KATO C11のカプラーのKD化とオハ61系(4/14)

| コメント(0)

170414002.jpg

発売日に2両のKATOのC11を引き取ってきた。

店での試運転ではスピードを出すと

多少左右に揺れるもののまあまあ合格点。

ところが家で走らせるとポイントのところで

何故かショートしてしまう。

裏返しにしてみると

先輪のスプリングが斜めになってしまって

ダイキャストのフレームの左右を

短絡してしまっているのが原因。

スプリングをまっすぐに直したのだが

どうも2両ともずれやすいようである。

170414003.jpg

入線に当たってまずはカプラー交換。

後部従台車側は付属のナックル(かもめナックルそのもの)に

トリップピンを0.7mmの穴をあけて付けた。

下側のカプラーの保持台座のようなものは

そのままだとトリップピンに当たるので

長さを詰めた。

170414004.jpg

ナックルの右肩のでっぱりが邪魔になって

解放しづらいので多少突起を低く削り

これで解放もDUもOKになった。

客車は一足先に発売になったKATOの

オハ61系のセットのオハユニ。

所属は仙ワカ。

170414001.jpg

折角だからずっと箱から出していなかった

TOMIXのオハフ61も登場させた。

こちらは車掌室と反対側も尾灯が

KATOのモールドに対してちゃんとレンズが入っているので

ライトユニットをい前後入れ替えて

反車掌室側の尾灯をつくようにさせた。

TOMIXのオハフ61は車掌室側の貫通扉が

61系ではあまり見られないHゴム窓だから

イマイチ気に入らなかったがこれでOKか?

170414005.jpg

問題は前側であるがZ用のKDをつけるのは

もうC62からC12までもうずいぶんやったので

要領はわかっている。

とりあえず棒やすりやリューターでダイキャストも

ガンガン削り、KDの903が入るように端梁を切り欠いて

170414007.jpg

先台車もギリギリまで削って、

どうせ見えないのでここは荒仕上げのままで。

170414009.jpg

Z用KDの903を接着。

170414006.jpg

解放、DUもOK。

170414008.jpg

排障器は切り取って直接端梁の裏の接着。

ナンバーは客車が仙ワカなので

会津若松にいた235号機にした。

ちなみに付属ナンバーと最終所属は

174  福知山→熊本

193  早岐

223  大湊→青森

235  仙台→会津若松

とよく考えて上手く番号を振ってある。

次はヴェザリングだな!

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年4月15日 01:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「S-TRAIN乗った(4/8)」です。

次のブログ記事は「大隅線の保存車輛など(4/21-23)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。