2014夏北海道 1日目 その1(7/12)

| コメント(0) | トラックバック(0)

NCM_0631.jpg

今年も朝一の千歳行JAL501便。
例によって40万の従価料金を支払う。
これで確実に手渡し荷物にしてくれる。


NCM_0632.jpg
機材は例のごとくB737-800.

NCM_0635.jpg
特徴的なウィングレット。

NCM_0637.jpg
定刻8:05新千歳に到着。
少し天気が心配だったがまずまず。

NCM_0638.jpg
今回往復新千歳+道内でも輪行移動があるので
このように飛行機用の分厚い輪行袋の中に
電車用の薄手の輪行袋という2重装備。
分厚いつ輪行袋は新千歳空港のロッカーへ。

NCM_0642.jpg
今回は南千歳乗換で新夕張まで電車輪行なのだが
南千歳まで一駅区間間違えてUシートを買ってしまったので
せっかくだから乗ることにするのだが
3分間しかなくほとんど座って立った感じ。
自転車はここに写っているように
荷物スペースに収まる。

NCM_0648.jpg
南千歳でスーパーおおぞら3号に乗り換え。

NCM_0649.jpg
キハ283系の荷物置き場は結構便利。
振り子車で揺れるためか
荷物を抑えるためのコードまで
標準装備されていて素晴らしい。

NCM_0654.jpg
そして10時ちょっと前に新夕張に到着。
さっさと自転車を組み立てて
10:15には出発。
同じ列車からもう一人輪行袋をもって降りてきた。
彼はほぼ同じルートで富良野まで行くらしい。


NCM_0655.jpg
新夕張の彼より一足先に出発し
国道452号線でまずは南大夕張へ。
大夕張鉄道の客車などが保存されている。
昔はかなり荒廃していたが
いまは融資によってこのように綺麗になった。

NCM_0704.jpg
反対側を見るとこのように
新しい夕張シューパロダムが・・・。

噂によるとこの春の試験湛水で
あの三弦橋も旧大夕張鹿島地区の大半も
そして大夕張ダムも
全部水没したという話だが。


NCM_0707.jpg
国道は長いトンネルで新湖畔まで一登り。

やはり大夕張鹿島地区は
この通り完全に水没していた。

NCM_0708.jpg
この道路わきの小山って
もしかしたらボタ山か?

NCM_0711.jpg
やがて国道はなだらかに登り始め
この三夕トンネルがサミット。

NCM_0715.jpg
一気に下って桂沢湖。

NCM_0716.jpg
桂沢で国道は右に曲がり
交通量は増え舗装もイマイチ悪く
少し走りにくくなる。
ここも150mほど登って
この三芦トンネルがサミット。

NCM_0721.jpg
ここ3段滝には小さいパーキングがある。
が南大夕張からここまで
とこの先やく80kmは人家どころか
自販機すらない。

1NCM_0722.jpg
そして下りきったところで国道を右にそれ
また少し登ってこの富芦トンネルという
2キロの長大トンネルを超えて
下るとと富良野。

1NCM_0724.jpg
そしてラベンダーの植え込みがきれいな富良野駅。
少し雨が降ってきたがほどなく止んで
特に問題はなかった。

1日目その2に続く

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/1842

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2014年7月14日 15:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「定例ヤビツ だけ (#12 7/5)」です。

次のブログ記事は「2014夏北海道 1日目 その2(7/12)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。