鉄道ネタの最近のブログ記事

B.B.BASEの乗った(5/26)

| コメント(0)

180526014.jpg

両国発の自転車をそのまま載せられるサイクリングトレインの

B.B。BASEに乗ってきた。

列車はすべてJR東トラベルの旅行商品。

週末運行だが日によって

内房、外房、銚子、佐倉の各方面がある。

当初は往復7500円のプランしかなかったが

行もしくは帰りの4500円プランが出来て使いやすくなった。

ちなみに各プランさまざまなところで使える

500円×2のパウチャー券付き。

詳しいことは自転車blog

イギリス製の4-4-0(アメリカン)を生で見たくなり

東向島の東武博物館へ。

180406001.jpg

明治31年ピーコック社製の鉄道省5500形と同形機。

この博物館の目玉として

当初の姿に復元されて

真正面に展示されている。

180406002.jpg

スプラッシャーには

ベイヤーピッコックの名盤が誇らしげに輝く。

昭和後期まで小型蒸気が複数のこっていた東武でも

この5号機は一番最後まで残って

昭和40年に廃車になっている。

189系狂想曲E351も(3/16)

| コメント(0)

180316富士山1006.jpg

今改正でついに姿を消したE351と豊田区の189系。

毎週金曜日に快速富士山で運行されるので

ずっと追っかけてみた。

機材はEOS5Dmk4とEOS50Dほか

まずは10/6、東中野でM52編成。

180316富士山1027.jpg

そして10/27のE351Sあずさ6号東京行。

180316富士山102701.jpg

同日のM52快速富士山。

この日だけは快速赤文字の幕。

この日以外はすべて臨時黒文字幕。

180316富士山102702.jpg

同日高円寺でE351Sあずさ15号。

先行量産車のS2編成。

京急2000形最終運行(3/28)

| コメント(0)

DSC_2691.JPG

京急2000形もいよいよ水曜で最終運行ということで

鶴見川の桜を入れて。まずは800形で練習。

とりあえず

堀ノ内から特急で上京して

品川18:15発の快特久里浜行で35年にわたる運行を終える。

機材はいずれもEOS5DMk2+EF24-105mmF4L USM

180328京急2000形037.jpg

2000形最後の上京の特急品川行。

直前まではもう少し絵的に良い感じだったのだが

17:30過ぎて急速に

空が急速に色がなくなってきてしまった。

180322.jpg

ちょっと話は前になるが

早速新型ロマンスカーGSEの一番前に乗ってきた。

18032001.jpg

夕方のHWでは小田原方面はすべてEXE(MSE)化され

定員の少ない展望室付きのVSEとGSEは

江ノ島線運用に入る。

LSEはHWからは引退のようだ。

新しい話題のロマンスカーということで

新宿駅では大人気。

18032601.jpg

東京の桜が満開になったのと

京急2000形も本当に最後になったので

かの有名な撮影地へ。

京急富岡からいきなりこんな激坂というか階段というか

18032602.jpg

そしてまた激下りがあって

すぐに上り返し・・・

こんな横浜市内とは思えぬ切通しを通って

18010704.jpg

この時期には珍しい積雪量なので

雪の中のSLを撮ろうと水上へ。

6日の上りの水上駅出発シーンを撮りたかったのだが

行ってみたらあまりの積雪で転車台が使えず

上りは運休で後ろにDD51つけて折り返していってしまった。

JR高崎支社のHPに事前に乗っていたのだが見逃していた。

仕方ないので偵察がてらちらっと撮影。


 

18010702.jpg

そして翌日の午前中再び今度は下りを

このバンジーで有名な橋から。


 


 

大相鉄展行ってみた(12/18)

| コメント(0)

相鉄100周年を記念して横浜高島屋の

催事場で行われている大相鉄展行ってみた。

171216019.jpg

入り口には

6000系と8000系の大きな模型(1/50くらいか?)がお出迎え。

171216015.jpg

基本的には相鉄の1C1蒸気の時代から

昭和50年くらいまでの写真パネル展示が主体だが

社員によるミニジオラマも多数あって

規模はデパートの催し物レベルだが

まあまあ楽しい。

これは二俣川近辺のジオラマ。

てっぱく行った(11/14)

| コメント(0)

17111407.jpg

今回の目的の一つは

7月に全面リニューアルした鉄道ジオラマ。

1日に8回ほど解説ショーが行われる。

数本のプログラムがあるらしいが

今回は日本の鉄道は、

新幹線に代表される「高速輸送」と、

首都圏に代表される「高密度で正確な輸送」

17111402.jpg

松山人車鉄道(宮城県)の車輛と後ろの

大正時代のナハの実物大模型が

善行号とオハ31の間に移動していた。

17111401.jpg

11/14は埼玉県民の日で学校が休みのため

平日にもかかわらず結構混んでいたが

この豪華絢爛なマイテは子供にはいまいち人気がないようだ。

と言うかこの歴史的価値をちゃんと子供に説明できる親がいない。

171014kagoshima004.jpg

鹿児島中央駅に入線してきた特急指宿のたまて箱1号。

土曜とあって元隼人の風の3号車が増結(手前)。

171014kagoshima011.jpg

隣のホームから反対側も。

きりしまが入線してきてしまって

編成全部は写せなかった。

171014kagoshima012.jpg

奇抜な真ん中から左右色違い塗装は

屋根にまで及ぶ。

9/2の第20回3鉄祭り(盛駅)を見てきた。

170902004.jpg

北リアス線の大沢橋梁。

ここで乗客サービスのためか数分停車する。

170902006.jpg

三陸鉄道のキャラクターとして鉄道ダンシ。

DSC_4847.jpg

島越から切符を買ったら

昔風の硬券だった。

すかさず運転手に無効印を押してもらってお持ち帰り。

170902014.jpg

そして本題の3鉄祭りがいよいよ始まる。

3鉄とは盛駅に乗り入れている

JR、三陸鉄道、岩手開発鉄道の3鉄道会社のこと。

170902016.jpg

餅まき。

DSC_4858.jpg

餅が勝手に転がってきた。

2017JAM(8/18)

| コメント(0)

ビックサイトで行われた国際鉄道模型コンベンション(JAM)行ってきた。

国際といってもほぼ日本人だけなのは相変わらず。

メーカー系はすっ飛ばして例のごと目についたレイアウト関係だけ紹介

170818JAM013.jpg

おなじみ後閑交差点モジュール。

2013年くらいから毎年の出展だが

苗場からの買い物のときなどよく通る場所だけに

何となく気に入ってる。

170818JAM012.jpg

水上館モジュール。

見ていた高校生が

線路をまたぐホテルなんか実在するわけないよと話していたが

実在するのですよこれが!

170818JAM014.jpg

そして115系もほぼ過去になってしまった水上駅前モジュール。

毎日新宿特急ホームを通っているのと

そろそろE257の置き換えも報道されたことだし

特徴的なE沿線イラスト付きの257あずさの号車ステッカーを

一通り写真を撮ってきた。

あずさ1.jpg

まずは1号車のクハE257.

こちらは新宿の高層ビル。

あずさ2.jpg

2号車クモハE257、パンタ付き車両。

これは高尾山の紅葉だそうだ。

1号車と2号車は9両編成のときは連結されない。

20170515134036_3J2A0910.jpg

ちょっと記事が遅くなったが

鉄博ではマイテ3911の桃山式展望室が

期間限定で公開されているので行ってきた。

1日1時間のみの公開で一組3分ずつ1日20組限定。

休日ではだめなので平日の午後に来館。

20170515140125_3J2A0930.jpg

早速中へ。

漆塗り(復元にあたって実際はカシュー塗り)の扉を開けて中へ。

金色に輝く金具は屋外展示時に風雨によって失われ

これは精巧にかたどったFRPの偽物だそうだ。

灯具は脇灯の一つを除いて全部本物。

170421宮崎鹿児島自転車105.jpg

日南線の終点の志布志駅。

鹿児島県志布志市志布志町志布志の住所で有名な場所。

かつての日南線と大隅線と志布志線のジャンクションとして

機能した広い構内を誇ったが今はごらんのとおり畑になっている。

そして大隅線を断ち切るよう現駅舎が建っている。

170421宮崎鹿児島自転車107.jpg

かつての志布志駅舎が建っていた場所が

鉄道公園になってゆかりの車輛が保存されている。

一番最初に目に入るのはC58112.

170421宮崎鹿児島自転車108.jpg

経歴。

S-TRAIN乗った(4/8)

| コメント(0)

170410007.jpg

話題の横浜秩父直結のS-TRAIN乗ってみた。

土曜朝の横浜駅。

S-TRAINは1号車は元町寄り、それ以外は池袋寄りの

1ドアのみの開閉客扱い。

早速乗車。

170410008.jpg

横浜からだとがらがらの車内。

170410010.jpg

ネットだと号車と窓側通路側の指定のみしかできない。

割り当てられた席はドアの直後。

ロングシートのときに袖当てになる多くなガラスしきりにがあって

足元のスペースがこれだけしかない。

しかもリクライニングはしないから(全席共通)

窓からの景色もほぼ見えない最低な席。

車掌に聞いたら開いている席に自由に移動してもよいとのこと。

ただし指定券を持った人が来たら移るようにとのこと。

平日鉄道博物館(4/5)

| コメント(0)

春休みも終わってすいただろうということで大宮詣で

17040601.jpg

エントランスでコノデゴイチの前頭部がお出迎え。

万世橋の旧交通博物館のエントランスににあった

ものを移設したもの。

一緒にあった新幹線0系の先頭部は中にある。

17040603.jpg

そしていきなりお目当てのマイテ39.

富士のテールサインをつけ

戦前の東京駅のホームをイメージした飾りつけだが

車体も色も(クリーム帯)も標記も(マイテ3911)戦後仕様。

一応テールランプを右側だけの点灯として

戦前の雰囲気を醸し出させている。

17040604.jpg

永らくの屋外保存で傷んでしまった展望室も

さすがに宮大工の問題や技術金銭など

さまざまな問題によりもとどうりに復元できなかったのだが

最新のFRPのコピー&塗装技術で復活した

桃山式の展望室。

相当よく見てもイミテーションとはわからない。

ここも絨毯床、横引きカーテンなどの戦後仕様。

残念ながら1等客室は復元されていなく

ブラインドが下ろされたままで室内は未公開。

EXEα発進!(3/1)

| コメント(0)

170301001.jpg

EXEαの一番列車は2017年3月1日の16:30の

はこね41号。

帰宅時間にはまだ早い平日のこの時間帯なのに

はこね41号は満席。

当然前後のロマンスカーはガラガラ。

170301015.jpg

当然ホームも異常な混雑。

いつもとは客層が明らかに異なる。

そしてやってきた。

170301019.jpg

ホームの反対側ではささやかな式典が行われていたらしいが

そのころ社内整備と客室従業員には

一番列車らしい緊張感が漂う。

るるぶロマンスカーも処女列車なので

全座席に設置せねばならないし。

170301024.jpg

式典も終わり花束を手に乗務員が乗り込む。

170101naeba004.jpg

遂に5D mk4買った。

170101naeba005.jpg

新宿駅には臨時のあずさかいじの乗車¹が

170101naeba001.jpg

と言うことで12/30のあずさ81号の撮影に高円寺へ。

中野方のお立ち台ポイントは

15人ほどの同業者でいっぱい。

幸いに前から3列目で前2列はしゃがんで撮影だったので

まあまあのポジションが取れた。

ただ冬の昼時のこのポイントはビルの影が

フルサイズ300mmではかわし切れないので

中望遠域での撮影となる。

EOS5D4+タムA005

まだカメラとうまく対話しきれていないが

まあまあな感じに撮れるようにはなってきた。

15697223_1256608887762335_3952904655709652973_n.jpg

そして5D MkⅡが去っていった。

今までありがとう。

やっぱり自分はフルサイズ機のほうがしっくりくる。

161015山北D52037.jpg

鉄道記念日の10/14と翌15日に

山北鉄道公園に保存されているD52の70号機が動く。

ということで土曜日の15日に行ってきた。

動くといっても圧縮空気で動かすもので

川場のD51とか若桜のC12と同様の方法。

161015山北D52002.jpg

15日は10時と15時に動かすという話だったが

14時前に会場に着くと

好評のためか10時から15時の間毎時1時間ごと

に動かすということに変更されていて

早速14時の運転が始まった。

レールを12mほど前方に延長させ

1.75mの動輪が2回転分だけ動く。

161015山北D52006.jpg

こんな感じでテンダーにコンプレッサーを

積んでここから圧縮空気をボイラーに送り込んでいる。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち鉄道ネタカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは制作中です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。