北十勝の鉄道遺産訪問(タウシュベツ2回目 7/19)

| コメント(0)

190718北海道タウシュベツツーリング0116.jpg

例年のこの時期ならばすでに湖底となっている橋の袂へ降りていく。

この通り今年は湖はまだまだずっと下流までしか来ていない。

190718北海道タウシュベツツーリング0123.jpg

異常気象なのかエルニーニョのせいなのか

全国的に梅雨が長いのだが

ここ北十勝も例年になくずっとぐずついた天候が続いているそうで

さすがに2条の川の流れは日々大きくなっているようで

手前の川は渡渉できたが真ん中のほうは

ちょっと無理なようだ。

190718北海道タウシュベツツーリング0125.jpg

毎年湖に沈むたびにこれでつながった橋が見れるのは最後か?

と言われ続けてきたが

このようにさすがにそろそろ危ないかなと思う場所もある。

190718北海道タウシュベツツーリング0127.jpg

湖側(下流側)から見たタウシュベツ川橋梁全景。

190718北海道タウシュベツツーリング0132.jpg190718北海道タウシュベツツーリング0138.jpg

切株と草原と橋の組み合わせは

水量が少ない年に限る組み合わせだそうだ。

(普通は下草が生える前に湖底になる)

190718北海道タウシュベツツーリング0134.jpg

こちら側に2径間もかなり崩壊が進んでいる。

190718北海道タウシュベツツーリング0136.jpg

と言うことで
次も見ることができるように祈りつつ

かつ帰りもヒグマに会わないように祈りつつ

タウシュベツから撤収。

190718北海道タウシュベツツーリング0146.jpg

そして国道に戻り少し上流側にある

旧幌加駅跡地へ。

190718北海道タウシュベツツーリング0147.jpg

少し前まで草ぼうぼうでレールは見えなかったのだが

綺麗に草刈りがされ

旅客線と貨物線とそれに分岐するポイントなど

元からなのかわからないが綺麗に残っている。

190718北海道タウシュベツツーリング0148.jpg

ほろかの駅名標も復元されたもの。

駅舎は残っていないが非常に雰囲気の良い駅跡である。

この駅、廃止は昭和62年だが

最後の9年間は糠平十勝三俣バス代行に伴い

ここに列車が来ることはなくすでに草ぼうぼうだった。

190718北海道タウシュベツツーリング01522.jpg

そして地の果てどん詰まりの十勝三俣駅跡。

かつての広い構内跡の平原にはルピナスが咲き誇る。

この有名な廃屋は国鉄の駅のものではなく

ここから出ていた森林鉄道の車庫のもの。

190718北海道タウシュベツツーリング0155.jpg

国道から見ると半分崩壊していて

もう何年も建っていることもないだろう。

かつて数千人が住んでいて木材の積み出しで賑わった

十勝三俣地区も

今では三俣山荘の管理人をはじめとする2家族だけが住みだけとなっている。

ここで今回の鉄分補給は終了です。

コメントする

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年8月 1日 11:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北十勝の鉄道遺産訪問(タウシュベツ1回目 7/19)」です。

次のブログ記事は「戦前仕様の車輛のみの走行会(8/10)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。