オロロンライン 旧道峠2題 (9/26)

| コメント(2) | トラックバック(0)

津軽半島ツーリングより

150927006.jpg

青森からはまなすで6:07に札幌着

すぐに6:20発の学園都市線に乗り換える。

150927008.jpg

6:48にあいの里公園に到着。

自転車を組み立ててすぐに出発。

スタートをここにしたのは

札幌市内の混雑を避けたかったため。

150927010.jpg

まずは石狩浜方面へ走って石狩河口橋。

150927011.jpg

この橋、橋の継ぎ目の隙間がかなりデカく

自転車だと完全にタイヤがはまるくらいなので

歩道を走ったほうが無難。

これは20年以上前から何も対策されていない。

事故などはないのであろうか?

150927012.jpg

オロロンラインのアップダウンを快調に北上。

心配された天気は大丈夫どころか結構晴れている。

ただ何処かで寒冷前線の通過が見込まれるので

どこかで雨には降られることは予想される。

150927013.jpg

厚田のセイコマートで隠れたセコマ名物のゆでとうきびを。

すごく甘くってうまい!

150927014.jpg

そしてオロロンラインは

長大トンネルがメイン見えて多くなってくる。

150927015.jpg

今日のハイライトその1、送毛山道。

その送毛側の分かれ道。

送毛トンネルも今春から2代目になったのだが

この左折道はさらにその旧道で初代の国道。

150927016.jpg

道はなんとか車がすれ違いできる幅を維持しつつ

の急傾斜でどんどん登る。

こんな特徴的な看板も。

150927017.jpg

そして1.3kmほどはダートのまま。

車どおりが少ないせいか路面が柔らかいところも多く

急傾斜も相まって結構走りにくい。

150927018.jpg

曇ってきてイマイチ視界が悪いが

ところどころこんな景色が開ける。

150927019.jpg

地図では送毛峠と書いてあるが峠の標識は全くない。

結構標高く海抜400mで国道から300mほど登る。

150927020.jpg

毘砂別側は完全舗装で気分よ走れるが

上のほうの写真の看板の千本ならを

見物していこうと思っていたのだが

行き過ぎてこの展望台のところまで来てしまった、残念。

150927021.jpg

下っている途中から毘砂別の街を見下ろす。

雲行が怪しくなってきたので

下って少し走った浜というところのセコマで

雨具完全装備にする。

150927002.jpg

ついでにちょっと腹ごしらえ。

HOT CHEFも田舎のセコマだと

弁当もあまり売っていない。

でもこのおにぎりは少し高いけど相変わらずうまい。

150927003.jpg

てついに寒冷前線通過。

雷はなるし豪雨だし。

でも完全装備なのでひるまずに進むことにする。

中水たまりの中で前輪を取られて

足を付いたらシューズカバーがちょっと破けてしまった。

150927004.jpg

雄冬に近づくにつれ

道のほとんどが長大トンネルになる。

いつもはいやな長大トンネルも

豪雨の中だとかえってありがたい?

この辺は3本のトンネルを1っ本につなぐ大工事が

行われていてあちらこちらのトンネルの中で

片側規制が行われている。

たぶん本州だったら車止める場所は

トンネルの中にはしないと思うが土地柄の差か?

危ないと思うのだが。

150927022.jpg

長大トンネル帯を抜けて雄冬に到着。

予想通り前線は通過し終わって

雨はほぼやみ晴れ間も出ていた。

150927023.jpg

雄冬からは細かいトンネルが連続し

そしてずっと上り坂のイヤな長大トンネルの

日方泊トンネルを出ると

150927024.jpg

この場所、やはり旧道の

町道増毛山道線の分岐へ。

町道は大雨のためか下戸が閉まっているが・・・

普通に下をくぐれるので行かせてもらった。

この先の2本連続の長大トンネルよりまし。

150927026.jpg

この道は送毛山道と異なりフル2車線の

元国道らしいお走路が全線にわたって続く。

40高中の文字が渋い。

150927027.jpg

ここもこの通り素晴らしい眺望。

道はトンネルによって便利さと引き換えに

大事なものを失ったのだろうか。

150927028.jpg

峠名はないがサミットと思われる場所。

約315mで国道から雄冬側からは250mの標高差。

増毛川では200mの標高差。

150927030.jpg

旧道はフル2車線のくねくねと下って行き

この大別苅トンネルの増毛側出口で国道と合流。

一瞬だがフル2車線道路が並行していて迫力がある。

150927031.jpg

そしてさらに国道を下って増毛の街中に入る。

150927033.jpg

駅ステーションの風待食堂はいまは観光案内所。

150927032.jpg

14時過ぎに増毛駅に到着。

何だか駅も増毛の街も観光客でごった返している。

前に訪れた時はさびしい街だったイメージがあったのだが。

150927034.jpg

そして廃止が決定された増毛駅。

ここから列車でで帰ることにする(当初の目的の一つ)

150927035.jpg

駅舎の中はお土産屋になっていて

このタコおこわ500円はかなりうまかった。

150927036.jpg

そして新千歳空港まで列車を乗り継ぎ約4時間。

北海道は広い。

空港で銀波露のとんこつ味噌ラーメンを食べて

スカイマークで羽田へ一っ跳び。

今回の青森北海道零泊二日の旅は

一瞬の豪雨はあったものの

まあまあ天気も悪くなく良かった良かった。

走行距離 110km

獲得標高1220m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2315

コメント(2)

こんな夜行列車あったんですね。
豊富な知識と緻密な計画にあっぱれです。

はまなすも3月でいよいよ廃止です。
移動に便利な夜行列車もどんどんなくなって
稚内方面、網走方面、釧路方面に続いて
これで道内夜行は全滅です。
なかなか輪行を絡めて道内サイクリングもしにくくなってきましたがバスは結構健在なので今度はバスでの移動も考えてみようかと思います。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2015年9月28日 13:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「津軽半島ツーリング(9/25)」です。

次のブログ記事は「三浦一周(10/3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。