20系「さくら」も夜行仕様(室内灯組込)に(7/6)

| コメント(0)

160707005.jpg

C62山陽型がKATOから発売になって

下関のC62と言ったらやっぱりブルトレ牽引!

(25号機以外は形態が近い形のナンバーは付属していないので

とりあえず2両目は34号機にしているが)

160707006.jpg

20系1編成を引っ張り出してきたついでに

全車室内灯を装備することにした。

今回は写真のようにオレンジのカバーをつけて

多少黄色っぽく点灯させる。

160707001.jpg

ただ15両編成前部に室内灯をつけると

編成重量もかなり増加するので

先頭のカニがポイントなどで頻繁に脱線する。

そこで上州屋で買ってきた板鉛で補充。

まずは床下機器の隙間とこのように

発電機モールドの裏に。

160707012.jpg

窓からほぼ見えないライトユニットまわりにも補充。

160707011.jpg

TOMIXのEF60も定番のナックル改造では

動作や確実性がいまいちなので

ケーディー化してしまった。

160707007.jpg

使ったのはこの2004というカプラー。

KATOで販売している2001というやつの

ショートシャンクのやつと同等製品らしい。

160707008.jpg

このようにステップ部品に高さを合わせるプラ板を張って

160707010.jpg

元のカプラーがついている穴に

そのまま付属のねじで直止めで完了。

160707014.jpg

EF58特急色もついでにケーディー化。

とりあえず「さくら」編成でカニ22を2種(パンタあり、撤去後)

ナハ21、ナハネフ21、マヤ20、100番台のなろね2種

なども室内灯を取り付けたので

これで昭和34年から昭和47年の14系化までの

13年間の編成を再現できる。

コメントする

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2016年7月 7日 09:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山陽C62の小改造(前部KD化 7/2)」です。

次のブログ記事は「デゴイチとキュウロクの重連2題(7/21)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。