スイテ37041(マイテ49 2) 特急「富士」

| コメント(0)

120618_002.jpg
 KATOのマイテ49よりの小改造と塗り替え。
古くからあったKATOのマイテ49。
出来は良いのだがデッキなどは戦後の仕様で
床下機器の配置などは戦前仕様という
よくわからない時代考証になっていたので
どうせなら戦前の「富士」の仕様にしてしまった。

展望デッキは柵からテールマークと尾灯を
綺麗に削り取って
(意外に難しく左側は失敗気味)
右側下部に新たに標識灯と
訓令式ローマ字「HUJI」のテールマークをつけ
さらにガイアのぶどう色1号に塗り替えて
レタリングを2段標記でスイテ37041にした。

実車は
特急「富士」用に37000形の置き換え用として
昭和13年に鉄道省大井工場で2両が製造。
昭和16年称号改正によりスイテ49 2。
戦後接収解除後落成時の状態に復旧して
昭和25年から特急「はと」用として使用され
はと電車化後しばらく残り昭和36年廃車。
昭和62年JR西で車籍復活し現在に至る。

120618_001.jpg
 ずっと昔に作ってみたスヌ31(スヌ6850)が
役に立つ時が来た。
ワールドのEF53初代キットを組み立てた
EF53も特急牽引機として華々しく!
もちろんデッキに標識灯がある戦前の姿で。


 120614_010.jpg

そして有井の流線型のC5343(初代製品)も
ただしこいつかなりでっかい!
ホームに当たりそう。

コメントする

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2012年6月18日 10:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「特急「富士」 マイネ37130(完成) スロ30750(完成)」です。

次のブログ記事は「マロネ37350 特急「富士」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。