札幌支笏湖自転車道で支笏湖へ (9/22)

| コメント(0) | トラックバック(0)

160922北海道支笏湖009.jpg

朝宿泊場所の滝川からこの新十津川まで

3キロほどのサイクリング。

札沼線の行き止まりのこの駅は

1日1往復だけしか列車が走っていない。

160922北海道支笏湖014.jpg

新十津川町は結構栄えていてにぎやかな街なのだが

何故か駅の周りだけ寂れた雰囲気。

首都圏でもこのくらいの駅はいくらでもあるのだが

いかんせん道民はまったく鉄道に乗らない。

地元園児に見送られて9:40に列車は出発。

160922北海道支笏湖018.jpg

途中、石狩当別で乗り換えて

札幌には12:15に到着。

すぐに自転車を組み立てて出発。

160922北海道支笏湖020.jpg

去年新たに市電が開通した区間。

道路の両脇に軌道がある場合

自転車はどこを走ればよいのだろう?

160922北海道支笏湖021.jpg

中島公園から豊平川沿いの

滝野上野幌自転車道で真駒内公園へ。

そしてこの少し先から札幌支笏湖自転車道になる。

ここは紅葉がすでに始まっている。

160922北海道支笏湖022.jpg

札幌支笏湖自転車道は国道453の側道として

支笏湖へ向かう。

が・・・7から10%くらいの連続勾配。

しかもサミットが4つもある。

160922北海道支笏湖023.jpg

3つ目のここが一番標高が高い。

約600m。

160922北海道支笏湖024.jpg

もう一つピークを越えて少し下ると

ようやく支笏湖が見えてくる。

この辺で歩道のようになった自転車道は消える。

160922北海道支笏湖025.jpg

そして支笏湖まで下ると

このように水面すれすれの高度を道は走る。

160922北海道支笏湖027.jpg

8キロほど湖畔を走り少し上って

支笏湖温泉を越えて少し走ると

6月に走った支笏湖公園自転車道に出た。

6月とは反対方向に走る。

160922北海道支笏湖029.jpg

そしてモーラップへの分かれ道。

ここから苫小牧支笏湖自転車道になる。

ちょっと荒れ気味に見える?

160922北海道支笏湖030.jpg

でも実際はそんなに荒れていなくて

そこそこ走りやすい。

時間的に少し急ぐと予定の列車より

1本前に乗れそうなので少し急ぐ。

160922札沼線101.jpg

モーラップの分かれ道から45分くらいで苫小牧到着。

無事1本前のS北斗20号に乗車。

慌ただしく2016最後の北海道サイクリングは終わった。

160922札沼線107.jpg

途中のセイコマでホットシェフのかつ丼を買うのは外せない。

今年はもう食べることができないので時間なくても買う!

列車が発車してすぐに食べてしまった。

160922.jpg

そして新函館北斗から新幹線で北海道を離れる。

今日の宿泊は青森だ。

走行距離 80km

獲得標高 1000m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2368

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2016年9月22日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「十勝岳温泉へヒルクライム(9/21)」です。

次のブログ記事は「青森いくべえ(下北半島 9/23,24)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。