GO-TOで北海道、ニセコ1周(9/5)

| コメント(0) | トラックバック(0)

200905ニセコ自転車006.jpg

Go-Toで何と2万でJAL往復

札幌ビジホ、レンタカー付!

1便がコロナ欠航なので2便で千歳へ。

大型機材のB777-200なので

嫌な予感していたのだが

やはりずるずる遅れて結局千歳へは30分近い遅着。

雨はやんでいるがこの通り

翼から水蒸気が思いっきり立ち上がる状態。

200905ニセコ自転車007.jpg

今日は日産レンタカー。

なんとノートだけどもe-powerだった。

しかも1800kmしか走っていないほぼ新車。

あまり本土からの観光客が少ないせいか

貸し出しもすごくスムーズで

予想していた10時には出発できた。

200905ニセコ自転車009.jpg

そして倶知安の二つ目の79615の前の

駐車場に車をデポさせてもらって

12:30に出発。

予報より天気ははるかに良く

晴れているどころか羊蹄山も山頂まで全部見えている。

(写真は撮り忘れた)

200905ニセコ自転車012.jpg

五色への登り口ですれ違った高校生と思わしき彼。

Uターンして追いかけてきて

6角貸してくださいと。

サドルの高さがどうしても気にくわなくてやめようと思っていたそうな。

サドル調整したらあっという間に先に行って消えてしまった。

200905ニセコ自転車013.jpg

今日は北海道にしては暑く

倶知安では30度を超えているくらい。

でもアンヌプリのふもとまで登ればもう涼しい。

200905ニセコ自転車014.jpg

反対側はアンヌプリとは対照的な荒々しい山容のイヲヌプリ

200905ニセコ自転車015.jpg

ニセコお花畑のピークは標高約770m。

下からは約600mで標高も標高差もヤビツと同じくらいだが

最初がダラダラなのでヤビツよりはるかに距離が長い。

ただ途中からは8%くらいの勾配が続く。

200905ニセコ自転車017.jpg

そして一旦200mほど下るのだが

ちょっと寒いがウィンドブレーカーを着るほどでもない。

200905ニセコ自転車018.jpg

湯元温泉まで下ってすぐ折り返して

パノラマラインをさらに上る。

200905ニセコ自転車019.jpg

指が入ってしまっているが

チセヌプリの登山道があるこのニセコパノラマラインの

最高地点が本日のチマコッピ。標高約820m。

200905ニセコ自転車020.jpg

パノラマラインのワインディングはとても開放感あふれる

楽しい下りのはずなのだが

残念ながらガスがかかってしまって景色は見れなかった。

神仙沼レストハウスでちょっと休憩。

200905ニセコ自転車021.jpg

北海道限定コアップガラナ飲んで生き返る?

200905ニセコ自転車023.jpg

そしてパノラマラインをずっと下っていると

岩内まで行ってしまうので

途中で左折して新見峠へ上り返す。

200905ニセコ自転車026.jpg

来シーズン以降大規模開発が噂される

ニセコモイワスキー場下の甘露名水で

ボトルの水を補給。

200905ニセコ自転車030.jpg

アンヌプリゴンドラまで登ってみた。

200905ニセコ自転車031.jpg

ひらふ坂も登ってみる。

ずっと9%勾配が続き意外にきつい。

200905ニセコ自転車032.jpg

ニセコアルペンまで登った。

ニセコスコットの跡地にはSKYNISEKOとかいう

私には縁のなさそうな超高級コンドミニアムが

オープンしていた。

200905ニセコ自転車033.jpg

ひらふゴンドラにも来てみた。

ゴンドラ下の駐車場は夏はテニスコートであった。

200905ニセコ自転車034.jpg

振り返る。

夕方になって残念ながら羊蹄山は下半分を残して

雲の中に隠れてしまった。

あとは倶知安市街まで下っておしまい。

今日は天気予報よりはるかに天気が良くてラッキー!

走行距離 78km

獲得標高 1600m

さすがに距離の割には結構がっつり上った。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2554

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11