松本から乗鞍と安房峠(8/4)

| コメント(0) | トラックバック(0)

180804001.jpg

早朝からまさかの線路内立ち入りがあり

予定の新宿7:00発Sあずさ1号には乗れずに

後続の7:18発臨時あずさ51号で松本へ向かう。

180804002.jpg

Sあずさより臨時あずさが遅いのもあり

松本出発は予定よりも40分遅れで。

松本も気温は朝から高いものの

山から吹いてくる風は涼しく思ったより走りやすい。

180804004.jpg

新島々の駅で輪行袋や帰りの服などの荷物を

コインロッカーに入れる。

180804007.jpg

安曇3連アーチダムのラスボスの奈川渡ダムが見えてきた。

この辺から登りが本格的になってくる。

長いトンネルも多いが中は涼しくて帰って快適?

180804010.jpg

いつも乗鞍HCのときにお世話になっているやまに荘通過。

180804011.jpg

乗鞍岳の全容も見えてきた。

180804013.jpg

13:00頃やっと乗鞍観光センター着。

180804012.jpg

急いで昼食。通常盛りの三本滝。

ここまで40分遅れはそのまま継続中。

180804014.jpg

そして畳平へHC。

乗鞍高原まですでに獲得標高900m。

空気が薄いのもあってあまりペースは上がらず

ガンガン抜かれる。

180804015.jpg

位ヶ原山荘。標高2500m超。

この辺になってくるともう170Wそこそこ。

180804016.jpg

大雪渓。あともう少し。

今年は例年より多少残雪が多く

下部雪渓でもこぶが2レーン。

180804017.jpg

15:00頃ようやく2700mのピークの畳平に到着。

去年より遅い1時間48分。

去年より高度順応が出来ていないのでこんなものか?

180804018.jpg

去年同様、乗鞍スカイラインで下る。

穂高連峰がかすみながらかろうじて見える。

180804019.jpg

平湯峠を経て平湯温泉。

ここから7.5kmで530mUPの安房峠へ。

180804020.jpg

安房峠の飛騨側は大九十九折りの信州側ほどではないが

中盤連続9から10%の勾配が続き意外に侮れないが

帰りの電車もあるのでのんびりもしていられなく

少々頑張って(200wキープ)で16:50に

穂高連峰を正面に見るピークへ。

これで去年より10分ほど短縮して30分遅れ。

180804021.jpg

そして安房峠からスーパー九十九折を慎重に下って

沢渡、奈川渡、稲核とどんどん下って

17:50に新島々到着。

下りだけで30分取り戻す。

180804022.jpg

そして無事アルピコに乗って松本へ。

ただ松本ぼんぼんの日であったため

電車はかなり混雑していた。

180804023.jpg

アルピコの各駅ではぼんぼんの団扇を配っていた。

そして無事19:21発のあずさ34号で帰宅。

ちなみにガーミンデータが変になっていて

走行距離6000kmとかになっていた。

走行距離 126km

獲得標高 2800m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2451

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2018年8月 6日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2018北海道キャンプツーリングまとめ(7/20-24)」です。

次のブログ記事は「小田原へ妻クリング(8/18)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。