SLみなかみ(鬼滅の刃)乗った(11/21)

| コメント(0)

201121SLみなかみ006.jpg

鬼神の刃化されているSLみなかみに乗った。

高崎駅で。

今秋はこのヘッドマーク。

201121SLみなかみ005.jpg

アルミサッシ化されちゃったんじゃと言う疑念があった

もはや現役最古の客車になった「スハフ32 2357」

よく見ると鬼神シールが窓に貼ってあるだけで一安心。

201121SLみなかみ013.jpg

高崎の旧客も今秋大幅リニューアルと言う暴挙を受けたのだが

JR東もこの車両の貴重さはわかっているのかどうか

この車両だけは車内は現役時代のままで一安心。

201121SLみなかみ010.jpg

検査標記は「20-5」全検上がりのピカピカである。

201121SLみなかみ014.jpg

ラウンジカーに改造されたスハフ42 2173。

ちなみにこの改造前から

近代化改装客車の特徴的な白熱灯台座に付けられた

サークラインの蛍光灯は

白熱灯チックなLED照明とカバーに変えられている。

201121SLみなかみ046.jpg

強引に定員0名。

201121SLみなかみ023.jpg

乗車したのは2号車のオハ47 2246。

典型的な近代化改装車であったが

この通り今回戦前客車風にリニューアルされている。

灰色9号塗装だったところはすべて焦げ茶色に塗りなおされ

アルミサッシにも木目調のシールかなんかが張られている。

床のリノリウムも木目調の床材が上張りされている。

201121SLみなかみ029.jpg

このとおり窓には鬼滅の刃シールが貼られている。

201121SLみなかみ020.jpg

ブラインドはこの通りぐんまちゃん仕様?

まあいいんだけど

何両かは近代化改装車仕様のまま残してほしかったところ。

なんの温かみもない近代化仕様だったが

今となってはそれを残すものが少なく貴重になりつつある。

201121SLみなかみ050.jpg

ドアはSLみなかみとして本格運用になってから改造された

開けるときだけは手動で

閉塞施錠が自動化された仕様。

まあこの辺は現代の幹線を走る車両としては仕方ないところ。

201121SLみなかみ031.jpg

と言うことでこの後付けの戸締り灯もやむを得ない装備。

201121SLみなかみ022.jpg

と言うことでお見送りを受けつつ発車!。

北風が強くC61 20号機も発進時は苦しそう。

201121SLみなかみ054.jpg

力強いドラフト音とともにぐんぐん山の中へ入っていく。

途中総社や新前橋、渋川に沼田、後閑に停車。

途中駅でで下車する人も見受けられた。

また渋川では特急と各駅列車待ちあがり

その気になれば沿線で写真を撮ったあと

口座億で追いかけ渋川で追いつき乗ることができそう。

201121SLみなかみ060.jpg

2時間ほどかけて終点水上。

C61 20はすぐに切り離されて

転車台のあるSL広場へ。

201121SLみなかみ073.jpg

そして転車台で恒例の「いつもより多く」回して

方向転換して発車直前まで待機する。

201121SLみなかみ080.jpg

帰りは上牧のベイシア裏でお見送り。

この場所上り列車は下り坂で

しかも後閑停車のため惰行減速中で

煙は一切出ないのが寂しいところ。

コメントする

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年11月25日 10:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大型3AB客車の作成 スハフ28800 (11/5)」です。

次のブログ記事は「トレジャーキハ56平窓後期型 (12/17)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。