テープLEDを使った室内灯(その2 5/25)

| コメント(0)

170526003.jpg

まずはGM客車のコンバージョンキット。

0.1mmの燐青銅板に2mmのドリルで穴をあけて

0.5mmの銅線を半田付けして集電板を作る。

170526004.jpg

台車には多少の工作誤差も考慮して1mmドリルで

銅線を通す穴をあけて台車の片側に

作成した集電板を差し込む。

車輪は片絶縁車輪のままで交換しないので(費用の件で)

1台車に付き片側集電ということに。

170526005.jpg

1mmドリルでこのように床版に穴をあけて

先ほどの集電板につけた銅線を通す穴を作る。

170526008.jpg

そして0.1mm燐青銅板で床板側の集電板を作り

ブリッジダイオードをつけたテープLEDとつなげる。

つなげ方はこのように分解に難はあるが極細リード線を使ったものと

妻板に接点をつけて集電板の一端を板バネにして接触させる方法の

2種類を使ったがどちらも大して差はないようだ。

170526009.jpg

キッチンのマロネ37のコンバージョンキットは

台車はKATOのTR73なのでその集電板と

両絶縁台車をそのまま使えるので

このように1台車両側集電になって集電的にかなり有利。

こちらのLEDとの接続方法は先ほどの妻版に接点をつける方法。

マスキングテープは仕切り版との絶縁のために貼ったもの。

170526010.jpg

モデモの客車は(こちらは色の塗り替えと床下機器の変更済み)

専用の集電板があるが非常に入手が困難なので

このようにワッシャと

例の燐青銅板で作った集電板をリード線でつないで

2mmのネジ中心ピンの奥にあるネジを切ってある

集電板代わりの錘板にねじ止めし

今回はモデモの指定通りTOMIXの室内灯をポン付。

170526001.jpg

ついでに室内のないものはついでに作成。

これはマイネ37130(マイネ38)。

170526011.jpg

こちらはマロネ37350(マロネ37)の寝台。

170526007.jpg

とりあえず戦前燕関係と戦前富士関係の

客車約20両に室内灯を取り付けた。

170526016.jpg

レボリューションのGMコンバージョンの

スハ33900(オハ34)とスハネ30100(スハネ31)

170526017.jpg

キッチンのマロネ37400、こちらの室内は未整備。

170526018.jpg

キングス旧キットのマロネ37350とイエロートレインの

GMコンバージョンのスニ36650(スニ30)。

スニ30もKATO台車(オハ31のTR11)なので

純正の集電板を使った。

キングスのキット(新旧とも)はそのままで集電対策してあるので比較的楽。

170526019.jpg

スシ37740(スシ37)とスロ30750(スロ34)。

どちらもキングスの新型キット

シート下に取り付ける集電板は純正ではなく

やはり0.1mm燐青銅板を細く切り出して作成した。

170526020.jpg

キングス旧キットのマイネ37130.

170526021.jpg

キングス新キットのスイテ37010。

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年5月26日 15:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鉄博マイテ3911展望室公開(5/15)」です。

次のブログ記事は「KATO、50周年記念C50 (5/26)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。