平戸島西岸から生月-佐世保まで(出張ツーリング 10/24)

| コメント(0) | トラックバック(0)

191024九州平戸ツーリング018.jpg191024九州平戸ツーリング022.jpg

ここのところ珍しい出張が立て込んでいるが

今回も出張ついでツーリング。

今回のフライトは都心上空ルート。

台風19号のため荒川と多摩川から

濁った水が大量に東京湾に流れ込んで

東京湾は泥海に見える。

南アルプスは早くも雪をかぶっている。

191024九州平戸ツーリング032.jpg

仕事の翌日24日早朝のかもめに乗る。

肥前山口で佐世保方面へ乗り換える。

191024九州平戸ツーリング035.jpg

8:37巨大な佐世保護摩のある佐世保に到着。

191024九州平戸ツーリング038.jpg

道路を渡ったところにある佐世保港の船乗り場へ。

平戸島南部の津吉に行く船は19トンの高速船。

心配な天気はまだ大粒の雨が降っているが・・・。

191024九州平戸ツーリング049.jpg

九十九島を縫いながらの45分の航海で

対岸の平戸島津吉に到着。

191024九州平戸ツーリング050.jpg

雨はだいぶ小降りになっていて

午後には止みそう。

191024九州平戸ツーリング052.jpg

すぐに自転車を組み立てて出発。

津吉の船乗り場の事務のおじさんの話だと

最近は結構自転車の人も多いらしく

やはり最初の便で来て

佐世保までぐるっと回る人が多いそうだ。

191024九州平戸ツーリング053.jpg

まずすぐに西海岸へ向かう。

西海岸はこのようにリアス式海岸と

巨大な海岸崖壮大な景色で

道も超アップダウンの連続。

191024九州平戸ツーリング060.jpg

平戸島西岸では珍しい白砂の海岸も。

この辺で雨が再び本格化してきたので

上下ゴアガッパ、ヘルメットカバー、シューズカバー、防水グローブの

完全装備へ。

今回SKSのフルフェンダーを装着してきたので非常に快適。

ほぼランドナーのような感じなのに簡単に脱着できる優れもの。

191024九州平戸ツーリング061.jpg

そして生月大橋を渡って生月島へ。

ここまで30kmの走行で最高点は100mそこそこだけども

獲得標高は1000m近い。

橋は強風横風でかなり慎重にわたる。

191024九州平戸ツーリング064.jpg

そして昼は生月島の大氣圏で元祖あごだしラーメン。

これを食べるために生月へ渡ったのだった。

191024九州平戸ツーリング065.jpg

そして昼を食べたら時間も大してないので

すぐに折り返してまた平戸島へ戻る。

191024九州平戸ツーリング066.jpg

今度は平戸島西岸から北岸の道になるのだが

相変わらずの超アップダウン。

先ほどの生月大橋と島が良く見える。

この辺で雨は完全に止み雨装備を脱ぐ。

カッパの上だけはウインド代わりにそのまま。

191024九州平戸ツーリング069.jpg

中野地区から右折して標高240mほどの川内峠へ。

海岸沿いも超アップダウンなので

どうせなら思い切って峠越えでも大して変わらない。

峠は草原地帯になっていて非常に気持ちい。

191024九州平戸ツーリング071.jpg

そして下って平戸の市街へ。

191024九州平戸ツーリング072.jpg

折角なのでお城の周りをぐるーっとまわる。
右上が平戸城址、向こうに平戸大橋が見える。

だんだん道路も乾いてきた。

191024九州平戸ツーリング076.jpg

平戸大橋を渡って本土復帰!

この橋も横風強風でちょっと怖かった。

191024九州平戸ツーリング078.jpg

そして田平の坂を上り詰めると

世界遺産候補にも挙がった田平教会。

191024九州平戸ツーリング080.jpg

田平のからずっと下って

その後九十九島を眺めながらの快適なツーリング。

平戸島とうって変わってほぼ平坦基調。

191024九州平戸ツーリング084.jpg

そし本土最西端の神崎鼻に立ち寄る。

ただすぐ西には平戸島が見えてたり

九十九島の島々が周りにたくさんあったりで

最果て感は少ない場所である。

191024九州平戸ツーリング087.jpg

17:00再び佐世保港に戻ってきた。

11万トン級のコスタ・セレーナが寄港していて

島への連絡船も転回が大変そう。

なんと太陽も出てきた!

191024九州平戸ツーリング089.jpg

道路を渡れば佐世保駅。

17:43の特急みどりで博多へ帰る。

191024九州平戸ツーリング093.jpg

福岡空港で自転車を預けたら

今回も博多ラーメンバリカタで

今回は海鳴亭。

191024九州平戸ツーリング095.jpg

博多は今日一日中雨だったようだが

結局本格的に雨に降られたのは

午前中の2時間くらいで

最後は太陽が出てきた夕日を浴びながらのゴールだった。

走行距離 111km

獲得標高 1800m

恐らくこれで今年の九州は最後(にしたい)

ちなみに今年九州は4回目。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2513

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年10月25日 10:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アワイチ(淡路島一周 10/20)」です。

次のブログ記事は「FSAカーボンクランクの左ボルト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。