最古客車(桜木町仕様 10/23)

| コメント(0)

200629旧横ギャラリー013.jpg

桜木町で復元された鉄道開業時の最古客車の中等車。
鉄道開業時の車両でいつも問題になるのは

カラー写真など存在しない頃なのでその色なのだが

JR東日本の最近の解釈はこの色らしい。

その筋の人々の間では桜木町色などと噂されている。

DSC_2248.jpg

と言うことでIORI工房の中等車のキットで

桜木町色を再現することに。

マスキングではなく車体の木枠を接着前に塗り分けることにする。

ベースはクレオスのレッドブラウン。

木枠に色だが実際にいろいろとやってみて結果

かなりの厚塗りになってしまったのだが

GMカラーの黄さび色をベースに塗って

その上からクレオスのGXクリアオレンジの塗り重ね。

窓枠とマンセルホイールは

クレオスのサンドイエローにGXクリアオレンジ。

と言うところに落ち着いた。

あまり混色させても何両も同じ色にできないのでそこは

ある程度で妥協。

DSC_2249.jpg

張り合わせは水性クリアーのスプレーで行って

組み立ては田宮のクラフトボンドとプラセメの併用。

IORI工房のキットはよく設計されていてストレスなく組める。

DSC_2250.jpg

屋根はジャーマングレイ。

DSC_2252.jpg

と言うことで試行錯誤を繰り返しても1日もあれば完成。

基本的な趣味ではないが

折角なのでピカピカのクリア仕上げにした。

写真だと大分よれよれに見えるが

実際はそんなによれよれではない。

DSC_2255.jpg

と言うことでこの一角かなり明治臭で香ばしいが。
2両目も作成中。

一号機関車も塗装作業に入ったので

間もなく完成見込み。

コメントする

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年10月23日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「旧横ギャラリー最古客車レプリカ車内に入った(10/16)」です。

次のブログ記事は「ワールド工芸1号機関車 (10/29)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。