2019マウンテンサイクリング乗鞍(8/25)

| コメント(0) | トラックバック(0)

190825乗鞍HC009.jpg

今年もいよいよやってきた乗鞍。

ツーリングなどそこそこ距離は走っているものの

全然スピードの練習はしてないので大崩の予感。

いつも通り松本ICから158号の新村交差点渋滞を避けて

新村駅前に出る抜け道を。

図書室として役割を解かれた元東急5000系は

だいぶくたびれてきて今後が心配。

190825乗鞍HC014.jpg

凸型ELとダルマの木造貨車も健在。

そして前日の受付会場へ。

190825乗鞍HC026.jpg

今年は補給食にこれ使ってみる。

試合当日はあまり補給する時間がなかったが

反省練で使ってみたところ

さすがにいっぺんに食べるのは不可能だが

高カロリーだしちょびっとずつ補給するのは悪くないかと

190825乗鞍HC032.jpg

ボトルには水派なのだが

今回メイタン本舗の?Sports麦茶を使ってみた。

塩分が入ってると思われ少ししょっぱい麦茶。

これはHCと言えどもペースが乱れた時に

一口飲むと水と違い少し円分の味がするので

頭がすっきりし冷静になれてペースが戻せるという

副次効果もあって結構良かった。

190825乗鞍HC033.jpg

そして当日朝。

宿から会場までは新しくキャンプ場になった

廃ゲレンデ(旧猪谷スキー場)経由で登る。

山頂付近は雲がかかっているが間もなく晴れるでしょう。

気温は相変わらず10度ちょっとで寒い。

190825乗鞍HC035.jpg

アルペンホルンの演奏で開幕!

190825乗鞍HC036.jpg

続々と選手が集合

190825乗鞍HC037.jpg

チームInner-Lowも勢揃い。

190825乗鞍HC039.jpg

そしてスタート。

今回は並びがこんな後ろになってしまったので

自分のペースで走れるところまで抜け出すのに

時間がかかってだいぶタイムロスしてしまった。

190825乗鞍HC040.jpg

Sports麦茶の効果もあってか?

全然だった準備の割には以外に集中して走れて

ラスト5キロくらいまではまあまあうまく走れた。

最終的に最後は完全に流しになったので

タイムは1時間32分台で去年よりはましかなと

いったところになったのだが。

190825乗鞍HC042.jpg

Inner-Low全員完走。

みんな数年前までは1時間20分切りで走っていたのに

もうみんな1時間30分を切る者はいなくなった。

190825乗鞍HC046.jpg

今年は大雪渓はもう最上段の左翼部だけしか残っていない。

昨日の妙高レーシングの滑った跡があるが

40度近い斜面でもう慣れていない人間では滑れない。

今年はもしかしたら雪渓は消えるかもしれない。

ということで今年乗鞍はお終い。

チームInner-lowとしては

やはり昔のタイムの面影を追うのは無駄なので

現実的に1時間30分あたりを目標に練習方法など練り直そうということで

190825乗鞍HC050.jpg

誰も付き合ってくれないレース後の反省練は

恒例のあゝ野麦峠。

往復30キロちょっとで獲得標高は600m位。

190825乗鞍HC053.jpg

あゝ野麦峠の像。これは大竹しのぶの政井みねか?

政井みねはここで

「ああなつかしい飛騨が見える」と言って亡くなったとあるが

今の野麦峠からはどこをどうやっても飛騨は見えない。

ということで相変わらず夏休み最後の週末で

事故渋滞だらけの中央道で帰る。

今回前日の出店や大会などもさすがにマンネリ化は激しく

出場者も赤城などに比べて異常に中高年ばかりで

そろそろ開催日にちなども含めて

大きくリニューアルしたほうが良いのではと思われるところもあった。

まあ年に一度の乗鞍で楽しかったのではあるが・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2504

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年8月26日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久々の熊チョイ企画(榛名、二度上峠 8/11)」です。

次のブログ記事は「2019 九州山岳キャンプツーリング1日目(9/14)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。