モロ181-5

| コメント(0)

080526_MS181_5.jpg

前述のモロ180-5の相方であり
履歴は同じく昭和35年新製。
昭和47年新潟転属、50年廃車。
昭和36年までのM車は避雷器はLA13であった。
後年LA15系に変えられたものも多いが
この車は廃車時までLA13を付けていた。
またパンタ台も原型の背の高いタイプのままである。

モデルはサロ180と同様に荷物保管室の窓埋め。
避雷器は一部移設の上モリタのLA13を取り付けた。
背の高い原型のままのパンタ台も簡単に表現してみた。


またKATOの181系のロザはサボの位置が
デッキから手を伸ばして交換できる位置へ
移設された姿をモデル化している。
そのため末期の姿を再現するにはぴったり。

コメントする

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2008年5月26日 09:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クハ181-65」です。

次のブログ記事は「モハ180-54」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。