大鳥居のピーテン(11/18)

| コメント(0)

181118萩中公園ピーテン008.jpg

なかなか行く機会がなかったが

大鳥居の萩中公園の東武34号機を見てきた。

国鉄の5600形と同形機を東武がベイヤー・ピーコックに

発注したもので

日本で最後の2B輸入機のグループになるそうだ。

そして最後のベイヤー・ピーコック機のグループで

そして最後の英国機のグループになる。

保存気が1両もないネルソン(タンク改造後の姿なら梅小路の1080号など)に比べて

ピーコック機は東武が昭和40年代まで運用していたのもあって

都内などを中心に数台の保存があって

明治の2大主力旅客機関車の明暗が分かれた形になっている。

181118萩中公園ピーテン023.jpg

このグループは一連のピーテンやネルソンのように

ランボードの傾斜はつけられていなく

比較的高い位置に水平に付く。

ただシリンダーはこのように後ろ下がりになっている。

181118萩中公園ピーテン012.jpg

テンダーはオリジナルよりだいぶかさ上げされている。

181118萩中公園ピーテン015.jpg

テンダーは閉塞されていて

この石炭などは完全なイミテーション。

181118萩中公園ピーテン014.jpg

入換え用途に便利なようにか

右側運転台に改造されている。

181118萩中公園ピーテン021.jpg

スプラッシャーには「Beyer Peacock」の刻印が

東武博物館の5号機のように

ちゃんと磨きだしてあればなお良かった。

181118萩中公園ピーテン016.jpg

蒸気ドームはこのころのピーコック製らしく真鍮の磨きだし。

火室もベルペヤ式で角ばった形態が良くわかる。

平成8年に塗りなおしてこのように屋根を付けてもらったそうだが

さすがに屋根の効果は素晴らしく

現在までかなり良い保存状態を保っている。

このままずっと明治の香り(製造は大正3年)を

後年まで伝えてほしいものである。

コメントする

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2018年11月20日 16:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EF50にもスナバ回路を(11/19)」です。

次のブログ記事は「大夕張の大コン(ワールドキット、前照灯点灯化 11/21)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。