2017妻有一周(5/3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

170503自転車妻有002.jpg

今年もGW恒例の一人ツールド妻有。

今回もツールド妻有からコースを大幅にパクった。

ただ残念なことに今年は当該大会は中止だそうだ。

と言うことで去年と同様出発は津南ということにした。

まだ5月末まで冬季閉鎖中の国道405号。

ただこのようにまだガードレールなどの整備が

済んでいないだけのようで普通に軽トラなんかは

走っている。

170503自転車妻有003.jpg

この酷道名物のスーパーヘアピン。

道はぐいぐい高度を上げる。

約5キロで標高差350m強を稼ぐ。

170503自転車妻有008.jpg

国道のサミットは標高575m。本日のチマコッピ。

ここからは少し気合い入れた通行止め。

ダメなら戻るつもりで進む。

170503自転車妻有009.jpg

除雪されたのがつい最近という感じで

きわどいタイミングで何とか通れた。

170503自転車妻有011.jpg

緩やかにこんな景色の中を道は下っていき

170503自転車妻有013.jpg

無事に松之山温泉入口。

170503自転車妻有014.jpg

国道353にちょっと入り

このトンネルのところから右へ上り

旧道を兼ねている県道427へ

170503自転車妻有016.jpg

こんな奇麗な棚田の中を走り

やがて山間部へ。

170503自転車妻有018.jpg

この道もまだ冬季通行止めらしく

いたるところで雪が道をふさいでいる。

170503自転車妻有022.jpg

プチ峠を越えると反対側から

除雪作業の進行中。

午後だったらもしかしたら何事もなく通れたか?

170503自転車妻有023.jpg

そしてV字谷のヘリを縫うスリルのある道になる。

そして国道252の薬師峠の旧道の一部と重なる。

170503自転車妻有024.jpg

折角だから薬師峠へにも行ってみた。

峠から先は完全な廃道。

170503自転車妻有025.jpg

再び元の道に戻り

国道と合流する直前にこの看板通り左折。

170503自転車妻有026.jpg

標高300から400mの尾根道のここは

所々切通しの場所などこのように積雪が残り

たびたび押しを強いられて少し走りにくい。

170503自転車妻有029.jpg

坪山峠をこえてやがて国道252が見えてきた。

この国道は比較的交通量が多いが

まあ下るだけだからそんなに気にならない。

170503自転車妻有031.jpg

そして道の駅せんだ。

積雪などのせいで予定より1時間ほど遅れ気味。

170503自転車妻有030.jpg

やっと昼ご飯のカレー。

650円とリーズナブル。

170503自転車妻有035.jpg

そして国道403号から国道253へとつなぎ

170503自転車妻有036.jpg

松代へ。

このはくたかのベンチは凝っていて

170503自転車妻有037.jpg

反対側は貫通先頭車。

170503自転車妻有040.jpg

再び坂を上り

何故かこんな山の中にワラのダルマ?

170503自転車妻有049.jpg

そして幾度ものアップダウンを越え

本日のハイライトというべき

星峠の棚田。

170503自転車妻有053.jpg

角度を変えて。

ただここもかなり有名になってしまい

観光客であふれていた。

なんとかなちゅうバスまでいた。

そしてまた幾度のアップダウンを越えて

津南へ帰還するのであった。

走行距離110km

獲得標高 2450m

たいして高い山などないのにこの獲得標高。

やはり妻有は棚田地帯、坂の多さは侮れない!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2392

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年5月 6日 01:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「宮崎鹿児島ツーリング(4/23)3日目予定変更。」です。

次のブログ記事は「定例ヤビツ(#04,05)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。