イベント限定のEF6620試験塗装車が来た!

| コメント(0)

テックステーションで以前静岡ホビーショーでの会場限定品だった
EF66 20 の試験塗装車が通販出来るようなので予約して買った。
昨晩届いた野で早速箱を開けると
透明な特製レール(280mm?)とTOMITECの袋が一緒に入っていた。
 130125_EF6620_008.jpg
(写真1/26追加)

130125_001.jpg
 早速、後付パーツを取り付ける。
無線アンテナは(上級者向き)と説明書に書いてあるが
試験塗装車にはこのアンテナは必須なので取り付ける。
と言ってもガイドに従って0.5mmの穴をあけて取り付けるだけ。


とりあえず全部つけた。
細かい部品が多く結構メンドクサイ。
カプラーはTNにしたがやはりカトカプやナックルに
無理やりつなげると貨車が結構脱線しがちなので
後日かもめナックルに変更予定。

130125_003.jpg
 SUPER LINER のヘッドマークも付けて
コンテナ列車の先頭に立たせてみる。


ビギーパック輸送のトラック(写真では次位に連結)や
新型の青い台枠のコキ100系がずらりと並んだ列車に
塗装変更された20号機が先頭に立つ姿は
まさに新しく生まれ変わった貨物輸送の象徴として
眩しく見えたものである。

この後20号機はJR貨物旧標準塗装、JR貨物新標準塗装と
さらに2度にわたって塗装変更が行われて
生涯4色のカラーを経験する珍しいカマになった。

130125_004.jpg
 実は20号機は旧製品ではカタログ商品だった。
こうやって並べてみると
TOMIXの製品の進歩がよくわかる。
旧製品が乗っているのがおまけについていた透明レール。


以下1/26追記

130125_EF6620_009.jpg
 ナックルカプラーへの改造は
アーノルドアダプターのカプラー部分だけを外して
そこにカモメナックルを接着する
標準的な方法によった。
自然に首振りもするのでピンを取り付ければ
自動開放にも対応するかもしれない。

コメントする

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2013年1月25日 14:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EF66 24(KATOの初代製品)の改造」です。

次のブログ記事は「神奈川臨海鉄道50周年イベント(C56139 5/26 本牧駅)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。