製作中の最近のブログ記事

170526003.jpg

まずはGM客車のコンバージョンキット。

0.1mmの燐青銅板に2mmのドリルで穴をあけて

0.5mmの銅線を半田付けして集電板を作る。

170526004.jpg

台車には多少の工作誤差も考慮して1mmドリルで

銅線を通す穴をあけて台車の片側に

作成した集電板を差し込む。

車輪は片絶縁車輪のままで交換しないので(費用の件で)

1台車に付き片側集電ということに。

170526005.jpg

1mmドリルでこのように床版に穴をあけて

先ほどの集電板につけた銅線を通す穴を作る。

ワールドEF50完成(4/30)

| コメント(0)

170501009.jpg

大正から昭和初期の東海道の花

デッカーの親分のEF50.

これはワールドの前代のキット。

現行キットでは原型、改装型など細かく分けてあるが

これは一応パンタはPS14であるが

台車もイコライザーをつける前であるし

デッキドアなども木製なので戦前の富士などの牽引時代

として使っても問題ない時代設定と思われる。

170501010.jpg

動力はフライホイール付きのもので

動力性能は問題ない。

問題は運転席裏のウエイトなどかなり補重には気を使ってあるが

どのくらいのけん引力があるかである。

170501001.jpg

さっさと組み立てる。

ボディー側は側面ベンチレーターを

曲がらないように半田付けすることくらいで

さしたる問題点はない。

170404マイテ39013.jpg

車体が完成したので早速塗装に入る。

ガイアのプライマーを塗り白帯と下塗りを兼ねまずは白3号。

オロ31も同様に下塗りを白3号で。

170404マイテ39014.jpg

マイテの室内の仕切りには桃山式の装飾のエッジングが

されているので折角だから茶色を塗った後磨きだした。

17032501.jpg

戦前型客車のキットも大分たまったので

本腰を入れて消化することに

まずはキングスのマイテ37010と

キングスのキットはリニューアル後は

格段に組みやすくなってちゃちゃと組める。

17032503.jpg

マイテの台車と床下。

使用する車輪にもよると思うが

うちにあった余った車輪を使ったところ

フランジが中梁に接触して台車が首を振りにくくなったので

写真の通り中梁の一部を切り書いてフランジを逃がした。

17022401.jpg

上回りができたので

次は足回り。

トラス棒の部品を2枚重ねて

写真のように取り付ける。

外側の部材の分だけ床下から

はみ出るように取り付けるのがミソ。

必要のない水タンクは削って余ったプラ板で塞ぐ。

17022402.jpg

上回りをかぶせてみたところ。

下回りから板材1枚分の幅はみ出させる理由がここ。

木造車特有の露出した台枠表現。

トラス棒はそのままでは非常に頼りないので

瞬間接着剤うぃ充分にしみこませて強化しておいた。

17022403.jpg

下地を整えるためにサーフェイサーを吹く。

17021700.jpg

前にJMNAフェスでIORI工房の

木造客車キット買ったのだが

やっと組始めることにした。

レーザーカットによるペーパーキットで

最近はストラクチャーなんかでよく見る方法である。

このシリーズこの大型2AB型のほか

明治時代の古典客車などかなりのバリエーション展開がある。

17021701.jpg

Nでペーパーの車体なんてそれなりの形になるのか

不安を持ちつつまずはナハ22000から取り掛かる。

IORI工房のtwitterに記載のある通りに

外板の貼り合わせはタミヤセメントの白キャップを使用。

これだと多少の位置直しも可能だし

外板が反り返ることもなくって確かに調子がいい。

17021702_1.jpg

問題のシルヘッダーだが

twitterでは瞬間接着剤の使用と書いてあったが

実験でやってみたらあまりうまくいきそうもないので

ここは帝石に木工用ボンドで(多少うすめて)貼った。

 

16111101.jpg

たまってるキットを消化すべく

レヴォリューションのスハネ30100のキットを組んだ。

GMのスハ32もしくはオハ35のデッキ部分を生かす

コンバージョンキット。

ただこの手のキットは雨樋の表現が

2段エッジングのキ高級キットでもない限り貧弱なので

別途キッチンのSUSのやつを半田付けした。

16111102.jpg

ついでに以前作ったキッチンのマロネ37(絶版)も

戦前仕様に塗り替え。

ちなみに色はブドウ色1号はガイアカラー

赤帯はGMの赤2号、青帯はインディブルー。

青帯は色の濃い戦前仕様とは言えもう少し明るくてもいかもしれない。

16111103.jpg

完成。

モデモのスハ32戦前仕様やキングの旧キット等とつないで

昭和10年代の特急富士。

16081205.jpg

発売になった鉄コレキハ54_500だが

両エンドともダミーカプラーで重連できないので

TN化を行うことに。

今回はためしに2種類のTNを使ってみた。

ハイモ用のJC6360とキハ40用のJC6352。

16081206.jpg

左がハイモ用、右がキハ40用。

ハイモ用は台車との干渉を避けるため

かなり短くなっているが

キハ54はオーバーハングも長く

干渉は特に問題にはならない。

160105.jpg

年越しの作成車両。

超特急燕の横浜名古屋無停車の秘密兵器。

今は亡きキングスホビーのキット。

簡単なのかと思ったが車体のほとんどを覆う

手すりの嵐でかなりハンダ付けが大変だった。

跡は塗装を待つのみ。

 

ナンバープレートも機関車の分まで付属しているので

有井のC51燕牽引機にもエッチング製の

実感的な書体のナンバープレートが付けることができる。

151217.jpg

イエロートレインのスニ30のコンバージョンキット作成中。

ここまで出来た。

このキット、スニ30とあるだけで

素性の違う旧36500(31系車体)なのか

旧36650(32系車体)なのか書いていないのだが

窓の縦横比から言って恐らく前者だと思われる。

キットそのままだと雨トイの表現もチープなので

キッチンの2段雨トイ(洋白)を半田付けした。

15121702.jpg

コンバージョンのあおりで廃車になったのは

KATOオロ30、しかも製品番号3ケタの大昔の奴。

このようにウエイトなども錆錆になっていて分解しずらかった。

台車もブレーキシューの表現のない古いやつだったが

さすがにこれは他の車両から振り替えた。

後はプラ板をスペーサーとして張って

微妙な隙間などをパテ埋めなどで埋めて

妻板にドア、手すり、ハシゴ等を付けて完成となる。

131121_01.jpg
 以前作ったクモハ54002(昭和57年)であるが
僚機のクハ47104とともに表面のクリアが
何故だかざらざらになって白濁してきた。

かなり醜くなってきたので塗りなおすことにした。
まずは塗装はがしは終了。


 131121_02.jpg
そのついでに以前ISPで塗装剥がしたっきり
放置プレイされている大糸線鉄コレの作業を始めた。
まずはトイレ窓と後部のドア前の窓のサイズ変更などから。
何を目標に作っているかというと
飯田線旧国際末期まで残った
42系クロハ格下げ車のクハ68403。
一緒に編成を組んでいた相棒は
これまた42系クモハの3扉化改造車のクモハ50008。
こちらも解体色はがしは終わっている。o

PB170434.jpg
 ここまで進んだ。

PB170436.jpg
 やえもんのキットはワールドなんかと比べると
やはり難易度は数段高い。

でも何とか形にはなった。

PB170437.jpg
 従輪は最初C56の先輪と同じものを
使ってみたのだがローフランジの薄い車輪なので
案の定脱線することも多いので
D51の旧製品などで使われていた
ハイフランジのものに変えた。

カプラーは前はZ用ケーディー905.
後ろはケーディーの1015をかなり削って接着。


あとは手すりや床下の配管などの
ディテールアップ作業で組み立ては完了!

やえもんデザインC12

| コメント(0)

PB090389.jpg
 KATOのC56を利用してC12を作るコンバージョンキット。
C56の再生産があって追加で1両手に入れたので
やっと組む気になった。

PB090393.jpg

実物もタンクかテンダーかの違いのみの
兄弟機なので組むのも楽かと思いきや・・


このキットコールバンカの梯子さえ
このように真鍮線を使った手組・・・。


 PB090395.jpg
やっとここまで出来た。
このまで実に半日かかった。

あとはサイドタンクを組んで
種機を改造して
その後楽しいディテールアップ。

まだまだ先は長い。

120721_001.jpg
 昭和5年「富士」の未完成最後の1両のスシ。
やっとここまでできた。
後は塗装のみ。
さすがに連続7両目となると
集中力も切れ気味で色々と失敗も多い。
もうしばらくは金属キットは組みたくない。


 120721_002.jpg
そしてヤフオクで落としたモデモのスハ32Wルーフを
ぶどう色1号+赤帯に塗り替えるために
シンナープールで塗装を落とし、バラバラにした。
スロ34のところでも書いたが
もともとキットで売られてたこの製品を
元の姿に戻すのが一番リスキー。
やはり昔のナカセイのキットを
仕入れるのが一番なのだが。

当然スハ32Wルーフは床下機器は丸い水タンクに
大型蓄電池の戦前仕様に変更する予定。

120629_0001.jpg
 本日はここまで。

120625_002.jpg
 とりあえず片面だけ。

120610_001.jpg
 戦前「富士」のもう一つの1等車であるマイネ37130。
2両目なのでだいぶ勘は戻り
少しはまともに組めるようになった。
後は塗装を待つのみ。
こちらは区分室側。

120610_002.jpg
 こちらは通路側。
マイネ38は今で言う全室コンパートメント寝台で
片側通路のためこのように左右で窓配置が全く異なる。
定員はなんと19名しかない。

120608_001.jpg
 スイテはとりあえずなんとか体裁を整えて
あとは塗装とベンチレータの取り付けのみとなった。
11両目の一等展望車。
これでダブりはあるが奇しくも戦前の鉄道省の
展望車の実車数と同じ両数になった。


 120608_002.jpg
スロは後はレタリングや仕上げを残すのみ。
ガイヤカラーのぶどう色1号は戦前の磨きこまれた
特急用客車のイメージピッタリである。

特急「富士」 スイテ37000

| コメント(0)

120607_001.jpg

禁断の果実食べ始めてしまった。
まずは最後尾の一等展望車から。

久しぶりに本格的な金属キットを
半田付けで作ってるので
イマイチ、失敗が多い出来になった。
やはりウインドシルと2段雨樋の半田付けは
久しぶりに行うとかなり難しい。
でも、とりあえず2時間でここまで出来た。

こんな出来でも丁寧に塗装すれば結構見まともに見える。

特急富士

| コメント(0)

120605_003.jpg
 禁断の果実を食う前に・・・・・
家にある1等展望車を並べてみた。

ここにあるだけでも10両。
手前左 スイテ481戦後(キングスキット組み立て)
中列左から
マイテ391青大将(キングスキット組み立て加工)
マイテ3921戦後(キングスキット組み立て)
マイテ492青大将末期(KATO完成品改造)
マイテ491戦後(KATO完成品改造)
スイテ372戦後(KITCHNキット組み立て)
マイテ391戦後(KATOつばめセットそのまま)
マイテ3921青大将初期(KATO青大将セットそのまま)
後ろ左から
マイテ581青大将(KATOはとセットそのまま)
マイテ492戦後(KATO単品完成品)

120605_004.jpg
 そして禁断の果実のキングスの富士セット。
キングスホビーも休業してそろそろ手に入らなくなるかも
と思って手に入れた。
ただし妻板と床が金属の旧セット。
前述のスロとあとマロネを加えれば
昭和5年のフル編成になるが
マロネの単品はまだ手に入っていない。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち製作中カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新規入線です。

次のカテゴリは小加工です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。