新松田で8:30待ち合わせ
ここまで走行距離はすでに45キロ、
サラ足の二人に比べてかなりのビハインド。

真ん中は隊長の新車、SCOTT CR1.
フレーム重量は800gそこそこらしい。
どちらかというと軟らかめのセッティングのフレームだそうだ。
たぶん実用ケイデンスが低めの隊長にはあってると思う。
ある程度重めのギアを踏む人は少し撓るフレームのほうが
良いと思う。

120715azami_007.jpg
 隊長が遅刻したため
予定より30分以上遅れて新松田を出る。
天気予報に反して時折雨がぱらつくあいにくの天気。

まずは246旧道で西進。
かつてはトラックなどが引っ切り無しに通ったこの道も
今や超快適なサイクリングロードと化している。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。