2018マウンテンサイクリング乗鞍(8/26)

| コメント(0) | トラックバック(0)

18082501.jpg

今年もいよいよやってきた乗鞍。

今回はV2-R投入とリア30Tで!

18082502.jpg

前日25日朝5時に家を出て渋滞にはまることなく

9時前には乗鞍観光センターに到着。

今回は高所順応も兼ねて乗鞍岳へ登ろうと

9時のバスに乗り込む。
観光センター前は小雨だが

畳平は大荒れだそうだ。

18082503.jpg

畳平について合羽を着て鶴ヶ池のお花畑方面へ。

もうここですでに傘はさすことができない風。

視界もこんな感じ。

18082504.jpg

1時間ほどで山頂の鳥居が見えてきた。

ただ天候は回復せず

暴風雨のまま。

18082505.jpg

乗鞍岳山頂。写真でもわかるほどの横殴りの暴風雨。

すぐに引き返す。

18082506.jpg

写真では非常にわかりにくいがライチョウ。

12:05の下山バスですぐに下山。

18082507.jpg

観光センターに着くとすでに会場は賑やかに。

ワコーズ洗車サービスブースではYくぼ隊長が。

ここでは雨も時折ぱらつく程度まで回復している。

--------------当日----------------------

18082601.jpg

当日朝。見事に晴れた!

18082602.jpg

Inner-Lowも出場を続けているのはこの3人だけになってしまった。

18082603.jpg

7時、チャンピオンクラスのスタートで2018の乗鞍は幕を開ける。

18082605.jpg

そしてレース終了。

30Tで予定通り序盤はゆっくり目で

3本滝から先のヘアピンはシッティングでペース走、

の作戦で走ったのだが

何故かタイムは全く上がらず

1時間33分で断トツの過去最低タイムになってしまった。

去年からは6分落ち、PBからは17分落ち。

やはりある程度思いギアのほうが自分には良い気がする。

18082606.jpg

そしてすぐに下る。

今回8時から9:30くらいに3本滝とスタートの中間を

通過した人が大量に蜂に刺される被害が出たそうだが

Inner-Lowと多摩なメンバーはそれより前の通過だったので

誰も被害にあわず。

ちなみにゴール地点はこの時点で18度くらい。

日差しもあり思ったより暖かい。

180826072.jpg

11時過ぎからは反省練で

奈川に車を止めて野麦峠へ。

峠のあゝ野麦峠の石碑から乗鞍を望む。

ちなみに首都圏で35度近くなったこの日

11時過ぎに下の奈川で28度。

12時時点で野麦峠21度。

やはり飛騨は涼しい。

18082608.jpg

お助け茶屋。

今回結構調子よく野麦峠まで行けたと思ったのだが

タイムを見ると結構大変だった去年のタイムより

すべての区間で悪い。

やはり30Tは楽になっただけでタイムには逆効果だったようだ。

18082609.jpg

帰りは松本までのだらだら走行もつまらないので

奈川から境峠-木祖村-権兵衛トンネルと越えて

目の前に仙丈と甲斐駒がそびえる伊那に出て帰った。

奈川も木曽も30度以下に気温なのに

標高の大して変わらない伊那谷は酷暑で33度だった。

ちなみに甲府南のあたりは38.5℃を示していた。

今回30Tが裏目だったのか暴風雨の高所順応作戦がだめだったのか

タイムは過去最低だった。

もう少し30Tで練習してみて箱根でリベンジだ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2455

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2018年8月27日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知多イチ(ハーフ? 8/20)」です。

次のブログ記事は「自転車ツーリングレポート(保存版)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。