大隅線の保存車輛など(4/21-23)

| コメント(0)

170421宮崎鹿児島自転車105.jpg

日南線の終点の志布志駅。

鹿児島県志布志市志布志町志布志の住所で有名な場所。

かつての日南線と大隅線と志布志線のジャンクションとして

機能した広い構内を誇ったが今はごらんのとおり畑になっている。

そして大隅線を断ち切るよう現駅舎が建っている。

170421宮崎鹿児島自転車107.jpg

かつての志布志駅舎が建っていた場所が

鉄道公園になってゆかりの車輛が保存されている。

一番最初に目に入るのはC58112.

170421宮崎鹿児島自転車108.jpg

経歴。

170421宮崎鹿児島自転車109.jpg

門デフは珍しいK9タイプ。

おそらく保存気はこれ1両だけのはず。

170421宮崎鹿児島自転車110.jpg

九州のカマにしては珍しくキャブのドアは

取り払われていないタイプ。

170421宮崎鹿児島自転車115.jpg

キハ52 130。

以前はJR九州カラーだったが

数年前に運動公園の旧保存場所からの

移転時かどうかわからないが

国鉄色に塗り替えられたらしい。

170421宮崎鹿児島自転車111.jpg

ヨ8000、これは年代も新しく

SLとともに働いたことはない。

170421宮崎鹿児島自転車131.jpg

大隅線の廃止跡は基本的に大過疎地帯なので

あまり手も付けられているところは多くなく

この大崎町も道路になってはいるが

小さな丘を緩い勾配でひたすらまっすぐ抜けているところなど

いかにも線路があった雰囲気そのまま。

自転車で走っていると何かディーゼルカーに乗っている気分?

170421宮崎鹿児島自転車209.jpg

鹿屋の鉄道記念館。

元鹿屋駅跡(市役所の隣)いあるがこの駅舎は

現役時代と全く関係なくあとから建てられたもの。

まだ開場時間前だったが

遠くから来たことがわかると

この掃除をしている管理人さんが

30分も前なのに開けてくれた。

170421宮崎鹿児島自転車201.jpg

保存されているのはスイッチャーとキハ20 441。

こちらのキハは先ほどの志布志と違いたらこ色である。

先年鉄道記念館をリニューアルしたそうで

保存状態もまあそんなに悪くない。

170421宮崎鹿児島自転車208.jpg

サボは盗難防止のためか

開館時間だけ車体に取り付けている。

残念なことにキハの書体は全くインチキだが。

170421宮崎鹿児島自転車219.jpg

こちらは車内も入れる。

北海道のキハ22と違ってデッキがなく

しかも運転席の後ろの席は前向きのクロスで

まさに鉄ちゃん席。

170421宮崎鹿児島自転車227.jpg

現役時代の中吊りポスターが泣かせる。

170421宮崎鹿児島自転車213.jpg

駅舎は現役時代とは関係ない(姿かたちも)建物だが

こうしてみると雰囲気はばっちり。

今にもキハが走り出しそう。

170421宮崎鹿児島自転車212.jpg

現役時代の運賃表、ただしレプリカと思われる。

170421宮崎鹿児島自転車216.jpg

大隅線の廃止直前の時刻表。

色々と空想してみるが

通学以外は本当に使い勝手が悪いダイヤ。

170421宮崎鹿児島自転車215.jpg

大隅線の現役当時の全駅の写真が飾られている。

上のさよならのの横断幕はおそらく本物。

170421宮崎鹿児島自転車200.jpg

駅名標と遮断機。

170421宮崎鹿児島自転車199.jpg

腕木式信号機。

残念ながらレンズは失われている。

170421宮崎鹿児島自転車210.jpg

ED76 48の動輪。

まあ日南線にも大隅線にも関係ないけど

隣の日豊本線を走っていたかも

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年5月 1日 10:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KATO C11のカプラーのKD化とオハ61系(4/14)」です。

次のブログ記事は「ワールドEF50完成(4/30)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。