桜満開の奥武蔵サイクリング(4/8)

| コメント(0) | トラックバック(0)

170408奥武蔵サイクリング003.jpg

今春新設されたS-TRAINで一路奥武蔵へ。

ただこのリクライニングしない固い狭い椅子で

2時間は少々キツイ。

170408奥武蔵サイクリング010.jpg

途中中目黒の駅から見下ろす

目黒川の桜は満開!

まさに桜の絨毯か?

170408奥武蔵サイクリング012.jpg

飯能に着くと予報より天気は悪く

雨が降っていて高麗までの車道では

結構本降りになることも。

遠出なのにちょっとがっかり。

ただ清流線の登り口に着くころには

雨はほぼ止んだ。

予報だとこの後徐々に回復するはず。

170408奥武蔵サイクリング014.jpg

やがて残っていた霧雨もほぼ止んだのだが

思ったよりずっと寒い。

モンベルのカッパの上着はこの後ほぼ着たままになる。

170408奥武蔵サイクリング015.jpg

顔振峠到着。

こんな天気のせいか自転車はほとんど見ない。

ハイカーとランナーは結構たくさんいる。

170408奥武蔵サイクリング019.jpg

ここからのグリーンラインは

全線濃霧、雨は止んでいても

カッパに水滴が付く。

170408奥武蔵サイクリング021.jpg

標高が800m近くになると

雲の上に出始めたようで

多少見通しが良くなってくる。

170408奥武蔵サイクリング023.jpg

刈場坂峠到着。

下界は雲の中だがここは薄日も差している。

標高818mのここが本日のチマコッピ。

170408奥武蔵サイクリング024.jpg

刈場坂峠から下りに入るとまた霧の中に突入。

今日はこの場所から西平方面へ急降下する。

ここ前も通った。

170408奥武蔵サイクリング026.jpg

下界は薄曇りで道路も乾き始めている。

ここから白石峠へアタック

と行きたいところだが

腹もだいぶ減ったので

タイムアタックをしている自転車の人びとを

尻目にのんびり上ることにする。

170408奥武蔵サイクリング027.jpg

のんびり上ればこの白石峠すごく景色が良い。

このように満開の桜と桃の間を

道は縫うように上っていく。

170408奥武蔵サイクリング028.jpg

標高が上がるとまたさっきの霧の中に突入。

170408奥武蔵サイクリング029.jpg

白石峠到着。

36分もかかってしまった。

すぐに定峰方面へ下る。

170408奥武蔵サイクリング031.jpg

定峰峠もマジで危ないくらいの濃霧。

170408奥武蔵サイクリング030.jpg

峠の茶屋でやっと昼ご飯にありつけた。

170408奥武蔵サイクリング033.jpg

定峰を寄居側に10キロほど下って左折して

二本木峠への登りに入る。

道は激坂だがこのようにあちこちで桜が咲き誇っていて

素晴らしい眺め。

170408奥武蔵サイクリング034.jpg

ふれあい牧場までの3キロちょっとは

このように平均10%にもなる激坂。

そして上のほうはまたガスガス。

170408奥武蔵サイクリング035.jpg

ふれあい牧場からの2キロは尾根上の

緩いアップダウンがらみの登り。

ただこのようにもはやどこを走っていても同じ景色。

170408奥武蔵サイクリング036.jpg

そのままどんどん直進して釜伏峠。

ここでコースは折り返しで

秩父に向かって下る。

170408奥武蔵サイクリング039.jpg

そして無事西武秩父に到着。

帰りはS-TRAINではなくレッドアローで。

至る所で桜が満開な秩父を後にする。

170408奥武蔵サイクリング041.jpg

ウエット路面のツーリングで嫌なのが

自転車が真っ黒になること。

翌日水で丸洗い!

走行距離 短めの85km

獲得標高は結構な2400m

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ayu2.com/MT/mt-tb.cgi/2387

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

天気・日の出日没


-天気予報コム-

Click for 横浜市, 日本 Forecast

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年4月10日 00:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「また平日サイクリング、(ヤビツ#03、3/29)」です。

次のブログ記事は「三国峠1本だけ(4/15)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。