新車!コルナゴ V-2R (11/9)

| コメント(0) | トラックバック(0)

171110003.jpg

年に1回のレース(乗鞍のHC)は

我が家で一番軽いExtreme-Cで出場していたが

これももう10年選手なのでいい加減乗り換えることに。

ただコルナゴでいまだこれより軽いフレームは

数少なく、現行では今年になってV-1RからV進化した

このV-2R一択になった。

(ホイールは立たせるために仮に履かせただけ)

171110005.jpg

基本的にこのフレームは台湾製なのであるが

レッド(完成車のみ)とこのブラックゴールドのみ

イタリアで塗装されている。

ただこの塗装だけでノーマルのV-2Rより7万高。

その塗装であるがさすがにイタリア、パマペイントだけあって

非常に満足感のあるものに仕上がっている。

ただしこのようなオールドコルナゴっぽい色は

日本だけで売れていて欧米ではほとんど発売すらしていないらしい。

171110006.jpg

フロントフォーク回りの塗装。

さすがにロゴとこの細い線などは転写シールであろうが

仕上げは非常に丁寧。

まあ50万のフレームで雑だったらたまったもんではないが。

171110009.jpg

シフトケーブルはダウンチューブから

フレームの中に導かれるようになった。

電動コンポの場合配線はここを通らないので

専用のふたも付属していた。

171110010.jpg

ブレーキワイヤはヘッドチューブのこの位置からフレームの中へ。

ちなみに電動コンポのときは配線が

ブレーキケーブルと一緒にこの位置からフレーム内へ入る。

今回は基本的にパーツはExtreme-Cから移植した。

171110011.jpg

リアディレーラーのケーブル(電動時は配線)は

C60とは少しマイナーチェンジしてこの位置から

表に出てくる。

結構ワイヤー通しにくっ!

171110007.jpg

シートポストのクランプは

V-1からモデルチェンジして

このような石臼タイプのビルドインになったが

このタイプの常として固定力はいまいちか?

171110012.jpg

リアブレーキもダイレクトマウントタイプだが

V-1Rこことなり通常の位置になった。

BB86のBBとこのダイレクトマウントブレーキだけは

持っていないのでDURAの新品を買った。

171110008.jpg

クランクはFSAでもよかったのだがBBが少し不安だったので

シマノのBB24がそのまま使える

ローターの24mmタイプのやつをC40から移植。

ちなみにこれ熊チョイおやじから買ったもの。

171110013.jpg

BB下にはこのプラのワイヤーリードがつくのだが

こいつはかなりの曲者で

異常に整備性が(ワイヤーの交換など)悪そう。

171110004.jpg

ということで夜なべして無理やり1日で組み付け完了。

これで土曜日朝から走りに行ける!

重量はこの状態で6.75kg、思ったより軽くはないな。

Extreme-Cとほとんど変わらない。

しかもサドルやハンドル周りがそのままなので

ぱっと見のイメージもほとんど同じ!

あとバーテープもそのまま利用したのだが

さすがにこれは新品でもよかった気がする。

171110001.jpg

そしてExtreme-CはC40からパーツを移植して

通勤などで使うことにした。

C40では23Cより太いタイヤ履けなかったのだが

こいつは26C位までならいけそう。

ステムは余ってたITMミレニアム。

ハンドルだけは新品でフィジークの

アルミのショートリーチのもの。

バーテープを黒にしたらかなり悪そうな感じになった。

C40は塗装が今のバイクにはないこったものなので

綺麗に磨きなおしてどこかに飾ろうと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2424

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年11月10日 19:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「週末パス2日目 つくばへ(11/4)」です。

次のブログ記事は「V2-Rシェイクダウンに久しぶりのヤビツ (11/11 #10)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。