IORI工房の木造客車キットを組む(その2 2/24)

| コメント(0)

17022401.jpg

上回りができたので

次は足回り。

トラス棒の部品を2枚重ねて

写真のように取り付ける。

外側の部材の分だけ床下から

はみ出るように取り付けるのがミソ。

必要のない水タンクは削って余ったプラ板で塞ぐ。

17022402.jpg

上回りをかぶせてみたところ。

下回りから板材1枚分の幅はみ出させる理由がここ。

木造車特有の露出した台枠表現。

トラス棒はそのままでは非常に頼りないので

瞬間接着剤うぃ充分にしみこませて強化しておいた。

17022403.jpg

下地を整えるためにサーフェイサーを吹く。

17022404.jpg

手持ちのサーフェイサー一式。

一番右のプライマー入りの1000番を

スハフの妻板や屋根などの金属部品をつけた場所に吹いてから

真ん中の1200番を全体に吹いてペーパーの目止めということに。

17022405.jpg

3等標記はインレタ、車番と台枠の表記は

キット付属のデカールを張った。

上から半艶クリアを吹いてもデカールは少し目立ってしまう。

17022406.jpg

ナハフ24000.

17022407.jpg

オハスハニ2個イチの鋼製客車オハフ34000と繋いで

トラムウエイのC11に牽かせて戦前の支線列車風。

17022408.jpg

IORIのペーパーキットは今回初めて組んだが

JMNAで作者本人から聞いた作成方法と

その後のtwitterなんかの情報をもとに

何とか形になった。

このキット作成の独特の課題なども見つかったので

種車のKATOオハ31系も安いので(600円台?)

次回は大量増備で一気に木造車天国か?

コメントする

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年2月24日 10:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IORI工房の木造客車キットを組む(その1 2/17)」です。

次のブログ記事は「EXEα発進!(3/1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。