三陸宮古から妻クリング(1日目 9/26)

| コメント(0) | トラックバック(0)

200926三陸妻クリング001.jpg

時々雨の降るなかはやぶさ1号で盛岡へ。

台風崩れの低気圧が日本中天気を悪くしているようで

行程がちょっと不安。

200926三陸妻クリング002.jpg

盛岡からリゾートあすなろを使った

快速三陸トレインみやこに乗る。

200926三陸妻クリング006.jpg

展望の抜群なリゾートあすなろで

席は前から2列目で前面展望も最高なのだが

何せ山田線(旧 山区間、海区間は今は三陸鉄道)は

ずっと森の中で大した展望もなく少々残念。

200926三陸妻クリング008.jpg

2時間ばっちり乗ってやっと宮古に到着。

三陸鉄道の車両が出迎える。

三陸は新幹線を降りてからが遠い。

200926三陸妻クリング009.jpg

朝だけ雨でのち曇りの予報が外れて

昼前なのに雨が降っている。

200926三陸妻クリング011.jpg

小雨なので間もなくやむだろうと

近くの宮古魚菜市場と言うところで昼ご飯。

200926三陸妻クリング084.jpg

1時くらいまで待ったが止まないので(予報は曇り)

カッパを着て浄土ヶ浜へ向かう。

台風余波で海は大荒れ

駐車場から浄土ヶ浜に向かう遊歩道(バスは通る)は

この通りもろに波をかぶっている。

道路の水は雨ではなくて海水。

自転車に悪そう、しかも結構怖い。

通れるのが不思議。

200926三陸妻クリング018.jpg
浄土ヶ浜も全然浄土じゃない!

看板は気を付けていないと

頭から波をかぶるくらい。

ここからさらに県道に戻る道は道路崩落で

通れないらしいので駐車場へ戻る。

200926三陸妻クリング085.jpg

姉ヶ崎方面へ向かい中の浜方面へ行こうとしたら

車両通行止めでとりあえず戻るには遠回り過ぎるので

行ってみたらこんな感じでかなり土砂が崩れている。

幸い路盤は崩落していないので

自転車を押して超えてみる。

200926三陸妻クリング086.jpg

土砂崩れを超えたと思ったら

今度は道が真ん中で割れていて思いっきり水が流れている。

慎重にここをクリア。

通行不能区間は長くても200mくらいか。

200926三陸妻クリング022.jpg

そして中の浜の震災メモリアルパークなっているキャンプ場の跡。

津波をかぶったトイレ棟。

外壁と屋根はなぜか残ったが

中の壁は軒並みなくなっていたりする。

200926三陸妻クリング021.jpg

炊事棟、ここは上屋が完全になくなって

コンクリの流しなども破壊されて鉄筋がのたうち回っている。

津波の破壊力を見せつけられる。

ここからしばらく登って国道45号へ出て

しばらくトンネルが続く峠道を走る。

ただ道は広く、交通量は高速無料の威力か極端に少ないので

思ったより走りやすい。

200926三陸妻クリング023.jpg

峠を下って田老。

これも震災メモリアルとなっているたろう観光ホテル。

結局雨は小やみになったり多少降ってきたりで

止まないのでこの後国道を走って

予定ルートを短縮することにする。

200926三陸妻クリング025.jpg

そして暗くなり前に無事に

グリーンピア三陸宮古に到着。

まずは温泉入ってそのあとは

この目梶木の刺身から。

本日の走行距離 39km

獲得標高 450m

明日に続く。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2560

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11