19111021号模型002.jpg

ワールド工芸から160形蒸気(A7)のキットが出た。

11/1発売予定だったがちょっとフライング気味に到着。

下二つのネルソンの積キットは今回は見ないふり。

19111021号模型003.jpg

中を開けてみるとさすが日本の鉄道黎明期のカマだけあって

かなり小さくビビる。

160形と言うと初期型4両とか明治村にある名鉄12号機とか

色々とバリ展も考えうるので

今回は説明書通り21号機の明治中期の姿ということで作成予定。

191105三河湾ツーリング039.jpg

自治体による補助金が切れる2020年以降

存続が危惧される名鉄蒲郡線に乗ってきた。

manaca非対応でしかも有人改札の名鉄蒲郡駅。

やはり思い切り昭和レトロ感が漂う。

191105三河湾ツーリング040.jpg

名鉄蒲郡-蒲郡競艇場前は不似合いな高架線になっている。

折り返しの吉良吉田行きがやってきた。

普段はワンマン対応化された6000系3本での運用だが

今日は6800系が代走している。

したがって珍しく車掌が乗務する。

191105三河湾ツーリング042.jpg

平日日中ということもあるのか

予想通り車内はガラガラ。

2両編成で乗客は全部で3,4組。

191027ほぼ戦前だけの鉄道模型006.jpg

第2弾の戦前仕様の車輛のみの走行会。

今回は田端の「ほぼ国鉄時代のジオラマ」さんで開演。

いろいろ紆余曲折会会ったものの

揃ったメンバーはちょうど定員の6名。

191027ほぼ戦前だけの鉄道模型003.jpg

何故か(コリン堂さんの影響?)今回は省線電車率高し!

ほぼ国鉄時代のジオラマさんはコンパクトながらも

非常に良い雰囲気のレイアウトで

今回はほぼ省線時代のレイアウトといった雰囲気に。

左のEF53+富士と32系電車は私の持ち込み作品。

191027ほぼ戦前だけの鉄道模型004.jpg

奥は私の32系スカ線。見えているのはモハユニ30.

手前2編成はこりん堂さんのデハ63100系等。

191006モハ32スカ線001.jpg

未だに手に入っていない車種(クハなど)もあるし

車内などもこれから作成したいところだが

この辺で一旦完成と言うことにする。

写真後ろは元鉄コレの飯田線仕様。

191006モハ32スカ線004.jpg

ちなみに一応昭和5年製と6年製は分けてあるが

ナンバーは実車に基づいたものではなく適当に附番した。

まずは付属編成上り向きの昭和5年製モハ32.

キッチンのキットを小改造して戦前仕様にしている。

これのみ屋根上ライト、密着連結器の昭和10年代の姿。

あと3列ベンチレーター更新車にしている。

ベンチレーターの色分けは

実物写真などでは屋根とほぼ同じ色だったり明るかったり

色々だがこの車両だけ屋根と塗り分けてねずみ色1号にしてあるが

この時代の屋根上機器などはこの色なのかは不明。

191006モハ32スカ線005.jpg

付属編成2両目は(3両目のクハ47は欠)

昭和6年製のサロハ46.

これもキッチンのキットで

仕様も連結位置も初期も昭和一桁時代のもの。

191003スカ線32系017.jpg

ひとまず仮完成。

191003スカ線32系015.jpg

一部まだない車両もあるが

とりあえず出来た車両だけでそれなりの編成が組めるようになったので

電飾に入る。

室内灯のテープLEDとヘッドライトと尾灯のチップLEDを

こんな感じにチップダイオード、抵抗などの基板と繋ぐ。

191003スカ線32系019.jpg

何気に1005チップLEDへの配線の半田付けがつらい。

両面テープで留めて

半田を端子にちょっと盛って

それから0.1んぼ被覆線を付ける。

190924スカ線32系001.jpg

ほぼ死蔵状態だったRLFのモハ32。

戦前仕様の前面もくっついているので

例の戦前型省電の影響も受けていたので

資料を適当に集めつつ作成することにした。

190924スカ線32系003.jpg

ちょうど種車のGMのサハ48、45キットも再生産直後なので

簡単に手に入りまずはチャチャッと組み立て。

キットは2段雨樋や特徴的な丸管の縦トイなども

あっさり省略されているがとりあえず素のママ組み立て。

190816JAM001.jpg

今年もビックサイトのJAMに行ってきました。

初日の金曜の午後からの参戦。

190816JAM062.jpg

土日は熱気にあふれかえる会場だが

今日は平日なのでかなりすいている。

しかも皆様コミケ疲れもあるのか?

開場は両端が販売店などのブース

真ん中部分が各クラブのレイアウト展示となっている。

これで半分も映っていない。

早速

190816JAM002.jpg

おなじみアメリカ西部劇ウエスタン風レイアウトのFWH鉄道。

長大なワンマイルトレインがゆっくりと走り抜ける。

機関車もガラットマレーの化け物機。

190816JAM004.jpg

今年は流行なのか雪のモジュールが目立った。

これはJ-TRACKの1モジュール。

190810戦前車両走行会010.jpg

鉄道開業から戦前までの車輛のみを走らせようという走行会。

Nゲージでは本邦初ではないかと?

当鉄道からは

特急富士、燕の戦前編成と

ネルソンと高キャブ改造のB6等。

場所は落合のRe-Color

集まったのは8人。

こちら側はほぼ明治後半から大正の情景。

映っている機関車もネルソン2両。

B6、A8、A7などほぼ明治初期から中期の車輛ばっかり。

この時代のスケールモデルの客車といったら

ほぼIORI工房のキット一択。

ここに移っている客車もほぼIORI工房製である。

当然IORIさん本人作のものも多数映っている。

190810戦前車両走行会003.jpg

こちら側は関東大震災前の山手線界隈といった雰囲気。

この辺はこりん堂さんなどがペーパーキットを仕立てている。

ちなみにこの車両たちはこりん堂さん本人作。

ちなみに奥の赤帯車両は

関東大震災で実現せずに終わった初代湘南電車のデハ43200.

190718北海道タウシュベツツーリング0116.jpg

例年のこの時期ならばすでに湖底となっている橋の袂へ降りていく。

この通り今年は湖はまだまだずっと下流までしか来ていない。

190718北海道タウシュベツツーリング0123.jpg

異常気象なのかエルニーニョのせいなのか

全国的に梅雨が長いのだが

ここ北十勝も例年になくずっとぐずついた天候が続いているそうで

さすがに2条の川の流れは日々大きくなっているようで

手前の川は渡渉できたが真ん中のほうは

ちょっと無理なようだ。

190718北海道タウシュベツツーリング0092.jpg

そしていよいよ糠平へ。

旧国鉄士幌線アーチ橋群の中でも

もっとも行きやすい三の沢橋梁。

国道からこんな風に見える。

190718北海道タウシュベツツーリング0093.jpg

橋の上はこんな感じに整備されていて遊歩道になっている。

190718北海道タウシュベツツーリング0102.jpg

ちなみにこれらの橋は1955年に

糠平湖が出来た時に付け替えられた新線であるが

このように路盤後は一応遊歩道になっているようだが

熊に出会うのが恐ろしくって

こんな森の中歩けない。

そして

190718北海道タウシュベツツーリング0018.jpg

予報に反して雨の南千歳。

夕張市線廃止後も千歳発の石勝線各駅のキハ40単行は健在。

190718北海道タウシュベツツーリング0021.jpg

南千歳の待合室には懐かしい国鉄色のキハ183の模型が。

190718北海道タウシュベツツーリング0032.jpg

おおぞら3号で新得へ。

190706EF55004.jpg

ワールドの旧KATO動力の3代目EF55であるが

やはり完成動力流用ということもあり

それ以降の4代目5代目より牽引力が安定しているので

重量級の戦前型の客車を牽かせるのには都合が良いので

このように戦前の一次改装に仕上げて活躍させているが

今回写真のように前照灯の点灯化を行った。

ちなみに一次改装のときに整備された後部運転台は

バック運転はほぼしないと思って間違いないので

点灯化は全部のみしかもスナパ回路も省略とした。

190706EF55001.jpg

例によってライトはタヴァサのこの旧国用の

砲弾型ライト。

190608鉄道院2AB011.jpg

IORI工房の鉄道院基本形客車キットやっと完成。

190608鉄道院2AB006.jpg

ホハ12000の塗装前。

IORI工房のペーパーキットは

特に最近の製品はかなり組みやすくなっている。

190608鉄道院2AB009.jpg

3Dプリンター製の屋根の積層痕を消すのには

今回初めてスポンジヤスリを使ってみた。

タミヤの400番と600番を使った。

車体だったら仕上げをもう少し細かいものも使いたいが

屋根なのでこのくらいでOK?

190608001.jpg

やっと美唄鉄道の客車2両が完成。

まずは61系客車ボディのオハフ8。

すべての窓が1mの同じ大きさなのが特徴で

しかもすべてアルミサッシ化。

しかも木造車改造所以のトラス棒付きのゲテモノ。

190218美唄鉄道模型002.jpg

作成中の記事はだいぶ前なので

おさらいとして・・

GMのオハフ61の窓枠を全部くりぬいて

また車掌室や便所窓なども拡大して

KATOのスハ43メイクアップの窓枠が入るようにする。

そして当然窓ピッチは合わないので

一つ一つバラバラにしてはめ込む。

ドア扉はキッチンのパーツ。

DSC_9430.JPG

最近遅々として製造が進まないが

久しぶりにちょっと進捗。

ぶどう色1号を塗った。

これだけだが。

190518マチガ沢020.jpg

ついでに

道の駅みなかみ紀行館のEF16 28

塗装終わって綺麗になっています。

ナンバープレートが不思議な色になっていて

しかも前後の2か所しかないのが心配なのだが。

190301ホハ120000003.jpg

本邦のNゲージとしては恐らく初の製品化だと思われる

IORI工房の鉄道院基本形客車のキット。

以前から明治時代の単車などの

ペーパーレーザカットキットを続々と出していたのであるが

ガレージキット最難関だと思われていたこの車種もついに。

本当ならずらずら繋げたいのだが後述の通りかなり凝った仕組みのため

少し金額が高い(4800円)ため

大量増備がなかなかできないのが悩ましいところ。

190301ホハ120000001.jpg

今までなかなか出なかった大きな原因は

やはりこの一回り小さい車体寸法のため

他に代替がない2重屋根などであったのだが

それも近年急速に進歩した3Dプリンタによって解決。

サポート材を外すのがかなりめんどくさいが

造形はやはり見事である。

その後の積層消しの作業は屋根でもやはり必要か?

190222夕張支線撮影207.jpg

そして再び新夕張。

レンタカーを駅の駐車場に入れて15:56の列車へ。

この沼ノ沢の入った駅名標も3月いっぱい。

190222夕張支線撮影202.jpg

ご存知松本 零士サイン入りの

夕張線のラストを告知するポスター。

190222夕張支線撮影204.jpg

間もなく見納めの夕張行。

ちなみに次の千歳行きは

この夕張行の折り返してきたもの。

190222夕張支線撮影158.jpg

23日、夕張線の朝の2往復を撮影した後

いよいよ今回の主目的の一つ

夕張石炭博物館SL館の雪下ろしへ。

10時前に現地到着、すでにもう始まっている。

屋根に上がる梯子結構高くて怖い。

190222夕張支線撮影162.jpg

予報ほど天気が良くなく

小雪が舞う天気。

このデゴイチはかなり傷んでいるように見えるが

張りぼてなので建物には易経ないらしい。

190222夕張支線撮影159.jpg

写真だとイマイチわからないが

結構地面との落差がある。

雪庇がかなり張り出していて

恐らく今立っている場所位が

屋根との境目。

190222夕張支線撮影010.jpg

21日夜の地震でJRや地下鉄が朝まで運転中止したため

新千歳空港には帰れなくなった人が停泊しているらしい。

そして夕張支線を含む石勝線は昼まで運休ということで

大いなる不安を抱えて渡道。

190222夕張支線撮影016.jpg

いざ着いてみると空港は普段通りで

地震の影響は全く感じられない。

レンタカーやの送迎の人によると

地震の揺れはかなり大きいものだったが5秒くらいの

非常に短いものだったそうで

長かったらやばかったかもしれないという話だった。

今回はルフト・トラベルレンタカーといういわゆる格安レンタカーを使ってみた。

二日で2千円ほどで免責免除になる保険が二日で2千円の計4千円。

190222夕張支線撮影020.jpg

事前にウェブチェックインをしていたので

レンタカー屋に着くとすぐに車を受け取れた。

ちなみに千歳はレンタカー会社はまとまって所在していて

トヨタレンタカーとオリックスレンタカーの間にあった。

待合室がプレハブだったりするだけで

立地など他のレンタカー屋に対して不利なことはあまりない。

飛行機が千歳に着いてからレンタカーに乗り始めるまで30分ほどで済む。

まあ石勝線が前述のとおりなうえに

地震の影響もわからないので

安全そうな道東自動車道で夕張へ向かう。

2/22から23にかけて最後になるであろう夕張線の撮影旅行に行った。

前日夜の地震のせいで飛行機などは問題なかったが

石勝線や夕張支線は午前中運休となり

夕張支線はこの清水沢を16時過ぎに通る便が

開通一番列車となった。

とりあえず第1弾は撮影編として

190222夕張支線撮影084.jpg

2019/2/22 16:09 清水沢駅

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

190222夕張支線撮影091.jpg

清水沢から同じ列車の後追い。

鹿ノ谷方面。

190222夕張支線撮影099.jpg

上の筋の折り返し。

鹿ノ谷にて

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

山の中に大きなRCの団地群があるのも夕張らしい。

団地群の前の木に大きな鷲のような鳥が写っている。

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11