丹沢の最近のブログ記事

211014ヤビツ001.jpg

月例化してきた月例午後サボルデリでロマンスカーヤビツ

今回も数少ない秦野停車のはこね19号で。

211014ヤビツ002.jpg

実は10分くらいの前の急行新松田行きに乗れば

追い抜きが秦野なので秦野まで抜かれることはないが

まあ安全に自転車が運べるということで

210914ロマンスカーヤビツ001.jpg

久しぶりの午後サボルデリでロマンスカーヤビツ
13時新宿発のはこね19号で秦野へ。

本厚木辺りで雨降ってきてどうしようかと思ったが

とりあえず秦野で降りて

自転車を組み立てているうちに雨は上がった。

雨雲レーダーを見る限り2時間ほどは持ちそうである。

210914ロマンスカーヤビツ002.jpg

最近のいつも通り秦野駅から1時間くらいかけてヤビツ峠。

路面は終始セミウエットみたいな感じだで

山頂付近はこのようにガスっていたが

とりあえず天気は持った。

気温は17度くらいでかなり肌寒い。

下ってすぐにまた小雨が降ってきて

雨雲レーダー見ても

もう止む感じではないので

再び秦野駅まで走って今日はお終い。

走行距離 27km

獲得標高 630m

210905小倉橋裏和田ツーリング005.jpg

9/7に撤去されることになっている

東京五輪のロードの垂れ幕を見に小倉橋へ行ってきた。

ここのところ梅雨のような天気が続き

なかなか行けなかったのだが

ようやく見ることができた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

210905小倉橋裏和田ツーリング001.jpg

朝雨が降っていて無理かと思ったが

間もなく止んで道路が乾いてきた10時半過ぎに出発。

まずは土山峠を越えて宮ケ瀬湖へ。

秋の台風シーズン前で貯水量は少ない。

210905小倉橋裏和田ツーリング002.jpg

そして根小屋経由で小倉橋へ。

天気によってはここで折り返すことも考えていたが

1日持ちそうなので先に進むことにする。

210731ヤビツ裏開通006.jpg

今日はいきなりヤビツの看板から。

今日は12時に家を出る。

朝早く出て帰りが炎天下か

このように午後に出ていきだけ我慢するかどっちもどっち?

210731ヤビツ裏開通007.jpg

酷暑の中でも表ヤビツも蓑毛から上は基本日陰で

このように峠で22度代(ガーミン)で涼しいのだが
コロナワクチン接種の副作用のためか

謎の倦怠感で力が入らずずっとインナローでの登坂だった。

210731ヤビツ裏開通009.jpg

30日の午後からなんと裏ヤビツが開通している。

札掛の厳重なバリケードも

2019年の10月の台風19号の被害以来

2年ぶりに撤去された。

その時も1年近く普通だったのが開通した直後だった。

210718ヤビツ002.jpg

金曜日に関東地方も梅雨明けして

空の色も「夏!」と言った感じに。

でもやっぱり暑くて

行きでがガーミン読みで34度を超えていた。

210718ヤビツ003.jpg

秦野の盆地の俯瞰に新たに新東名の

大きな1本線が加わって

ここ数年で印象がだいぶ変わった。

210514ロマンスカーヤビツ003.jpg

5月も中旬になり

代々木公園のバラ園のバラも満開。

210514ロマンスカーヤビツ006.jpg

と言うことではこね19号で秦野駅。

今日は暖かいを通り越して暑い!

気温も28度を示している。

210502ヤビツ001.jpg

今日は神奈川県は雷雨の可能性は低いみたいなので

ステイホームに飽きた午後から出発。

自粛する人が多いのかGWとは思えない道の空きようで

すいすい丹沢へ。

210502ヤビツ003.jpg

前回は桜の季節だったが

今季は季節がちょっと飛んで(2か月開いた)

つつじ満開の季節。

210314ヤビツ002.jpg

苗場は雨予報だったのでお休みにした週末。

天気が回復した14日日曜日は

2か月ぶりなヤビツへ。

昼間は非常に暖かく

麓ではガーミンによると20度近い。

今日は新道を通り大山新道のおかめ桜経由で。

大山をバックに1枚。

ここは若木が多く当然木も小ぶり。

210314ヤビツ004.jpg

菜の花台から富士山。

今年は雪が少ない日が続いていたが

ここ1か月くらいの周期的な雨で

大分冠雪量が増えてきた。

210212曽我梅林サイクリング005.jpg

今日ははこね19号から秦野で急行新松田行きに乗り換え。

210212曽我梅林サイクリング008.jpg

新松田ですぐに自転車を組み立て

まずは県道沿いからもよく見れる中河原地区。

残念ながら今年の梅まつりは大幅縮小で

登りなどの雰囲気を盛り上げる演出はほとんどない。

まだこの辺はピークには少し早いかなと言った感じで

全く咲いていない木も多くみられる。

210114ヤビツ001.jpg

2021発の午後サボルデリでロマンスカーヤビツ。

いつもの秦野停車のはこね19号。

210114ヤビツ003.jpg

火曜日の雪が心配だったが

車窓から見る限り大山には雪が残っていない。

DSC_3187.jpg

定例の午後サボルデリでロマンスカーヤビツも

いよいよ12月に。

れいのGOTO停止発表の直前だったので

はこね19号もだいぶ空席が減ってきた印象であった。

DSC_3188.jpg

いつも通り秦野駅を14時過ぎに出発。

紅葉もだいぶ山を下りてきて

中心は蓑毛より下になる。

蓑毛中の水車のところ。

201123ヤビツ001.jpg

ここ最近コロナサンデードライバーのため

週末は異常な渋滞で県西へ向かう道は

ずっと渋滞すり抜けで本当に嫌になっていたのだが

今日はgoto見直しのためなのか

ガラガラで久しぶりに走りやすい。

201123ヤビツ002.jpg

北東気流が入っているようで

天気予報ほど天気は良くない。

201123ヤビツ003.jpg

浅間山林道は今日はゲートが空いていて

結構一般車と思われる車も走っていた。

紅葉はほぼ終わりかけだが

下のほうはまだまだいける。

201112午後ロマンスカーヤビツ006.jpg

最近ヤビツには会社から直行しかしなくなってきたということで

やはり秦野停車のはこね19号。

201112午後ロマンスカーヤビツ007.jpg

平日昼間のロマンスカーはなかなか乗客数の

回復がしなくていまだこんな状態。

ついに車販もなくなってしまった。

大昔はロマンスカーと言えば

「走る喫茶室」でシートサービスが売りだったが

それも21世紀になってなくなり

今度はついにワゴンサービスまで消えてしまって・・もはや。

しかも、このままではもしかしたら減便もありうるか?

そうすると噂になりつつあるあの車両の早期引退も?

201014午後ヤビツ001.jpg

定例化しつつある午後ロマンスカーでヤビツ。

はこね19号で秦野へ。

201014午後ヤビツ004.jpg

そしていきなり場面は

例のレストハウスの工事も本格化してきたヤビツ。

湿度も高く意外に登りは快適な気温ではない。

ロータリーの島もほじくり返していたから

ロータリー自体も大きく変わるのか?

201014午後ヤビツ005.jpg

バス停裏の木も伐採されている。

201011不動尻裏ヤビツ001.jpg

道路が乾くのを待ってから午前遅く出発して

そのままヤビツ行こうかと思っていたが台風の吹き返しの

北風が強く上っていても向かい風で楽しくなさそうなので

急遽コース変更で広沢寺温泉へ

しばらくは鐘ヶ岳を正面に見ながら緩く上る。

201011不動尻裏ヤビツ002.jpg

広沢寺温泉を過ぎるとコンクリ舗装になり

針葉樹の森の中の激坂となる。

15%とか時には20%以上も

201011不動尻裏ヤビツ004.jpg

ゲートを過ぎて鐘ヶ岳登山口と山の神トンネル。

トンネル内は真っ暗なのでライトは必携。

201003日向薬師妻クリング001.jpg

明日の箱根の使用自転車の試運転もかねて妻クリング。

昨日偵察してきた日向薬師へ。

新東名の厚木から暫定開業の伊勢原大山ICへ。

246や混雑気味の伊勢原市内をパスできて結構有用。

201003日向薬師妻クリング003.jpg

伊勢原運動公園に車を置いて日向薬師方面へ。

これは彼岸花ではなくてサルビア。

201003日向薬師妻クリング006.jpg

今日は群生地を少し回ってみた。

日向病院そばの群生地。

201003日向薬師妻クリング009.jpg

ここは結構大規模に咲いている。

201002午後ヤビツ005.jpg

週末の箱根HCもあるし

今年はレーススピードで全く走っていないので

ちょっと調整を兼ねて午後からヤビツへ。

いつも通りはこね19号で秦野駅。

201002午後ヤビツ006.jpg

といっても会社に持っていくかばんを持ったままなので

中間から少し上げた程度でヤビツ峠。

看板後ろの気がなくなったのは

ヤビツ茶屋の工事の資材置き場の関係だったようだ。

もしかしたら工事終わったら

再び再植樹されるのかもしれない。

200914午後サボルデリヤビツ003.jpg

ここのところ月一で恒例の

午後からロマンスカーでヤビツ。

はこね19号で秦野に14時前に到着。

クリップボード01.jpg

すぐに走り出す。

今日は気温が結構低くて走りやすいはずなのだが

湿度がそこそこあり汗は結構出る。

例のMAVICコスミックカーボンUSTであるが

ソフトなGIANTのタイヤも相まって

かなりシルキー、悪く言えばまったりのフィーリング。

峠でダンシングした時などや加速したい時など

もう少しパロっとした感じが欲しいと思うときもあるが

今日のようにカバンをもって

のんびりツーリングの時には

ゴツゴツ感も少なく悪くはない。

ただ25Cのタイヤを履いて

実測27.5mmくらいの幅があったので

この自転車だとクリアランスは結構ギリギリ。

200914午後サボルデリヤビツ004.jpg

まず表を1本。

最初はちょっと頑張ってみたが

すぐにカバンの重さもああって

すぐにツーリングペースに戻る。

200829大山30ヤビツ061.jpg

今年は梅雨明けが遅かったのにその後

猛烈な暑さが続いていて

峠を上るなら早朝か夕方しか考えられない。

今年は朝8時ごろから軽く30度を超える感じなので

お昼過ぎに家を出て平地は暑いがちんたら走って抜けて

夕方になってヤビツにとりつこうと考え。

この鳥居の場所で2時過ぎで上るにはちょっと暑い。

ただこの先の秘密の林道はずっと木陰で

かなり涼しい道で助かる。

200829大山30ヤビツ063.jpg

山道は14時を過ぎると急に涼しくなり始める。

蓑毛ではすでに30度を下回り

比較的ましな気温で表ヤビツを上る。

そして突然看板のところの木が伐採された峠へ到着。

200823ヤビツ011.jpg

天気が午後からよくなりそうだったので

昼過ぎまで待ってたら

午後になってまた雷雲があちこち湧いてきた。

ただ246方面だけは何故か雲がなかったので

最悪輪行でも良いやと思いいて出発してみる。

本当に雷雲の隙間を走ったみたいで雨に降られることなく

善波峠を越えた。

200823ヤビツ013.jpg

なんと晴れ間も出てきて大山も全貌が見えてきた。

200813サボルデリヤビツ001.jpg

ほぼ毎日の酷使ですっかりボロボロで

生地もスケスケになってしまった輪行袋を買い替えた。

同じロード220で限定のブラック。

200813サボルデリヤビツ002.jpg

恒例の午後サボルデリ、ロマンスカーでヤビツ。

秦野に停まる新宿13時発のはこね19号。

200813サボルデリヤビツ006.jpg

秦野を14時過ぎに出発。

早速ヤビツへ向かうのだが

1日でも一番暑い時間帯。

蓑毛の直線坂では直射日光もあってこんな温度。

さすがに蓑毛でちょっと休憩した。

200719ヤビツ001.jpg

雨かと思ったら朝から晴れ間ものぞく様な天気だったので

昼過ぎに慌てて出発。

ただ丹沢方面は雲が厚く

ここから大山方面は全く見えない。

200719ヤビツ002.jpg

千人隠れ付近からガスが出始め

ヤビツ峠はすっぽり濃霧の中。

先週よりは頑張って登った。

200714サボルデリヤビツ001.jpg

毎月恒例の午後サボルデリでロマンスカーヤビツ。

定番の秦野に停まる数少ないロマンスカーのはこね19号

200714サボルデリヤビツ002.jpg

相変わらず車内はガラガラ。

200712ヤビツ003.jpg

梅雨の合間の晴れを使って丹沢方面へ。

とりあえず道路が乾くの待ってからの出発。

しかし平野部ではガーミンも32、3℃を示していて

当然湿度も高く山に入る前に完全にたれた。

登りに入っても異常に調子悪く

今日は本当は少し遠くまで行きたかったがあきらめた。

ただ大山方面は結構黒い雲。

200712ヤビツ004.jpg

浅間山林道(一般車通行可能部分)の砂防ダムのところで

路肩が完全に落っこちていて

一応全面通行止めになっています。

一応・・・軽トラとか山菜目当ての車とか普通に入っている。

200627ヤビツ001.jpg

完全自粛解除後初のヤビツ方面。

(先週は北海道ツーリング)

予報より天気は良くなくどんよりとした雲。

またかなり蒸し暑い。

200627ヤビツ002.jpg

と言っても今日は午後からの出発なので

峠を上るころには大分涼しくなり始めていた。

今までより多少ペースを戻しつつ

と言っても蓑毛から30分くらい。

とりあえず急いで下って日没前に帰宅。

走行距離 93km

獲得標高 1200m

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち丹沢カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは東北です。

次のカテゴリは湘南、三浦です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。