美唄鉄道ナハフ 続き (2/5)

| コメント(0)

美唄鉄道ナハフ1の続き

190202美唄鉄道ほか008.jpg

美唄鉄道の独特の貫通扉は結局

RVFのマロネフ29用を使うことにした。

190202美唄鉄道ほか012.jpg

屋根はオハ35のものを20mm短縮。

貫通扉側は幌が付いていないようなので

吊をを撤去しまた形状的にやむを得ず

これもRVFの渡り板を取り付けた。

DSC_8706.jpg

ナハフ1の塗装工程も見えてきたので

2両目のオハフ8の作成に取り掛かる。

これはGMオハフ61キットの窓枠を削り

KATOスハ43メイクアップパーツの窓枠を

はめ込めるようにする。

スハ43よりなどが1枚多いのに加えて

車掌室も含めてすべて同じ1m窓なので

2両分の窓枠を使うことになる。

コメントする

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年2月 5日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現行片瀬江ノ島駅舎最終日(1/24)」です。

次のブログ記事は「美唄鉄道オハフ8(2/18)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。