2020自転車収めは天草ツーリング (12/26)

| コメント(0) | トラックバック(0)

201226天草ツーリング061.jpg

26日土曜始発の九州新幹線で出水へ。

輪行袋は大型荷物に入らないのでここに置く必要もないのだが

今回は試しに大型荷物置き場付きの席にしてみた。

切符は九州ネット切符を会員登録して買った。

これは対バスで発売されてると思われ

熊本までは30%くらいの割引率なのに

出水までだと10%くらいしか安くならない。

201226天草ツーリング010.jpg

出水から肥薩オレンジ鉄道。

こんな怪しいタイアップ車両。

201226天草ツーリング012.jpg

土日運転の快速オーシャンライナーさつま。

と言っても1両運転であるが。

折口と言う駅で下車。

小さな無人駅だが

元々は鹿児島本線の駅。

2面3線の長いホームを持つ立派な構内。

201226天草ツーリング014.jpg

JR化直後までは大きな待合室のある立派な駅舎だったらしいが

今はこのように必要最小限のこじんまりした駅舎のみ。

早速自転車を組み立てて8:20出発。

201226天草ツーリング015.jpg

冬型が強まり九州とはいえ冷え込んでいて

霜が降りている。

ガーミンだと1.8度!

201226天草ツーリング016.jpg

7キロほど走ると最初の島、長島へと渡る。

201226天草ツーリング018.jpg

長島に入ると段々畑が海まで続く美しい風景の中を走るが

その分アップダウンは結構激しい。

201226天草ツーリング020.jpg

なんとか10時発のフェリーに間に合う時間に

蔵之本に着いた。

結構アップダウンが多くて思ったより大変だった。

201226天草ツーリング023.jpg

天草下島の牛深まで30分のクルージング。

201226天草ツーリング028.jpg

10:30に牛深到着。

天草南部の中心地だけあって

結構大きな町。

201226天草ツーリング029.jpg

牛深からすぐに標高100mくらいのサミットを

超えた後、高原状の快走路が続く。

が自転車だとかなり単調でつまらないともいえる。

201226天草ツーリング030.jpg

立原と言うところで主要県道を外れて

サミットが二つある細い峠道へ。

天草下島独特の深い森の中を走る道。

ただ傾斜はそんなにきつくなく快適に走れる。

201226天草ツーリング033.jpg

そして海に出て本渡までほぼフラットな道になる。

ここははまぼうの群生地。

といってももう葉っぱも落葉していて

単なる細かい枝だけだが。

201226天草ツーリング034.jpg

本渡からこの人道可動橋を渡って天草上島へ。

後ろに見えているのが車道(歩道もある)。

下島と上島はこの距離しかない。

201226天草ツーリング039.jpg

上島にわたってからは

有明海を挟んで雲仙を見ながら

快適な海岸沿いの道。

ただ朝からずっと向かい風。

ちなみにこのタコ妙にリアル。

その隣は有明五多幸とか書いてあってふざけている。

201226天草ツーリング042.jpg

そしていよいよ最後のハイライトの

天草5橋のパールライン。

まずは第5橋で上島から離れる。

小さい島を渡って第4橋。

201226天草ツーリング044.jpg

小さい島を挟んで5-2橋までは連続してわたる。

ただ路側帯が狭く、交通量もかなり多いので

景色は良いのだがなかなか立ち止まれない。

第2橋の手前でやって写真の撮れるテラスみたいのがあった。

201226天草ツーリング048.jpg

第2橋を渡って大矢野島を10キロくらい走ると

ラスボス的な第1橋がお出ましである。

左は新しく開通した高速の橋。

ここを渡るといよいよ本土復帰。

201226天草ツーリング052.jpg

わたり終わって名残の天草を振り返る。

ここから急坂を下ると今日の目的地三角である。

201226天草ツーリング053.jpg

そして16時過ぎに無事三角駅に到着。

大正時代に建てられた立派な駅舎。

数年前に整備されてきれいになった。

201226天草ツーリング057.jpg

もはや風残の灯となったキハ40系気動車に乗る。

エンジン改装車のキハ147なのでキハ40系独特の

エンジンが唸ってもなかなか加速しないということはない。

201226天草ツーリング062.jpg

博多で博多ラーメンを食べて

201226天草ツーリング063.jpg

博多空港へ。

機材が787から777-300に変更になったうえ

帰省客がかなり多く荷物を下ろすのにかなり時間がかかり

しかもトイレの不具合か何かで

乗車時刻がかなり遅れた。

と言うことで

今年2020年の自転車は贅沢にも九州ツーリングで終了。

走行距離 120km

獲得標高 1250m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2577

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11