現役最後のSLの寂しい扱いの安平町と倶知安の二つ目を少し(9/6)

| コメント(0)

200905倶知安96安平D51026.jpg

最近出来て話題の道の駅 あびらD51ステーションに行った。

噂通り駐車場待ちができるほどの賑わい。

200905倶知安96安平D51028.jpg

追分駅近くの鉄道資料館から持ってきた

D51 320号機も相変わらずきれいである。

本当は最後の営業列車(貨物列車)を牽いた

D51 241号機が保存されるはずだったが

追分機関区とともに全焼してしまったので

急遽320号機が保存されたといういわく付きのカマである。

200905倶知安96安平D51034.jpg

区名標にはもちろん追分機関区を示す「追」が

200905倶知安96安平D51053.jpg

これを見るまでは素晴らしいと思っていたが

旧鉄道資料館に行って目が覚めた。

クリップボード01.jpg

グーグルマップではまだ見ることができるが

これは最後のSLのD51の燃え残った

動輪と煙室扉とナンバーで作ったモニュメントの成れの果て。

さすがに追分町の時は国鉄OBも大勢いたから

大事にされていたのだが

おそらく安平町として合併した時に

単なる客寄せパンダに成り下がってしまったのであろう。

200905倶知安96安平D51056.jpg

D51241号機の看板もこのように雑に捨てられている。

200905倶知安96安平D51058.jpg

ところで煙室扉はどこ行った?

近代遺産たるD51241号機の部品が

こんなに粗末にされてる町の無理解を見ると本当に

悲しくなる。

200905倶知安96安平D51038.jpg

気を取り直して道の駅の紹介を少々。

この通り1086号機以外の3両分のナンバー。

200905倶知安96安平D51047.jpg

クラウドファンディング整備移設したキハ183

ただ先ほどの241号機の扱いを見ると

この車両の将来も非常気掛かり。

だいたい屋根も作ってもらえなかったし。

200905倶知安96安平D51045.jpg

後ろには先ほどの鉄道資料館にあった

ヨとワムがいる。

そして

200905倶知安96安平D51060.jpg

取り残されたスハ45は朽ち果てるのみなのか?

そして

200905倶知安96安平D51001.jpg

倶知安の文化福祉センターの

二つ目のキューロク79615号機。

一応きちっと保存しようとする意志は感じられるのだが

いかんせんニセコ山麓の厳しい自然条件の中。

ライトは一つどっかに行ってしまってるし

200905倶知安96安平D51005.jpg

給水ポートも一緒に保存されている。

こうおした生きた感じの保存は

少しは愛情が感じられるものである。

200905倶知安96安平D51015.jpg

キャブ内にも自由にはいれる割には

欠損部品も少なく意外にまともに保存されている。

200905倶知安96安平D51010.jpg

駅名標も・・・。

だたこれは函館本線のホームのモノっぽいので

本当は胆振線の名標が欲しかったところ。

200905倶知安96安平D51016.jpg

そしてすぐ近くには

旧胆振線六郷駅跡地として

鉄道記念公園がある。

200905倶知安96安平D51017.jpg

ホーム(復元か?)ヨ6000とオハフ46501が保存されている。

2両とも意外に状態は良い。

200905倶知安96安平D51020.jpg

キューロクの動輪も。

ただ地元の人には愛着は全くないらしく

子供が保存されている踏切の警報器を

バスケットゴールがわりに

バスケットボールをガンガンぶつけていた。

なんだか鉄道車両の保存について

随分考えさせられる2日間であった。

.

コメントする

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年9月11日 14:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「沈んだ街あるき(大夕張シューパロ湖 9/6)」です。

次のブログ記事は「ワールド工芸C51 208 作成(その1 10/8)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。