運炭車を色々(6/15)

| コメント(0)

200609石炭車夕張ナハ036.jpg

まずは2か月以上かかってヨーロッパから届いた

このファラーの竪坑のキット。

ホビーセンターKATOでも扱ってたのだが

売り切れみたいなのでamazon経由で。

200609石炭車夕張ナハ038.jpg

そのままではいかにもドイツ古典風過ぎるので

鉄骨の色を夕張とか美の竪坑みたいに赤く塗って

さらにジオコレの役所とくっつけて

少し近代的竪坑にしてみた。

巻き上げモーター室と煙突は

窓枠などの色を多少変えるだけでそのまま使う予定。

竪坑とポケットと炭住がそろったら必要なのは

石炭車(運炭車)なのであります。

セキ3000の黄帯仕様がすでに50両ほど在籍していて

夕張線っぽくD51にひかせたりしているのであるが

もっと古いのが欲しいということで

モデルアイコンのセキ1000は数量あるので

今度は

200609石炭車夕張ナハ005.jpg

日下総研さんのこの3Dプリントキット。

セキ1!しかも一気に3種類。

200609石炭車夕張ナハ006.jpg

3Dプリントということで

積層痕はでるので

サフを吹いてひたすらペーパー掛け。

ただディテールもいろいろあるので

完全には取り切れないのだが。

200609石炭車夕張ナハ007.jpg

適当なところで組み立て。

部品の合いは異常に良い!

庫内の補強などはあっさりと省略されている。

カプラーは付属のものが

自動連結はできないもののKATOナックルと

連結出来て形もそこそこなのでそのまま使用。

そして次々完成。

200609石炭車夕張ナハ010.jpg

まずはCタイプとなっているもの(左)。

まずは大夕張のセキ1として完成。

このタイプはオテセ前期型を

更新などし斜め補強がないもの。

北海道全域に多く見られたようである。

実車はリベットが残ってたり残ってなかったりいろいろだが

これはリベットが残っていてかつ妻板の

かさ上げ部が鉄製(ポイ?)もの

右はモデルアイコンのセキ1000を組み立てた大夕張セキ2。

まさかNでこの2両が揃えられるとは夢のようである。

200609石炭車夕張ナハ020.jpg

そしてAタイプとなっているもの(左)。

右はモデルアイコンのセキ1000。

かさ上げ部にさらに補強を追加したもの

扉部の斜め補強は更新でなくなる場合が多く

このタイプは意外に少ないようだが

実車は雄別鉄道などに残っていたようである。

200612ヤビツ006.jpg

そして最後がタイプBと書かれているもの。

斜め補強がかさ上げ部までつながっているもの。

真ん中の補強がなければほぼ後期型になるのだが

このタイプはおそらく結構珍しいと思われる。

200503夕張003.jpg

ほかに松虫さんのこれとか(左は志免竪坑のペーパークラフト)

200609石炭車夕張ナハ002.jpg

かるめさんのところのこれもあるのだが

また次回に。

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年6月18日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夕張鉄道大型2AB木造客車(6/11)」です。

次のブログ記事は「運炭車を色々(その2 6/18)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。