最後の夕張線訪問(2/22,23 撮影編)

| コメント(0)

2/22から23にかけて最後になるであろう夕張線の撮影旅行に行った。

前日夜の地震のせいで飛行機などは問題なかったが

石勝線や夕張支線は午前中運休となり

夕張支線はこの清水沢を16時過ぎに通る便が

開通一番列車となった。

とりあえず第1弾は撮影編として

190222夕張支線撮影084.jpg

2019/2/22 16:09 清水沢駅

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

190222夕張支線撮影091.jpg

清水沢から同じ列車の後追い。

鹿ノ谷方面。

190222夕張支線撮影099.jpg

上の筋の折り返し。

鹿ノ谷にて

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

山の中に大きなRCの団地群があるのも夕張らしい。

団地群の前の木に大きな鷲のような鳥が写っている。

190222夕張支線撮影102.jpg

鹿ノ谷にて

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

190222夕張支線撮影105.jpg

鹿ノ谷にて

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

先ほどの鷲のような鳥が飛び立っていった。

190222夕張支線撮影130.jpg

2/23 7:20頃 鹿ノ谷-清水沢にて

Canon EOS 5D Mark IV

EF70-200mmF2.8L USM

有名なS字ポイントにて

今日は日高線カラーのキハ40。

予報に反してちらちら雪がちらちら待っている。

190222夕張支線撮影131.jpg

上の写真の続き。

Canon EOS 5D Mark IV

EF70-200mmF2.8L USM

190222夕張支線撮影133.jpg

そして後追い。

Canon EOS 5D Mark IV

EF70-200mmF2.8L USM

この写真でもわかるとは思うが

夕張支線は沿線には人家が絶えることなく続いていて

実は沿線人口がかなり多い。

190222夕張支線撮影137.jpg

2/23 7:50過ぎ 新夕張-沼ノ沢

夕張支線が石勝線と別れて夕張川を渡る地点。

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

川は真っ白に凍っている。

190222夕張支線撮影150.jpg

沼ノ沢-南清水沢 8:45頃

夕張川を渡る清沼橋にて。

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

ずっと小雪が降っていたが列車の来る直前に日差しが差してきた。

190222夕張支線撮影234.jpg

夕張駅にて 17:47分ごろ

Canon EOS 5D Mark IV

EF24-105mmF4L USM

線路内に雪が落ちた影響で夕張到着が78分遅れになり

折り返しがすぐ発車するため急いで撮影。

ということでまあまあ満足な撮影ができた。

次は数回に分けてこの旅行の顛末と

もう一つも目的である夕張SL館の雪下ろしを記載予定。

コメントする

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年2月25日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美唄鉄道オハフ8(2/18)」です。

次のブログ記事は「最後の夕張線訪問(2/22,23 前半)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。