福岡、平尾台から耶馬渓へ(6/25)

| コメント(0) | トラックバック(0)

190625福岡自転車033.jpg

今日は折角なので休みを取って九州ツーリング。

博多から新幹線で小倉行きのこだまに。

全車自由席なので広い指定席車両へ。

190625福岡自転車045.jpg

小倉から日田彦山線で石原町という駅へ。

跨線橋がなく昔ながらの構内踏切を渡って改札へ。

190625福岡自転車047.jpg

この駅で列車は対向するのだが

背景は平尾台の西端の三菱マテリアルの石灰岩の採掘場。

190625福岡自転車049.jpg

早速自転車を組み立て8:15には出発。

190625福岡自転車051.jpg

いきなり上り。

最初は森の中の薄暗い山道をくねくね上る。

斜度はときどき10%近いところもあるが

概ね5%前後の比較的登りやすい道。

190625福岡自転車052.jpg

しばらく上るとだんだん視界が開けてくる。

5キロで約300mちょっとの上り。

190625福岡自転車054.jpg

サミットの吹上峠を超えると

目の前に日本三大カルスト台地がバーンと広がる。

190625福岡自転車056.jpg

行橋方面へ下る大きな橋が何本も眼下に見える。

ただこの下りはローリング防止の

凸凹舗装だらけであまり走りやすくはなかった。

190625福岡自転車059.jpg

そして300mの標高差を一気に下ると

地形はペタッと完全な平地になる。

振り返ると広大なカルスト台地の山々が。

190625福岡自転車061.jpg

だだっ広い田園地帯を抜けて行橋の市街地に。

この先補給しずらいのでコンビニでまだ早いがパンなどを買って補給。

190625福岡自転車062.jpg

行橋から国道496で南下する。

新しくできた伊良原ダムに向かって

綺麗になった道を走り徐々に標高を稼いでゆく。

190625福岡自転車064.jpg

伊良原ダムで記念にダムカードをもらった。

190625福岡自転車065.jpg

もう7月になろうというのに梅雨入りすらしていない北九州地方。

さすがに水位は少ないと思われる。

190625福岡自転車066.jpg

ダム湖の上流のほうは湖底が出ていて

昔の集落の跡と上に移転集落が。

この橋を最上流にして湖は終わるようだ。

190625福岡自転車067.jpg

湖が終わると野峠に向かって登りが始まる。

ところどころこういった小規模な集落が現れる。

先ほどの湖底の集落跡も

こういった感じの集落だったのであろう。

190625福岡自転車068.jpg

先ほどのように峠道にところどころ現れる小集落の

一つにこんな大きな旧家が。

天保時代の建築でやはりこの地区の実力者の家だったそうだ。

永沼家住宅として国指定重文になっている。

190625福岡自転車070.jpg

野峠への上りは10キロで約500mの上り。

やはり基本的には上りやすい斜度。

気温が30度くらいまで上がった北九州地方だが

この辺は標高もあるので比較的涼しい。

日陰は寒いくらい。

190625福岡自転車072.jpg

標高720mほどの野峠到着、12:30.

いよいよ大分県に入る。

ここから耶馬渓へ向かって下っていく。

190625福岡自転車076.jpg

1.5から2車線幅のくねくね道をどんどん下り

ここは猿飛の景という急峻な渓谷地帯。

ここまで来ると河岸段丘の上にある道路は

広くて走りやすいのだが

一段渓谷を見下ろす遊歩道に下りてみると

20mくらいの切り立った渓谷が見下ろせる。

ここは奥耶馬溪になるらしい。

190625福岡自転車077.jpg

守実温泉、ここから耶馬渓鉄道あとの

耶馬メイプルサイクリングロードが始まる。

もう13時過ぎなので食事をとりたかったのだが
平日の観光地の怖いところで

火曜定休の店ばかりで結局食事はとれなかった。

190625福岡自転車078.jpg

ここから中津まで38キロの自転車道が始まる。

荒れてるように見えるのは草刈り作業中のためで

この先は作業が終わって草がかたずけられて

非常に走りやすい路面状態がほぼ全線にわたって続いていた。

190625福岡自転車080.jpg

さすがにモルタルかコンクリの補強はしてあるが

こんな垂直の切通しを通ったり

190625福岡自転車094.jpg

こんな鉄道時代をほうふつさせるトンネルも多々ある。

ただ前述の通り道路の管理状態はすこぶる良好。

190625福岡自転車085.jpg

駅の跡を通ったり

190625福岡自転車084.jpg

川を陸橋で渡ったり

この橋は旧耶馬鉄道の橋が台風で壊されたので

修復再建したものらしい

190625福岡自転車088.jpg

ナロー時代の橋台跡があったり

190625福岡自転車089.jpg

耶馬渓の奇岩ふところを走ったり

190625福岡自転車086.jpg

190625福岡自転車087.jpg

青の洞門付近までは完全に車道とは隔離された川の対岸を

トンネルや切通しを駆使しほぼ平坦で

20キロ近く変化のあって楽しい

ある意味ヤバい自転車道が続く。

190625福岡自転車092.jpg

やっとホットドッグだが食べれた。

190625福岡自転車093.jpg

耶馬渓橋、この辺からは

おもに歩道と兼用になる。

ただ道幅は広く比較的走りやすいので

わざわざ車道を走ることもない。

その後一旦また専用道になって

国道から離れて県道102のほうへ向かい

県道と合流する。

190625福岡自転車096.jpg

中津市街に入っると県道102の歩道兼用になるのだが

それでも十分広くてスピードを出さないのであれば

充分な感じだが

まあ下りベースでずっと30キロ以上で走れる道なので

車道に出て中津駅まで走る。

そしてソニックで博多に帰る。

190625福岡自転車097.jpg

博多駅の名島亭で博多ラーメン。

190625福岡自転車098.jpg

空港で早くチェックインして

自転車を預けたのち

空港近くの月の湯という温泉へ。

空港から歩いて行けるということで

歩いて行ったら20分近くかかったので

帰りはバスで帰ってきた。

190625福岡自転車103.jpg

そして博多の上空へ!

走行距離 111km

獲得標高 1200m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2496

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年6月27日 09:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福岡ツーリング(二見ヶ浦 6/24)」です。

次のブログ記事は「定例ヤビツ(7/13#07、7/15#08)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。