戦前のスカ線32系(その1 9/24)

| コメント(0)

190924スカ線32系001.jpg

ほぼ死蔵状態だったRLFのモハ32。

戦前仕様の前面もくっついているので

例の戦前型省電の影響も受けていたので

資料を適当に集めつつ作成することにした。

190924スカ線32系003.jpg

ちょうど種車のGMのサハ48、45キットも再生産直後なので

簡単に手に入りまずはチャチャッと組み立て。

キットは2段雨樋や特徴的な丸管の縦トイなども

あっさり省略されているがとりあえず素のママ組み立て。

190924スカ線32系007.jpg

サハ48とサロ45はGMのキットと

RLFの木製客扉で作成。

190924スカ線32系008.jpg

モハユニ30(外観はモハ30そのまま)は

これも再生産されたばかりのGMクモハ12040キットと

IORI工房のモハ30コンバージョンキットで。

190924スカ線32系014.jpg

サロハはキッチンのキット。

これはリベットの少ない後期型。

190924スカ線32系022.jpg

とりあえずモハ321両は色指しと窓ガラスを除いてほぼ完成。
おでこヘッドライト、自連装備の昭和10年より前位の姿に。

ベンチレーターの色の塗り分けは迷ったが

シャねと同色にした。

190924スカ線32系023.jpg

モハユニもこのようにほぼ完成。

3D特有の積層痕は屋根はヤスったが

妻面などはリベットもありそのままにしたが

少し目立つようなので少し消す作業を

行ったほうが良かったかもしれない。

190924スカ線32系027.jpg

このモハ32はキッチンのキットを組んだもの。

こちらは屋根ヘッドライト、密連装備の昭和10年以降の姿に

190924スカ線32系026.jpg

ヘッドライトはキッチンの製品。

後程チップLEDを入れられるように

中をリューターでくりぬいた。

190924スカ線32系028.jpg

特急富士との交換。

実際にこんな姿が見られたのであろう。

続く。

コメントする

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年9月24日 10:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019JAM国際鉄道模型コンベンション(8/16)」です。

次のブログ記事は「戦前のスカ線32系(その2 10/3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。