夕張空知の鉄道遺産訪問(その4 6/21)

| コメント(0)

200620北海道炭鉱ツーリング0228.jpg

そして電化区間なのに

山明が走ってくる美唄へ。

200620北海道炭鉱ツーリング0235.jpg

美唄市街からほど近いこの

美唄鉄道東明駅跡へ。

美唄鉄道現存唯一の駅舎だが地元保存会の人々によって

きれいに保存されているし草刈もきれいにされている。

200620北海道炭鉱ツーリング0238.jpg

そしてこれも国内唯一の4110型である

美唄2号機。

正確には自社発注の同型機であるが。

200620北海道炭鉱ツーリング0250.jpg

運転席に入るとスピーカーから汽笛の音が流れる。

このように動力逆転機である。

200620北海道炭鉱ツーリング0252.jpg

運転席から見る駅舎との位置関係はこんな感じ。

200620北海道炭鉱ツーリング0260.jpg

ちゃんとホームも残っている。

本線跡はかつてはサイクリングロードであったが

現在は廃止されていて通れない。

200620北海道炭鉱ツーリング0262.jpg

サイクリングロードとして整備されていた時期もあったので

このようにかなりの橋梁が残っている。

200620北海道炭鉱ツーリング0264.jpg

美唄炭山駅跡はキャンプ場に。

かつて数千人が住んでいたこの地区も

今やほぼ無人。

キャンプするにしても誰もいないと

クマに襲われそう。

道路を挟んだ反対側はスキー場。

200620北海道炭鉱ツーリング0266.jpg

そして終点の常盤台駅と美唄炭鉱の竪坑。

右奥に見えるホッパーともども

炭鉱メモリアル公園として整備されているが
人っ子一人いなくて熊注意の看板が非常に気になる。

200620北海道炭鉱ツーリング0282.jpg200620北海道炭鉱ツーリング0283.jpg

看板には当時の写真(左側に竪坑2基が見える)と

線路や建物の配置図があるので

最盛期を思いつつ熊に怯える?

200620北海道炭鉱ツーリング0289.jpg

美唄を離れ南下して

旧幌内線の萱野駅跡。

駅舎はライダーハウスとして利用されている。

常時人が入っているので当然きれいに使用されている。

200620北海道炭鉱ツーリング0291.jpg

ホームとレールが(それとヨ8000)残る。

200620北海道炭鉱ツーリング0296.jpg

さらにどんどん進んで今度は万字線の朝日駅跡。

朝日炭鉱の積み出し駅として栄えた駅だが

今は周りに人家すらない。

200620北海道炭鉱ツーリング0298.jpg

跡から作られたと思われるホームに

全然こことは関係ないB20 1(元小樽築港)が

一時この機関車ともども荒れ果てていたらしいが

地元有志の方々が再生してくださって

いまはこの通り、このままずっときれいでいて欲しい。

200620北海道炭鉱ツーリング0301.jpg

運転台は梅小路の10号機同様正規の左側、

ブレーキも単弁のみしかついていない。

200620北海道炭鉱ツーリング0303.jpg

レールは少し続いていて

奥に本来のホームが残る。

駅舎とホームが少々離れているのは

炭鉱駅にはよくあるパターン。

200620北海道炭鉱ツーリング0308.jpg

美流渡のはずれにある

万字線鉄道資料館は日曜日はお休みと言うことで

見学は出来なかった。

200620北海道炭鉱ツーリング0309.jpg

美流渡駅跡はただの広場に

200620北海道炭鉱ツーリング0310.jpg

万字駅跡は実はこの手前の

簡易郵便局の建物が駅舎だったそうで

急遽コース変更のためリサーチ不足は否めず。

そのため終点の万字炭山駅の跡は通り過ぎてしまった。

200620北海道炭鉱ツーリング0340.jpg

そして万字峠を越えて夕張市内は

1回目で乗せた通り。

そこから栗山方面へ下る。

おなじみ新二股駅跡。

200620北海道炭鉱ツーリング0343.jpg

裏手は少し改造されている。

少し前まで何かの施設として使用されていたらしいが

今は何も利用されていないようだ。

少し荒れが進んだのが気になる。

200620北海道炭鉱ツーリング0345.jpg

次の継立駅も現存する。

200620北海道炭鉱ツーリング0346.jpg

ホーム側も現役時代をほうふつさせる。

ここは今も工務店か何かの事務所として現役なので

これ以上は遠慮させてもらう。

200620北海道炭鉱ツーリング0348.jpg

そして今回の旅の本目的の

栗山公園の夕張21号機。

自社発注のキューロクで

一番最後に生産されたキュウロク(1941年製)

一部パーツは欠損がみられるが

状態もそんなに悪くなく

ちゃんと屋根も作ってもらって

栗山公園でいつも子供たちに囲まれていて

ある意味幸せな老後を送っている。

200620北海道炭鉱ツーリング0368.jpg

特徴ある簡易スノープロウ上下用のシリンダーと

平和での補機自動開放用の

助手席から伸びた連結器の開放てこ。

200620北海道炭鉱ツーリング0361.jpg

運転席もキューロクによくみられるような

入れ替えに便利な右運転台改造は

当然本線機なのでされていないのが逆に新鮮。

加減弁と逆転機を捜査してブレーキを緩めれば

今にも走り出しそうだ。

200620北海道炭鉱ツーリング0357.jpg

テンダー後面は右に大きな特徴的な手すりがあるが

上に上がる梯子がない。

給炭作業に不便すぎるので本来はあったはずなのだが。

でもキレイに後もない。

200620北海道炭鉱ツーリング0376.jpg

そして長沼の夕張鉄道25号機。

元国鉄49694(最終鷲別)である。

かつてかなり荒廃していたそうだが

塗り替えもしてもらって今ではとてもキレイ。

200620北海道炭鉱ツーリング0382.jpg

こいつもスノープロウ上下用シリンダーと

自動開放用の助手席からの連結器開放ロッド付きなのだが

ロッドの取り回しは21号機とは異なる。

200620北海道炭鉱ツーリング0386.jpg

テンダー部は梯子もあるし

標準的なキューロクの後ろ姿。

ちなみに25号機は大正10年(1921年)製で

21号機より番号は後だが

製造20年以上も古い。

ということで今回の鉄分補給の旅はお仕舞!

この辺は新千歳からも近いので

また訪れえることもあるであろう。

全般的に最近北海道の鉄道遺産は

札幌圏を中心にだいぶ再整備が進んできて

あまり荒廃したものはなくなってきたのではないかと思う。

まあ荒廃したのは撤去されてしまったという話もあるが。

このままずっと奇麗なままで

子供たちに囲まれて幸せな老後を過ごしてほしいと思う。

コメントする

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年7月 7日 13:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夕張空知の鉄道遺産訪問(その3 6/20)」です。

次のブログ記事は「ワールド工芸C53前期型大鉄型キット組み立て(7/7)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。