キハ27モデルチェンジ車の作成(7/17)

| コメント(0)

200721キハ27008.jpg

北海道の急行型気動車では一番最後まで残ったグループなのに

なぜか製品化に恵まれないキハ56,27モデルチェンジ車(パノラミックウインドウ)

200721キハ27001.jpg

K.L labさんからレジンボディが出ているので取り寄せてみた。

過去にはトレジャータウンからもレジンボディが出ていたのだが

うちにもキロ27非冷房改造冷房車(大多数グループ)が

レジンという素材の不安もあってずっと塩漬けになっていた。

200721キハ27002.jpg

トレジャーのほうは10年近くたっても

ボディーの変形は認められず良好

付属のガラスパーツととみに多少の黄化が

見られる程度だったので

この度一緒に作成することにした。

トレジャーのほうは室内等が透けるという噂があるので

レジンの表面処理→プライマー

の後、遮光ブラックproを塗って

さらに1500番くらいのサーフェーサーを吹いた後

本題の塗装に入った。

200721キハ27003.jpg

K.L labのやつは窓ガラスなどは

tomixのキハ56の補修パーツを使うことになっているが

造形時の微妙な歪みのためか

そのままでは入らず3分割にしてはめ込んだ。

200721キハ27008.jpg

なあ随分荒っぽい塗装だが室内等も組み込んで一応完成。

トレジャーのキロは窓が多少、上方にあるらしく

窓周りとグリーンの帯の位置関係が少々苦しいが

屋根の深さに違いなどは端的にわかって面白い。

インレタはトレジャーのキハ56用。

この製品レジンボディ発売のころのやつも持っているのだが

劣化と言うのを除いても

明らかに昔のやつより現販売中のやつのほうが転写しやすい。

ナンバーは何となく釧クシの204号車にしてみた。

キハ56,7,8系列については特定車細部に凝ろうと思えば

いくらでもできるし資料もそこそこ持っているのだが

年代も幅広いしあまりこだわらずにノーマルのままにした。

ということで積キットが一つ解消された話でした。

コメントする

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年7月21日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワールド工芸C53前期型大鉄型キット組み立て(7/7)」です。

次のブログ記事は「沈んだ街あるき(大夕張シューパロ湖 9/6)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。