マイネ40 11 車内公開 (1/9)

| コメント(0)

210109碓氷マイネ40028.jpg

碓氷鉄道文化むらに保存されているマイネ4011の

車内公開が久々にあるというので行ってみた。

さすがに野外展示なので厳しい状態だが

予算の範囲内ではあるのだが

順次塗り替えられたりはしているみたいだ。

210109碓氷マイネ40005.jpg

隣のD519と同時の公開で

基本的に感染症対策のためか2,3人ずつの

案内となっているみたいだ。

210109碓氷マイネ40040.jpg

で早速中へ。

210109碓氷マイネ40041.jpg

残存デッキよりのトイレと洗面所は

引退して工事車になった時に

つぶされて理念置き場になっている。

210109碓氷マイネ40007.jpg

そして旧開放寝台側へ潜入!

210109碓氷マイネ40010.jpg

プルマン寝台の座席兼ベットは外されて

畳敷きになっていて

更に上段寝台も外されているが

それ以外の雰囲気はマイネ40のときのまま。

と言うよりも2等級制になった後の

マロネ40時代の内装である。

ちなみに日本最初の蛍光灯装備車のはずであるが

蛍光灯類は当時のものからは取り換えられている模様。

このベットに腰かけて昭和30年ころの

1等寝台車の旅気分にしばし浸る。

210109碓氷マイネ40020.jpg

冷房車のため窓は2重窓。

現役時西陣織だったカーテンは

さすがに変えてある模様。

210109碓氷マイネ40021.jpg

更に残念なことに車軸式の冷房装置も

工事車になった時に取り外されてしまっている。

210109碓氷マイネ40046.jpg

開放寝台室を出て

旧喫煙室と専務車掌室へ。

喫煙室の椅子は当時のままみたいだが

専務室は壁が取り払われて机が置かれていた。

210109碓氷マイネ40013.jpg

そして個室へ。

ここももう旧1等寝台車の雰囲気そのものが残っている。

210109碓氷マイネ40022.jpg

そして個室の中。

末期は二人用個室3室が使用されていたのであるが

工事車になった時に

ベットは外されて畳敷きになって

上段寝台も外されたのは

開放寝台室と同様だが

洗面台がないのはしかたないが

かつて1級国民の乗った雰囲気は十分感じられる状態。

そしてこの部屋の先はトイレと理念があったのだが

工事車時代に撤去されていて荷物置き場になっていたようだ。

と言うことで何回も並びなおして乗ってしまった。

寄付箱もあったので1000円ほど寄付して

なんか上級国民にちょっと浸った気分で

碓氷を後にしたのである。

コメントする

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2021年1月14日 10:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「越後湯沢でシャワーMAX撮り(1/3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。