大夕張の客車のアクリルキットの作成(その1 9/26)

| コメント(0)

18092601.jpg

台湾の車輛のキットやシンキョーカプラーで有名な

南洋物産の渋い車両のコンバージョンキット。

南大夕張のゲテモノ客車の3両(ナハ5、オハ1、スハニ6)セット。

いずれも明治大正期の鉄道院などの木造客車を

鋼体化したもので足回りにトタラスバーも残る。

素材はアクリルということで作成した経験が全くないので

試行錯誤しながらなんとか。

18092607.jpg

まずはシルヘッダーのなくて少しは楽そうなナハ5から。

このように塗装する部分の裏紙と保護紙をはがして

アクリルサンダーを流し込んで接着してドアを取り付け箱にする。

屋根はGMの西武101系用だが幅の調整は必要。

窓枠はこのように別に塗装してあとからGクリアか何かで張り付ける。

18092602.jpg

とりあえず少々屋根の隙間はできてしまったが
何とか形にはなった。

後ろは長期仕掛中の大夕張4号機(予定)。

ベンチレーターはKATOのスハ43用のやつ。

18092603.jpg

続いてスハニ6を。

雨樋やシルヘッダーはピンセットなどで仮止めしつつ

アクリルサンダーを少しずつ流し込み接着。

真鍮キットの雨樋などの半田付けと感覚は似ているので

思ったより難しくないが素材の性格上(ブラの帯材?)

透かして見ると微かに曲がってたるするのは仕方がないのか?

18092604.jpg

思ったより簡単に車体が組み終わった。

ナハ5とオハ1は側板の代に妻を接着。

スハニは他の2両より幅が広い(国鉄車並み)のためか

妻の代に側板を接着するとうまくいくようだ。

18092605.jpg

台車はキングスのTR71、微妙にTR70とは違うのだが

ほぼ同一といっても良い。

この台車キングスの廃業でどうなるのかと思ったが

アルモデルから安定供給されているようで一安心。

屋根や床下はGMの旧客切妻用。

18092606.jpg

台車を履かせたナハ5と色を塗る前のスハニ6。

このキットの構造が良くわかると思う。

18092608.jpg

とりあえず3両とも車体は完成した。

オハ1は昭和30年代の夕張線との誤乗車防止のために

白帯をまかれた姿にした。

白帯は少し緑がかっていたという話もあるので

少し淡緑色を混ぜてみたが見かけほとんどわからない。

ちなみに車体色はこれだけぶどう色1号(ガイア)他の2両はぶどう色2号(GM).

18092609.jpg

0.5mmの燐青銅線でトラス棒を作った。

スケール通りの長さにするカーブの通過に非常に支障するので

少し長さを詰めてある。

インレタはキッチンの道内中小私鉄用から。

オハの白帯の中に入る赤三菱マークは

適当な製品が見つからずデカールを作成しようかと思う。

床下機器はかなり不明なので南大夕張で実車を観察してから。

コメントする

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2018年9月26日 09:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「竜ヶ崎4号機と客車とついでにヨ2000(8/30)」です。

次のブログ記事は「オープンしたてっぱく新館行ってみた(9/5)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。