戦前富士用三等車オハ34(3/21)

| コメント(0)

170321オハ34001.jpg

先日のスハネ31(スハネ30100)に続いて

富士用の三等車オハ34(スハ33000)の増備。

これもレボリューションのコンバージョンキット。

2段雨トイはキッチンのSUS304の奴にしてみたら

さすがに硬すぎてエッチングバサミじゃ切れない・・・・。

170321オハ34004.jpg

今回の種車はなんとGMのオハ35の初回生産分。

ヤフオクで当時の定価くらいで落とした。

30年くらい前の生産?さすがに平面性に狂いが出てるので

少々修正の後使用。

170321オハ34003.jpg

どんどん組む。

170321オハ34002.jpg

床下は今回判明したスハネ31のものを作って

前回のスハネとコンバート。

170321オハ34007.jpg

ベンチレーターも付けてあとは塗装のみ。

170321オハ34010.jpg

室内はレジンコピーのクロスシートを

ブルーに塗って取り付け。

恐らくこの時代は三等車は緑、二等車は青

だったような気がするので本当は間違い。

170321オハ34009.jpg

インレタはレボリューションの初代33900の奴。

もともとオハ34は

最初スハ33000そして33900そして33980最後がオハ34と

目まぐるしく変わっている。

33900の時代はおおよそ昭和12年から15年の間と言うことになる。

コメントする

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年3月21日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EXEα発進!(3/1)」です。

次のブログ記事は「マイテ39(37010)とオロ31(30600)その1(3/24)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。