三河湾堤防ポタリング (11/6)

| コメント(0) | トラックバック(0)

191105三河湾ツーリング039.jpg

名古屋からの帰り、夕方ちょっとだけツーリング。

まずJR新快速で蒲郡へ。

必要のない荷物は駅のコインロッカーへ入れて

廃線の噂される名鉄蒲郡線へ。

191105三河湾ツーリング057.jpg

風光明媚な車窓の蒲郡線。

速度は意外と速く時速85キロで突き進む。

普通は名古屋から吉良吉田行きの急行に乗るのだろうが

折角なのでこの路線に乗車、詳しくは

鉄道blogへ

191105三河湾ツーリング068.jpg

30分ほどで吉良吉田駅へ。

乗り換え通路の先には西尾線急行名古屋行が待っているが

チャンとここで降りて自転車を組み立てる。

すでに15時を回っていて

日の短いこの時期走れる時間もあとわずか。

191105三河湾ツーリング073.jpg

吉良吉田の駅をぐるっと回り込んで

矢崎川を渡る。

奥には蒲郡線の鉄橋。

そのまま河口まで川沿いに走って

蒲郡線の踏切を渡る。

191105三河湾ツーリング075.jpg

三河湾(渥美湾)に出たら

後はできるだけ忠実に堤防の上を走るだけ。

これから先のルートがずっと見え隠れしている。

191105三河湾ツーリング076.jpg

何度も岬-砂浜-漁港といったループが繰り返される。

今日は30キロくらいしか走らない予定なのでのんびり。

時々堤防が行き止まりになったりで多少うろうろと。

191105三河湾ツーリング078.jpg

途中蒲郡線の踏切を渡ったり。

191105三河湾ツーリング079.jpg

西浦温泉に差し掛かると今行程唯一と言って良い登りが始まる。

今日走ったコースが一望できる。

191105三河湾ツーリング080.jpg

標高差50m少々の上り坂。

毘沙門坂という名前が付いているようだ。

191105三河湾ツーリング081.jpg

温泉ホテル街を縫うように上るこの坂、

短いが斜度的にはかなり手ごわい。

191105三河湾ツーリング082.jpg

この辺が頂上か?

ここからコンクリ舗装の急坂でまた下る。

191105三河湾ツーリング083.jpg

こちら側は布袋坂と書いてある。

191105三河湾ツーリング084.jpg

夕焼けの中を走る。

もうすぐ日暮れ。

191105三河湾ツーリング086.jpg

形原漁港大橋(ブルーブリッジ)を渡る。

蒲郡市街や三河湾一帯が一望できる気持ち良い橋。

191105三河湾ツーリング094.jpg

最後の鉄分補給。
蒲郡博物館のD51201号。

梅小路の200号機の僚友だったカマ。

蒲郡博物館は17:00で閉館しているが

このように後ろのオハフ332424と一緒に

外からも見ることができる。

191105三河湾ツーリング096.jpg

そして無事蒲郡駅に到着。

コインロッカーの荷物を取り出して

特別快速で豊橋経由で新幹線で帰る。

191105三河湾ツーリング098.jpg

もちろんこのアイスは必需品?

走行距離 32km

獲得標高 130m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2516

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年11月 8日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知多半島半周ツーリング(11/5)」です。

次のブログ記事は「ヤビツへ・・・・行けず(11/9)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。