信州の最近のブログ記事

18082501.jpg

今年もいよいよやってきた乗鞍。

今回はV2-R投入とリア30Tで!

18082502.jpg

前日25日朝5時に家を出て渋滞にはまることなく

9時前には乗鞍観光センターに到着。

今回は高所順応も兼ねて乗鞍岳へ登ろうと

9時のバスに乗り込む。
観光センター前は小雨だが

畳平は大荒れだそうだ。

18082503.jpg

畳平について合羽を着て鶴ヶ池のお花畑方面へ。

もうここですでに傘はさすことができない風。

視界もこんな感じ。

170827002.jpg

いよいよ夏の最大イベントの日がやってきた。

今回は中央の渋滞が嫌なので

あずさで松本に行って

170827005.jpg

松本でレンタカーを借りてみた。

何故か越谷ナンバーだった。

170827006.jpg

でも何故か奈川渡ダムのずいぶん手前から大渋滞。

ダムまで30分かかった。

あとで聞いたところによると

乗鞍手前の2連ヘアピンの下の交互通行からの渋滞だそうだ。

17時までの申し込み間に合わないと困るので

140907norikura0034.jpg
いよいよ年一回の祭典がやってきた。

去年は抽選で外れてしまって参加できなかったのだが
今年はJCA会員になって優先申込で・・・

ただ結構今年はくじ運悪いやつも当っているし
もしかしたら申込人数少なめ?

140907norikura0036.jpg


諏訪湖の花火大会と重なった6日土曜は
中央道は大渋滞で
圏央道から笹子トンネルまでずっとのろのろだった。

そhして15時過ぎにやっと着いた試合前日の会場。
大雪渓や乗鞍山頂が見えてるが
天気予報は今夜から明日にかけて雨。

無事に走れるのであろうか。

140907norikura0037.jpg
こんな怪しい人が・・・

130715ビーナスライン047.jpg
 今年のビーナスラインツーリングは
熊チョイおやじとサシで・・・。

130715ビーナスライン002.jpg


3連休最終日なので帰りの渋滞がいやなので
新幹線輪行で
朝一の「あさま501号」

130715ビーナスライン008.jpg
 待ち合わせは浅間山がよく見える
道の駅「ほっとぱーく明科」

9時半過ぎに出発。

12090102nobeyama0023.jpg
 2日目は野辺山一周妻クリング。
予報はに反してまずまずの天気。

12090102nobeyama0024.jpg
 まずは定番の電波展望台。

コースがハードな為か乗鞍の翌週の為か
人数が少なく3名の参加。
あゆ、隊長、Uしやまさんの3名。

今回は全線サポートカー付弁当付です。


先週の乗鞍は全員1時間20分は切っている。
何か疲れそうな予感が。

12090102nobeyama0062.jpg

塩山を9時過ぎに出発して
まずは焼山峠へ向かう。
焼山峠へは塩山からだと20キロで1100mの登り。

12090102nobeyama0004.jpg
 フィッシングセンターのあたりから
この峠は本領を発揮する。
見にくいがこれは14%と表示。
フィッシングセンターから峠までは
4.5キロで470mの登りと平均で10%を越える。

120722oogawara_004.jpg
 今回はこのメンバー。
スーパー強豪ぞろい。

120722oogawara_005.jpg
 そして美鈴湖からすぐに
もうみんな見えなくなってしまった。
熊チョイオヤジも何故か調子が良く
どんどん行ってしまった。

でもどうせ落ちてくるからほっといて
一定のペースで登って行くことにする。

120722oogawara_007.jpg
 でもなんとNじま選手を追って、熊チョイオヤジは
頂上まで落ちてくることはなかった。
でもMずの選手以外はそんなにタイム差はなかった模様。

120722oogawara_009.jpg

でも2000mを超える峠付近は冷たい雨が降っていて
下りは以上に寒かった。7月下旬だぞ!

1200623_24Inner-Low_2_124.jpg
 24日出発前、Sまかわさん別荘で記念撮影。
Sまかわさん、いろいろありがとうございました。

1200623_24Inner-Low_2_125.jpg
 今回標高2127mの麦草峠へは
このマーガレットの咲き誇る松原湖経由で。

ちなみにヤスさんはDNS。

1200623_24Inner-Low_2_050.jpg
 志賀坂峠を下ったらとりあえず
神流町のこのうどん屋で昼食。

1200623_24Inner-Low_009.jpg
 となりは恐竜?

1200623_24Inner-Low_010.jpg
 そして日航機で一躍有名になってしまった上野村へ。
ヤスさんまた中切れしてますけど大丈夫?

1200623_24Inner-Low_001.jpg
 西武秩父に9時の集合時間(出発9:30)に
道が混んでて間に合わず
7-8キロ進んだ地点で
チームに合流。
各人の荷物を車に積んで再出発!

完全に走り込み不足のヤスさん、早くもチギレ気味。

1200623_24Inner-Low_2_001.jpg
 コースは
1日目 秩父-志賀坂峠-十国峠-八ヶ岳嶋川さん別荘
2日目 別荘-麦草峠-中央線の適当な駅
と言うYくぼ隊長企画にしては比較的ぬるめ?
合計参加者数は8人。

1日目は5台での走行。

1200623_24Inner-Low_006.jpg
 最初の峠の志賀坂峠が始まる。
隊長ガンガン飛ばす。
このまま行ってしまうのか?
でもこの位置にとりあえず付く。

110703_001.jpg
 7/1のエコーライン開通を受けて
今シーズン乗鞍初登りにやってきました。
天気は薄曇り、山頂部は雲の中で見えない。

110703__002.jpg
 本日のメンバーは
熊チョイおやじ、Mずの選手、最近クライマーに変身?のペタッキ選手。
Mずの選手の独身貴族仕様。

110703__003.jpg
 そして大会の例年のスタート地点へ。

110622_001.jpg
 小諸の道の駅「みまき」に集合。
今日は二人ともカーボンホイールですな。
今回は登りが長いので
空気圧を高め(9.5気圧)で出発。

110622_002.jpg
 最初に目指す大河原峠は遥か彼方・・・。
気温も急上昇でかなり暑くなってきた。

110622_kuma003.jpg
 美笹湖から本格的なのぼりが始まる。
しばらくはやや急な直線登坂が続く。

出発は道の駅北信州やまのうち。
こんな遠くの超山岳コースは
当然誰も参加する人はいなくて
また熊チョイオヤジと刺し!

とりあえず志賀道路をモクモクと登る。
 100904_001.jpg


 100904_002.jpg
サルに熊チョイオヤジが怯んだ隙に
アタック!切り離し成功。
とりあえず
ベタっと8~10%の坂が続く志賀道路は
仮想ターンパイクに最適なので
自分のペースで登らせてもらうことにする。

100904_004.jpg
 冬場の難所の空中橋。
夏は絶好の展望台。

日曜の富士3本に続きやけくその?信州3本。

100724_001.jpg
 今回のメンバーは富士のメンバーに
月間2000キロ走るPンダーニ選手が参戦。

スタートしようとしたら何と熊チョイおやじの後輪がパンク。
すかさずMずの選手の超高級ホイールを
1日借りうけることにしてすぐホイール交換。
なんとカーボンホイールプラス34-27Tの
超えげつない仕様になってしまった。

道の駅みまきを予定通り7時に出て
クライマーのくせに仕事のストレス(本人談)からか
すっかり坂を登れなくなってしまった熊チョイおやじの
下らないアタックにいちいち反応して疲れて
小1時間、ようやく大河原峠の登り口。

100724_002.jpg
 今回は熊チョイおやじと一緒に上る。
Mずの選手とPダーニ選手はずっと先。

でも熊チョイおやじが絶対に前に出てくれないだけでなく
隙を見せるとアタックして蹴落とそうとする
意地の悪さまで見せたので
途中で見捨てることにする。

100724_003.jpg

別荘街でPダーニ選手に追いついたので
そのままアタックをかけて一気に引き離そうとしたら
想定の範囲内だったらしく
冷静に処理されてそのままアタックをつぶされた。
当然ここでTheEnd・・・。そのままPンダーニ選手に負けてしまった。
Mずの選手は当然のことながら余裕の勝利。
この後すべての頂上を余裕で1位通過。

100724_004.jpg
 凄い良い天気!

090812_012.jpg
 草木トンネル。
これは三遠南信自動車道の一部として自動車専用に
作られたがその後この先兵越直下の地質が悪く
当該道路は他の場所に通すことになり
この区間は放棄されるという税金の無駄遣いの
象徴のようなトンネル。

でもそのおかげで自転車も通れるようになって
兵越峠のアプローチが少し改善された。

090812_013.jpg
 増設されたトンネル内の歩道も広くて走りやすい。
しかも涼しい!

三遠南信の泊りがけツーリングにでたPaul君に
最初の1日だけお付き合い。
コースは天竜二俣から酷道といわれる国道152号を
北進してついでに下栗、しらびそ峠も登るというハード設定。

090812_EOS_016.jpg

とりあえず中部天竜で待ち合わせ。

090812_EOS_018.jpg
 9時半にC58やナハネ20、キハ20等が
保存されている天竜二俣駅を出発する。


 090812_002.jpg

天竜川に架かる国鉄二俣線未成区間のローゼ5連橋。

乗鞍前日。
途中であじゃ、まき組と合流。

07_001.jpg

合流後最初にしたことは
奈川渡ダムの見学会。
下から見るアーチ式としては
日本3位の高さの迫力に唖然。


 07_003.jpg


 試走は「坂ゆるいから」というあじゃさんの話を信じて
「あー野麦峠」へ。
でも全然ゆるくなく普通の峠道だった。
標高差は600m。。。
「ああ野麦峠まだですか?」
「ああ野麦峠じゃなくて、ただの野麦峠だよ」

でも頂上に行ってみたら
「ほら石碑もああ野麦峠って書いてある!」

でも調子はまずまず。
明日は頑張るぞ!

07071416_001.jpg

インテRが盗まれてから1ヶ月。
やっと保険もおりて
代わりの車が来た。

GOLF GTIのDSG。

DSGはトルコンと違い
さくさくと気持ちよく変速。
結構面白いかも。

インテRよりだいぶ小さくて
自転車2台積むときつきつ。

07071416_007.jpg
 2日目出発!

初日は雨なので
ほかのメンバーは走ったが
走らずにアウトレットモールへ。
新素材の薄手の
レインウエアを買った。

2日目は
富士見から大門街道で
白樺湖へ・・・ここだけ雨だった。

帰りは原村から美濃戸口へ

麦草峠

| コメント(0) | トラックバック(0)

050724.jpg

高校生だった頃に登ったときは
ここは国道最高地点だった。
その後志賀草津道路が国道に昇格して
渋峠にその座を奪われ
いまは国道で2番目に高いところになっている。

今回はずるをして小海リエックスの駐車場から
スタートした。
ここからだと標高差1500mにもなるこの峠も
標高差が800m弱の普通の峠になる・・・。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち信州カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは甲州です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。