山北のD52奇跡の復活祭 (10/15)

| コメント(0)

161015山北D52037.jpg

鉄道記念日の10/14と翌15日に

山北鉄道公園に保存されているD52の70号機が動く。

ということで土曜日の15日に行ってきた。

動くといっても圧縮空気で動かすもので

川場のD51とか若桜のC12と同様の方法。

161015山北D52002.jpg

15日は10時と15時に動かすという話だったが

14時前に会場に着くと

好評のためか10時から15時の間毎時1時間ごと

に動かすということに変更されていて

早速14時の運転が始まった。

レールを12mほど前方に延長させ

1.75mの動輪が2回転分だけ動く。

161015山北D52006.jpg

こんな感じでテンダーにコンプレッサーを

積んでここから圧縮空気をボイラーに送り込んでいる。

161015山北D52007.jpg

こちら側のキャブはメーカーズプレートや製造銘板なども

そろっていて凛々しい。

161015山北D52010.jpg

公式側はナンバー以外のプレートがなく

ちょっと寂しい感じ。

所属の「山」は山北ということであろうが

現役時代は国府津機関区の「国」であった。

161015山北D52012.jpg

ロッド類はさすがに稼働機なだけあって

ペンキで塗りつぶされていなく

オイルで磨きだされていて美しい。

恐らく現役時代のどの時期よりも美しいはずだ。

161015山北D52013.jpg

運転していない時間帯はこのように

撮影タイムという訳で

延長されたレールの一番前に止めてくれる。

後ろでは「あさぎり」が山北駅を通過していく。

161015山北D52027.jpg

そしてラストの15時の運転時間がやってきて

汽笛一斉出発。

D52の汽笛初めて聞いた!

煙は火室でで杉の葉を燃やしているそうだ。

動画で汽笛をどうぞ!

実際には初めて動いたという訳でなく

3月の試運転と桜祭りの時に動かしている。

161015山北D52033.jpg

動画を見ているとバックの時にはかすかにドラフト音が。

この美しい姿を見ていると

本物の復活動態保存も可能なのではと

ほんのりとした期待すらしてしまう。

285両作られたわが国最大の貨物用蒸気のD52は

7両保存されていて御殿場線で活躍した縁からか

そのうち3両が神奈川県内、2両が静岡県の御殿場線沿線で

保存されていてしかもどれも綺麗に保存されていてうれしい。

161015山北D52045.jpg

山北の役所内ではこれにあわせて

御殿場線のSL時代の写真が展示されている。

丹那トンネル開通前まだここが東海道線だったころには

山北駅では鮎寿司弁当が販売されていたそうだ。

ささやかな復活劇だったけどまた動くときにはぜひ見に行きたい。

コメントする

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2016年10月16日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青の交響曲「シンフォニー」に乗った。(9/30)」です。

次のブログ記事は「スハネ30100とマロネ37400(11/11)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。