KATO153系少し弄るーサロ153の作成(3/24)

| コメント(0)

191221KATO153系005.jpg

非冷房時代の湘南準急のサロと言ったら

リクライニングシートのサロ152ではなく

並ロのサロ153だろうということで。

KATO111系の基本セットに1両だけ含まれる

サロ110-0が2両手に入ったので早速改造。

191221KATO153系001.jpg

サロ110は塗分け線が111(113)系の

オレンジが広いタイプなので

改造といっても他は引き通し線が変わってるくらいなので

塗装をし直して153(165)系のオレンジが狭いタイプに

直してグリーンマークを1(2)等マークに変えるだけである。

真ん中左が111系湘南色(サロ110)

右が153系(サロ152)。

191221KATO153系006.jpg

昭和35年以前の3等級時代の2等車仕様にしようと思ったが

帯の部分だけ1mmのマスキングテープを使用して

帯を再利用することにして

35年以降の2等級制の1等車仕様とすることにした。

実際は3等級制から2等級制変更はS35年7月

1等車の帯色が青から白緑はS36年7月・

191221KATO153系008.jpg

グリーン帯をマスキングして

黄かん色、緑色2号の順に塗装。

屋根とベンチレーターも他の車両と合わせるため

それぞれダークグレーとねずみ色1号で再塗装。

標記類も入れて完成。

ナンバーは南チタ所属者の中から54と56を選択。

ただ定員は60名が良いのがなく

サロ152の48名のままだがまああよく見なければばれまい。

191221KATO153系007.jpg

室内等も入れて完成。

内装の色が真っ赤過ぎて少々違和感があるが

これは将来の懸案事項として。

やはり大窓1等車の東海道急行に対して

小窓並ロの湘南準急。

この違いは大事だね。

コメントする

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年3月24日 10:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8100型蒸気機関車 原形 (2/28)」です。

次のブログ記事は「大夕張鉄道4号機 (3/26)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。