志免竪坑櫓と勝田線跡を走る(12/25)

| コメント(0) | トラックバック(0)

201225福岡ツーリング001.jpg

出張ついでにツーリングシリーズ。

25日朝の羽田空港第2ターミナル。

コロナで空いてるかと思いきや

帰省のためか冬休みの旅行のためかGOTO滑り込みのためか

結構混んでいて荷物預けるのに20分くらい行列した。

201225福岡ツーリング003.jpg

朝焼けのフライト。

201225福岡ツーリング006.jpg

博多駅の地下鉄へ降りる有名な

「途中までしかないエスカレーター」は工事中だった。

いよいよ全部エスカレーターになるのか?

201225福岡ツーリング009.jpg

用事を済ませて夕方早速走る。

篠栗線と旧勝田線の分岐点には

いま柚須駅が出来ていて

勝田線跡地は自転車置き場と歩道となって残っている。

そういえばV2R号九州初上陸。

201225福岡ツーリング010.jpg

そのあともずっと自転車通行可能な遊歩道として

時々新しい道路に寸断されながらもほぼ完全にたどれる。

201225福岡ツーリング011.jpg

勝田線の中心だった志免の駅は

真ん中を県道に寸断されながらも

ホームがほぼ完全に残っている。

かつて運炭のセラ、セムで埋め尽くされたであろう構内は

公園となっている。

後ろに重要文化財の志免炭山竪坑櫓が見えてるが・・・

201225福岡ツーリング013.jpg

竪坑櫓は残念ながら大規模修繕中で

足場の中でその全貌を拝めなかったが

高さ40m以上のその大きさは実感できた。

手前は第5鉱の斜抗あと。

201225福岡ツーリング015.jpg

気を取り直して再び勝田線跡に戻る。

遊歩道は舗装がはがされているが

道は締まっていてロードでも走行に全く問題ない。

この後またきれいに舗装しなおされるのか?

201225福岡ツーリング017.jpg

宇美町に入ると再び舗装がきれいになる。

こんなモニュメントも。

201225福岡ツーリング019.jpg

宇美駅は香椎線と別々に駅があったが

勝田線の駅の跡を使って

香椎線の宇美駅の駅前広場が整備された。

201225福岡ツーリング021.jpg

宇美から勝田線跡は遊歩道と一般道を織り交えながら続き

15分ほど走ると終点筑前勝田の駅跡につく。

写真ではわかりにくいが奥右側に道路へ上る木の階段があって

これは駅の現役当時のままだそうである。

左側のコンクリ擁壁はおそらく炭鉱設備を改修したもの。

その上の茂田炭鉱設備が密集していたであろう場所は

何件かの商業施設になっている。

201225福岡ツーリング020.jpg

勝田の駅跡から100mほどで路盤跡は終わる。

炭鉱廃止後も勝田線は最後まで客車列車が残っていたそうなので

この辺がその機回し線の終点であったのであろう。

201225福岡ツーリング022.jpg

勝田のバス停も線路の現役当時と同じ位置のままで

駅から階段で上がったところにある。

バスは1時間に何本も天神行きが走っている。

周りは普通に住宅居密集地で

よく勝田線は国鉄末期に

潜在需要は大きいのに(炭山廃止後は福岡市のベットタウン化)

ローカル線ダイヤのままで利便改善がされずにバスに敗れ去ったと

言われるのだが

もし勝田線が残ったら代わりに今最新鋭の

蓄電式のデンチャが走る香椎線が廃止になったのかもしれない。

とりあえず目的は達成したので暗くなる前に博多へ帰る。

走行距離32km

獲得標高 100m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2576

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年12月27日 11:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヤビツ納め?(#25 12/14)」です。

次のブログ記事は「2020自転車収めは天草ツーリング (12/26)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。